Top 2010年(4月〜6月) >素直になれなくて 第四話「絆」
2010年05月08日

素直になれなくて 第四話「絆」

ナカジ(瑛太)と口論になったハル(上野樹里)は、雨の中、傘も差さずに自宅に戻る。
するとハルの家の近くに、ドクター(ジェジュン)の姿があった。
思わずドクターに抱きついてしまうハル。
ドクターも、ハルを抱きしめると、好きだと告白した。
だが、ハルが泣いていたことに気づいていたドクターは、こういうタイミングで告白するのはフェアではないと感じ、ハルを励まして去っていく。
ハルの後を追いかけてきたナカジは、その光景を目撃し、思わず身を潜めた。

そんな折、リンダ(玉山鉄二)から、スナナレ会のメンバーに飲み会の誘いが入る。
ドクターが、リンダの父・泰敏(山田明郷)が経営する病院に医療機器を納入する契約をまとめたからおごってくれるのだという。ナカジやハルたちは、いつもの店『ザ・エモーション』に集まった。その席でピーち(関めぐみ)は、妊娠したことを皆に告白し、シングルマザーになると宣言する。
やがてドクターたちは店内にあるゲームを始める。
とり残されてしまったナカジとハルは、気まずいままだった。
ふたりのようすがおかしいことに気づいたドクターは、ハルを泣かせた相手がナカジだと知ると彼に噛みつき、殴り合いのケンカを始めてしまう。

別の日、ドクターは、リンダにある相談を持ちかける。
ドクターの会社では、医療機器を買ってくれたところに、案内状を作るサービスを行っていた。ドクターは、リンダの父親の病院用に作る案内状の作成に力を貸してほしいというのだ。

リンダは、みんなを仲直りさせたいという思いもあって、スナナレ会のメンバーに声をかけた。その結果、写真はナカジ、本文はハル、モデルはピーちがそれぞれ担当し、協力することになった。

ナカジが資料を取りに帰宅すると、桐子(井川遥)が来ていた。
そのときナカジは、ハルがクリーニングしてくれたズボンを桐子が切り刻んだらしいことに気づく。
エモーションでハルに会ったナカジは、桐子の話を切り出し、彼女が嘘をついたのかな、と話した。それに対してハルは、桐子に直接聞いた方がいい、と答えた。

ナカジたちのおかげで、ドクターは無事に案内状を完成させる。
ところが、ドクターの同僚・加藤(松川貴弘)は、そのデータを勝手に持ち出し、別の病院の案内状に使ってしまう。
「大変なことをしてしまいました。みんなに手伝ってもらったのに。ゴメンナサイ」というドクターのツイートを見たハルやリンダたちは、心配して彼の会社を訪ねた。
事情を知り、もう一度、案内状を作り直すことにするハルたち。
桐子とアパートで食事をする約束をしていたナカジも駆けつけた。

案内状を完成させた一同は、エモーションに飲みに行く。
用事がある、といって最初はそれを断ったナカジも、桐子が帰宅すると知ってやってきた。

同じころ、ハルの弟・シュウ(中村優一)は、松島(阪本奨悟)たちと一緒だった。そのとき松島は、ハルが自分の高校の臨時講師であることをシュウに告げる。

シュウと松島は接触してましたね。
シュウは、松島の仲間にも囲まれてました。
松島は、薬を扱ってるようなので
このあたりからドラッグの問題がでてきそうです。



一方、祥子(風吹ジュン)は、電話をかけてきたにも関わらず何も言わない亮介(吉川晃司)を不審に思い、彼の元へと急いでいた。


桐子は、ナカジが部屋に忘れていった携帯電話に気づき、ドクターのことで電話してきたハルの留守電を聞いていた。


飲み会の席で、ドクターはみんなに感謝の気持ちを伝えると、仲間に隠し事はしたくない、と言いだし、いきなりハルに向かって付き合ってほしいと告白する。
突然のことに困惑するハル。ドクターから、どう思うかと問われたナカジは、ハルはドクターのような人に守ってもらったほうがいい、と答えたが…。
ナカジはドリンクを浴びせられる。

※※
片思いが交錯しています。
ナカジにドリンクを浴びせたのは、ピーちだったようです。
ピーちは、唯一ハルの本音を相談されてるので
ハルの気持ちを一番わかってるんですよね。

『ナカジといたいの
友達でもいいから一緒にいたいの』というハルの思い。
でも、ナカジも桐子をほっとくことができないようだし
桐子は、ハルに対して嫉妬と不安でグラグラ揺れているようです。

そこにドクターのストレートな思い。
ナカジは、
「俺はいいと思うよ
ふたりお似合いだし」と言い出すし
これではハルも傷つきますよね・・。

リンダの真意はわかりかねますが、父親から
お見合い話を出されているようです。
リンダサイドの話もこれからもっとでてくるかもしれません。

ナカジの父・亮介は倒れハルの母・祥子が
駆けつけます。
この二人の関係ももっとはっきりわかりそうです。

ただ、見ていて、どこか新鮮味がないというか惹きつける
魅力に欠けていて、もったいなく思います。


引用元…素直になれなくて公式HP
素直になれなくて Wikipedia

視聴率
11.9→13.2→10.8→10.3

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking


音楽
主題歌
WEAVER 『Hard to say I love you 〜言い出せなくて〜』(A-Sketch)


挿入歌
菅原紗由理 『素直になれなくて』(フォーライフミュージックエンタテイメント)


関連記事
素直になれなくて 第一話
素直になれなくて 第ニ話
素直になれなくて 第三話

キャスト
Twitter仲間
・中島圭介 - 瑛太
ハンドルネームはナカジ。
戦場カメラマンを目指している駆け出しのカメラマン。エロ雑誌の撮影など小さな仕事をしている。肩の辺りに刺青がある。
・水野月子 - 上野樹里
ハンドルネームはハル。
金八先生に憧れて教職に就いた私立高校の非常勤講師。24年間男性と付き合ったことがない。
・パク・ソンス - ジェジュン
ハンドルネームはドクター。
医療機器メーカー「東京メディック」の営業マン。5年前に妹と一緒に韓国から来日。営業成績が伸びず苦悩している。
自己紹介の際に息を吐くように嘘をつき、秀徳病院のカン・インソンという医師の名前を名乗る。
・西村光 - 関めぐみ
ハンドルネームはピーち。
子供服店に勤務。ハルの同級生で親友。上司と不倫しており、リストカット癖がある。
・市原薫 - 玉山鉄二
ハンドルネームはリンダ。
中堅出版社の雑誌「イット」の編集者。ED(勃起障害)の悩みを抱えている。

桐成高等学校
パク・ミンハ - 木南晴夏
ドクターの妹。ハルが勤務する高校の生徒。
松島健太 - 阪本奨悟
ハルが勤務する高校の生徒。
高橋正文 - 竜星涼
ハルが勤務する高校の生徒。
前田由起 - 逢沢りな
ハルが勤務する高校の生徒。

その他
水野シュウ - 中村優一
ハルの弟。
奥田真理子 - 渡辺えり
リンダの上司。
山本桐子 - 井川遥
ナカジの元恋人。首の後ろにナカジの物と同じタトゥーがある。
水野祥子 - 風吹ジュン
ハルの母親。
中島亮介 - 吉川晃司
ナカジの父親。
山本智彦 - 矢島健一
峰原隆 - 田中哲司
医療機器メーカー「東京メディック」の社長。
白石高文 - 東根作寿英
市原美佐子 - 朝加真由美

スタッフ
脚本:北川悦吏子
プロデュース:中野利幸
演出:光野道夫、西坂瑞城


posted by まりこ(^▽^) at 04:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/149186121
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。