Top 2010年(4月〜6月) >新参者 第一話「東野圭吾VS阿部寛!泣けるNo.1ミステリー感動巨編」
2010年04月20日

新参者 第一話「東野圭吾VS阿部寛!泣けるNo.1ミステリー感動巨編」

日本橋人形町。
多くの観光客などで賑わうこの街で、車の衝突事故が発生。
事故調査を進めた警察は、運転手の老婦人・誠一の母による居眠り運転が事故の原因だと断定する。

しかし、この事故現場に偶然居合わせた一人の「新参者」刑事が、
誠一の母と同じ日に亡くなった猫から
上げていたキャットフードに注目。
誠一の母は、猫に餌をあげる際、自分も盗み食いする癖があったのだ。
カンの裏のバーコードをめくると、小さい穴が見つかり
そこから睡眠薬が入れられたことがわかり
この事故を「殺人事件」だと立証した。

練馬署から赴任してきたばかりの「新参者」刑事・加賀恭一郎(阿部寛)。
着任早々、日本橋署管轄の小伝馬町のマンションで絞殺された女性の殺人事件がおこる。被害者は三井峯子(原田美枝子)。
彼女もまた、2ヶ月前にこの町に引っ越してきたばかりの「新参者」だ。

峯子の部屋の現場検証から、人形焼、衣服から外れたと見られるボタン、そしてある男の名刺などが発見される。
警視庁捜査一課・小嶋一道(木村祐一)の指揮のもと捜査本部がおかれ、加賀は従兄弟の松宮脩平(溝端淳平)とコンビを組むこととなった。
まず加賀と松宮はこの名刺の男に会いに行くことに。
人形町を担当する保険営業マンの田倉慎一(香川照之)である。

田倉が参考人として日本橋署へ呼ばれる。
田倉は、殺害される直前の三井峯子を訪ね、保険についての説明を行っていた事実を話す。
田倉の証言はこうだ。
・5時半に小伝馬町の三井峯子宅を辞して、家族同然の付き合いをしている人形町の煎餅屋「あまから」へ祖母・聡子の病気の入院給付金の手続きをするために向かう。
・「あまから」で聡子の診断書を受け取った後、会社に戻り、6時半に退社した。

しかし、田倉の同僚の証言だと、田倉の退社時間は6時だというのだ。
ここで、二つの証言には「30分の空白の時間」が存在する。
加賀は、三井峯子が殺害された推定時刻の6時から6時半に、田倉のアリバイがない事実をつきつける。
一体田倉は何かを隠しているのだろうか?

さっそく加賀と松宮は煎餅屋「あまから」へ行き、田倉の行動の事実確認をする。田倉と家族同様に付き合うこの家族は、田倉が決して疑われるような人物ではないとかばう。
そして現場に残されたボタンの持ち主を探す為に、彼のコートのボタンについて確認すると、一人娘の菜穂(杏)は田倉のボタンがとれていたことを知りながら、彼をかばうあまり、とっさに「着ていたコートにボタンはついていた」と嘘をつく。

そんな中で加賀が、人形町でいつも行列しているたい焼き屋に松宮を伴って並んでいると、同じ大学の茶道部の後輩にあたる青山亜美(黒木メイサ)に再会する。
元は新聞記者をしていた亜美だが、今はタウン誌「ドールタウン」の記者をしているというが…何かを隠しているようだ。

ふたたび加賀は「あまから」で、煎餅を焼いている上川聡子(市原悦子)を訪ねるが、田倉を疑っていることを聡子に指摘され、さらに聡子を怒らせてしまう。
そして、帰宅した菜穂が、向かいにある喫茶店から「あまから」を監視しているような視線に気づく。
それは加賀だった。
菜穂は加賀を問い詰める。
一体何をしているのかと。

加賀は菜穂に、喫茶店から道行く人々を見ながら、ある面白い事実を菜穂に教える。
それは「あまから」前の甘酒横丁を通り過ぎる人々の格好の違いだ。
同じ通り、同じ季節なのに、歩く方向によって服装が異なることを指摘する。
オフィス街の浜町へ向かう人は外回り帰りでコートを脱いでおり、逆を行く人は家路につくため、しっかりとコートを着ているのだ。

その頃松宮は、新たにボタンを買う田倉を確認し、現場に残されたボタンの持ち主は田倉だと断定し、その足で「あまから」を訪れた田倉に任意同行を求める。
抵抗する田倉と、同行を求める松宮。
そこに加賀が現れ、田倉の嘘を暴いてゆく。

「田倉さん、あなたは嘘をついていますね」。
田倉がコートを着ていた事実から、加賀は田倉がこれから会社へ戻ったのではなく、既に会社を出ていたのではと推理する。
そして病院で診断書を2通作ってもらい、本物を聡子の息子・文隆(小林隆)から受け取るために、30分の空白の時間が出来ていたのだ。
そして会社へ戻り交付金の手続きをし、偽物の診断書を菜穂からわざわざ貰うために「あまから」へ寄った。
それも実は、聡子が胆のう癌に冒された事実を、パリに旅立つ菜穂に隠そうという文隆の計画にのったのだ。
よって田倉の容疑は晴れることに。

案の定、聡子が癌だという真実を知った菜穂がパリ行きをやめようとするが、聡子の後押しで、夢をかなえるために旅立つことを決心する…。

容疑の晴れた田倉は、三井峯子の入ろうとしていた保険の受け取り人が、誰なのかは分かっていないが「生きる目的」だったはずだと指摘する。
一体それは誰なのか、そして新たに見つかった証拠から浮かび上がった容疑者とは…。

※※
てっきり田倉が犯人だと思えばそうではなく、
三井峯子殺人事件がベースとなって、他の話が絡んでいくという
趣向のようです。
原作は、未読なのですが、阿部さん演じる加賀恭一郎は
とても合ってるんじゃないかなというのが第一印象です。
ひょろりと長身で時にニヤリと笑うしぐさは
なかなか刑事らしい?です(笑)

彼のコートを持つ人とコートを着ている人の推理も見事。
そして、嘘の持つ“優しさ”もよかったですね。

三井峯子を殺した犯人は誰なのか。
まだまだ引っ張りそうです。


引用元…新参者 公式HP
新参者Wikipedia

視聴率
21.0

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

主題歌
山下達郎「街物語(まちものがたり)」(ワーナーミュージック・ジャパン)


原作です。


レギュラーキャスト
警視庁日本橋署
加賀恭一郎(39)〔刑事〕 - 阿部寛
タウン誌「ドールタウン」
青山亜美(25)〔記者〕 - 黒木メイサ
警視庁捜査一課殺人班
松宮脩平(26)〔刑事〕 - 溝端淳平
小嶋一道(44)〔主任〕 - 木村祐一
上杉博史(55)〔刑事〕 - 泉谷しげる
税理士
岸田要作(60) - 笹野高史
被害者一家
三井峯子(45)〔被害者〕 - 原田美枝子
清瀬直弘(53)〔清掃会社の社長〕 - 三浦友和
清瀬弘毅(22)〔劇団員〕 - 向井理

スペシャルキャスト
上川聡子(65)〔煎餅屋「あまから」の主人の母親〕 - 市原悦子(第1話)
上川菜穂〔聡子の孫娘〕 - 杏(第1話)
田倉慎一〔新都生命の営業マン〕 - 香川照之(第1話)
吉岡多美子 - 草刈民代(第1話)
宮本祐理〔清瀬直弘の秘書〕 - マイコ(第1話)
望月綾名〔亜美の同僚〕 - 橋本真実(第1話)
奈々〔たい焼き屋「銀のあん」の娘〕 - 沢木ルカ(第1話)
佐々木修平 - 石黒英雄(第1話)
菅原美咲 - 小泉深雪(第1話)
柳沢麻紀 - 柴本幸(第1話)
枝川頼子 - 夏川結衣(第1話)
寺田玄一 - 原田芳雄(第1話)
北村美雪 - 紺野まひる
柳沢鈴江 - 倍賞美津子
枝川泰治 - 寺島進
岸田克哉 - 速水もこみち
光岡彰文 - 恵俊彰

ゲスト
上川文孝(45)〔煎餅屋「あまから」の主人〕 - 小林隆(第1話)
前橋京子〔新都生命の社員〕 - 松本あゆ美(第1話)
刑事 - 阿南健治(第1話)
亀田誠一〔亀田人形工房の主人〕 - 津田寛治(第1話)
亀田貴子 - 麻生祐未(第1話)
誠一の母親 - 内海桂子(第1話)

スタッフ
企画 - 那須田淳
プロデューサー - 伊與田英徳、中井芳彦
脚本 - 牧野圭祐、真野勝成
シナリオ協力 - 櫻井武晴
音楽 - 菅野祐悟
音楽プロデューサー - 志田博英
撮影協力 - 人形町商店街共同組合 / 甘酒横丁商店会
協力 - 緑山スタジオシティ、日音、ブル、アックス、AVC、東通ほか
特別協力 - 三井物産、講談社
演出 - 山室大輔、平野俊一、韓哲、石井康晴
製作著作 - TBS

posted by まりこ(^▽^) at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/147113120
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。