Top 2010年(4月〜6月) >素直になれなくて 第一話「今、何してるの?」
2010年04月17日

素直になれなくて 第一話「今、何してるの?」

駆け出しカメラマンのナカジこと中島圭介(瑛太)、高校の非常勤講師・ハルこと水野月子(上野樹里)は、ツイッターを通して知り合った。ナカジに好感を抱いていたハルは、ある時、初めて彼に会う機会を得る。

何人かのフォロワーとともに、渋谷で会うことになったのだ。
高校時代からの親友・西村光(関めぐみ)を無理やり誘って約束の店を訪れたハルは、そこで韓国出身のドクターことパク・ソンス(ジェジュン)、雑誌編集者のリンダこと市原薫(玉山鉄二)と出会った。
ほどなく、店にナカジがやってきた。
その顔を見て驚くハル。
昼間、ハルがカフェでコーヒーを倒し、ズボンを汚してしまった相手がナカジだったのだ。
その際、ハルは慌ててズボンを拭こうとして、ナカジからチカン呼ばわりされていた。
気まずいまま、何となく盛り上がれないでいたナカジとハルは、2次会に行くというドクターたちと別れて帰路についた。
が、実はふたりは同じ駅を利用する近所同士だった。

電車を降りたハルは、ナカジと別れてコンビニに立ち寄る。
ナカジは、ハルを家まで送り届けるため、外で待っていた。
ハルは、そんなナカジに、チカン呼ばわりしたことを謝ってほしいと言い出す。
さらにハルは、ズボンをクリーニングして返す、といってナカジの持っていた紙袋を奪い取ろうとした。
が、引っ張り合いになった拍子に転んでしまい、足を擦りむいてしまうハル。
ナカジはハルをおぶってアパートに連れて行き、手当てをした。
そのときナカジは、ハルのふとした表情に心ひかれて思わず彼女にキスをしてしまう。

ナカジは、戦場カメラマンだった父・亮介(吉川晃司)に憧れて同じ道を目指していた。
が、まだ仕事を選んでいられるような立場ではないナカジは、アダルト雑誌の編集長から「いつも中途半端だ」と怒られているようなありさまだ。

ハルは、現代詩に親しみを持ってもらおうと、生徒たちに好きな歌を挙げてもらったりしていた。
だが、それを知った正規の教員から、自分のやり方で教えたいのならまず教員になれ、と怒鳴られてしまう。

ナカジたちに医師だと嘘をついていたドクターは、実は医療機器メーカーの営業マンだった。
しかし営業成績は最下位で、いつも上司の峰原(田中哲司)にいびられていた。

光は、不倫相手の子を身ごもってしまったのではないかと疑っていた。困り果てた光は、飲み会で親しくなったリンダに、産婦人科まで付き合ってもらう。

リンダは、飲み会の後、光とホテルに入ったが、彼女を抱くことができなかった。
そんなリンダも、実は編集長の奥田(渡辺えり)からキスを強要されるなどの逆セクハラを受けていた。

ドクターの誘いに乗って飲みに出かけたハルは、自分の高校の女生徒ふたりが、男たちに連れられて店にやってきたことに気づく。
立ち上がって彼らを呼び止めたハルは、生徒たちに帰るよう命じると、男たちの前に立ちはだかった。
そこに現れてハルのピンチを救ったのは、ナカジだった。

ハルが仕事のことで悩んでいることを察したナカジは、マジックで『ガンバレ!』と書いた缶コーヒーを渡して励ました。
実はナカジも、以前、ハルからそう励まされていた。
ナカジのツイートを読んで彼が落ち込んでいることを察したハルが、「ガンバレ」とリプライしたことがあったのだ。

そんな中、ハルは、汚してしまったナカジのズボンをクリーニングして、彼の家に届けた。が、ドアを開けて出てきたのは、ナカジの恋人・桐子(井川遥)で…。

※※
Twitterドラマというわりには、ほとんど出てこないTwitter(笑)
電車男のようにそれぞれの視点で文字の画面を追いかけていったほうが
よかったと思うし、そもそも初回からオフ会というのも
Twitterの意味がないな・・と思いました。

ストーリー自体は、それぞれが悩みを抱えていて
近づいていくわけですが
それもどこかで聞いたようなものだし
ハルをおぶうシーンや、手を綱いで逃げるシーンなど
ちょっと一昔前の恋愛モノだなと思いました。

ちなみに、気になるナカジの恋人桐子は
『7年前に旅先でナカジと出会い運命の恋に落ちる。
一緒にタトゥーも入れた。
しかし、帰国後に桐子の父親の会社が倒産しそうになり、
お金の援助をしてくれる男性との結婚を余儀なくされた。
結婚後もナカジとの関係を続けている。』とのことです。
もしかしたら、ナカジも付き合い続けることに
迷いが出てきてるのかもしれないかな・・。

今後Twitterが出てくるのか微妙ですが
とりあえず視聴は続けます。


引用元…素直になれなくて公式HP
素直になれなくて Wikipedia

視聴率
11.9

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

音楽
主題歌
WEAVER 『Hard to say I love you 〜言い出せなくて〜』(A-Sketch)


挿入歌
菅原紗由理 『素直になれなくて』(フォーライフミュージックエンタテイメント)


キャスト
Twitter仲間
・中島圭介 - 瑛太
ハンドルネームはナカジ。
戦場カメラマンを目指している駆け出しのカメラマン。エロ雑誌の撮影など小さな仕事をしている。肩の辺りに刺青がある。
・水野月子 - 上野樹里
ハンドルネームはハル。
金八先生に憧れて教職に就いた私立高校の非常勤講師。24年間男性と付き合ったことがない。
・パク・ソンス - ジェジュン
ハンドルネームはドクター。
医療機器メーカー「東京メディック」の営業マン。5年前に妹と一緒に韓国から来日。営業成績が伸びず苦悩している。
自己紹介の際に息を吐くように嘘をつき、秀徳病院のカン・インソンという医師の名前を名乗る。
・西村光 - 関めぐみ
ハンドルネームはピーち。
子供服店に勤務。ハルの同級生で親友。上司と不倫しており、リストカット癖がある。
・市原薫 - 玉山鉄二
ハンドルネームはリンダ。
中堅出版社の雑誌「イット」の編集者。ED(勃起障害)の悩みを抱えている。

桐成高等学校
パク・ミンハ - 木南晴夏
ドクターの妹。ハルが勤務する高校の生徒。
松島健太 - 阪本奨悟
ハルが勤務する高校の生徒。
高橋正文 - 竜星涼
ハルが勤務する高校の生徒。
前田由起 - 逢沢りな
ハルが勤務する高校の生徒。

その他
水野シュウ - 中村優一
ハルの弟。
奥田真理子 - 渡辺えり
リンダの上司。
山本桐子 - 井川遥
ナカジの元恋人。首の後ろにナカジの物と同じ刺青がある。
水野祥子 - 風吹ジュン
ハルの母親。
中島亮介 - 吉川晃司
ナカジの父親。
山本智彦 - 矢島健一
峰原隆 - 田中哲司
医療機器メーカー「東京メディック」の社長。
白石高文 - 東根作寿英
市原美佐子 - 朝加真由美

スタッフ
脚本:北川悦吏子
プロデュース:中野利幸
演出:光野道夫、西坂瑞城





posted by まりこ(^▽^) at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/146750003
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。