Top 2010年(1月〜3月) >まっすぐな男 最終話(第十話)「究極選択」
2010年03月18日

まっすぐな男 最終話(第十話)「究極選択」

鳴海(深田恭子)が病院に運ばれたとの知らせを受け、プレゼンの直前に会場を飛び出した健一郎(佐藤隆太)だったが、熊沢(田中圭)が急遽代役を務めたおかげでプレゼンは成功。
次の最終プレゼンでグローバル中央建設と一騎打ちすることになり、健一郎は絶対に勝ってみせると意気込む。

そんな折、社長が最終プレゼンに勝つため、有力者の元議員に賄賂を渡そうとしていることを知らされる。
汚いやり方に納得できない健一郎は社長に抗議。
社長はそんな健一郎を一蹴すると、元議員のもとに金を運ぶ役を命じる。
健一郎は抵抗するが、プレゼンを放りだした失敗を取り戻すためには引き受けるしかないと山崎(宇梶剛士)に釘を刺され、思い悩む。

その夜、社長にまで直談判する健一郎には勝てないと漏らす熊沢を、佳乃(貫地谷しほり)は、やさしく励ます。

一方、鳴海は社宅の主婦仲間に認められようとクッキーを作り奮闘するも、無理がたたって再び病院へ。
健一郎や子どもに肩身の狭い思いをさせまいとがんばる鳴海の健気な思いを知った健一郎は、何かを振り切るようにこみ上げる涙をぬぐう。

家族を守るためには信念を曲げて不本意な仕事も受けるべきなのかと迷う健一郎。
そしてとうとう、元議員に金を渡す約束の日。健一郎は意を決した様子で社長室に向かい…。

健一郎は、自分の愛している会社にこんなことをしてほしくない。
議員に渡すお金を他のことに使ったらどうかと提案する。
それは、アルジニアに
フロンティア建設が学校を建てたらどうかというものだった。
向こうなら1億あれば学校を作れる。
社長にも息子がいたことから
こんな仕事をしたんだと胸を張ってほしいと
訴える。

結局賄賂を渡すことなく、プレゼンで勝負することになる。
しかし、プレゼンでは敗退。
がっくりするものの、社長の顔は晴れやかだった。
グローバル中央建設は、最初から元議員に多額の賄賂を渡しており
はじめから勝負がついていたのだ。

健一郎は、典夫の店に鳴海を呼び出す。
自分はアルジニアに行って学校を作るつもりだという。
父親になるってよくわからないけど、でも、一つだけはっきりしたことがある。
それはこの子が誇れるような父親になりたいってことだと健一郎
そして、「おまえにも一緒に来てくれないか」と鳴海に聞く。

鳴海は
「夢なんかなかった私にあんたは夢をくれた。
今の私の夢は、あんたとこの子とずっと一緒にいること」と
「いいよ」と笑顔で答える。

みんなにお別れ会をしてもらい3ヵ月後
二人はアルジニアの現地にいた。

「あーあーなんにもないところだね」という鳴海
「俺たちで作っていくんだ」
「イチゴパフェ食べたい・・」
「ここにはない」
「来るんじゃなかった・・」
「もう遅い」

二人は、笑顔で手を繋ぎあい・・。

(終)

※※
前番組の「泣かないと決めた日」がインパクトがありすぎて
すっかり影が薄くなってしまいました。
あとは、ちょっと話がベタ過ぎたかな?
「まっすぐな男」というか
水曜の「曲げられない女」の方が個性が強すぎたせいか
「いい人」の面の方が強調されていたようにも思うし
いろんな面で残念でした。


引用元…まっすぐな男 HP
まっすぐな男 Wikipedia

視聴率
10.7→8.7→8.6→7.8→9.4→8.8→8.8→10.5→9.2→9.2
平均視聴率 9.2%(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

主題歌
トータス松本「ストレイト」(2010年2月10日、ワーナー・ミュージック・ジャパン)


関連記事
まっすぐな男 第一話
まっすぐな男 第二話
まっすぐな男 第三話
まっすぐな男 第四話
まっすぐな男 第五話
まっすぐな男 第六話
まっすぐな男 第七話
まっすぐな男 第八話
まっすぐな男 第九話

キャスト
松嶋 健一郎(30) - 佐藤隆太
本作の主人公。中堅建設会社『フロンティア建設』開発営業部所属の会社員。まっすぐな性格で、曲がった事が大嫌い。反面、恋愛には不器用。
栗田 鳴海(26) - 深田恭子
本作のヒロイン。フリーター。健一郎とは反対に、自由奔放で身勝手な性格だが、どこか憎めない小悪魔な女性。ゆきえの自宅で生活している。
町田 佳乃(24) - 貫地谷しほり
雑貨店『アーニャ』の店員。明るくしっかり者。健一郎に想いを寄せる。
日下 英樹(23) - 遠藤雄弥
健一郎の後輩。几帳面で綺麗好き。
萱島 ゆきえ(20) - 佐々木希
鳴海の同居人。女優を目指してフリーターをしている。
森岡 久美(28) - 滝沢沙織
『アーニャ』店長。佳乃の憧れの存在。しっかり者だが、結婚願望が強い。
桑田 佐智子(26) - さくら
健一郎の会社のOL。ミーハーだが、勘が鋭く時には頼りになる。
松嶋 美奈(24) - 宇野実彩子(AAA)
健一郎の妹。務めていた会社が倒産してしまい、現在はアルバイトをしている。
熊沢 志郎(30) - 田中圭
健一郎の同僚で友人。仕事では健一郎より優秀。佳乃に想いを寄せる。
山崎 珠美(36) - 三浦理恵子
芳樹の妻。
山崎 芳樹(42) - 宇梶剛士
健一郎と熊沢の上司。
山崎亮介 - 佐藤詩音
珠美と芳樹の息子。
矢部 典夫(41) - 渡部篤郎
バー「ルベウス」の経営者。

ゲスト (最終話)
岡田 - 石坂浩二
フロンティア建設・社長。

スタッフ
脚本: 尾崎将也
プロデューサー: 吉條英希(関西テレビ)、浅井千瑞(MMJ)
演出: 三宅喜重
音楽: 澤野弘之、和田貴史
制作: 関西テレビ、MMJ





posted by まりこ(^▽^) at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。