Top 2010年(1月〜3月) >泣かないと決めた日 第七話「最後の快進撃」
2010年03月10日

泣かないと決めた日 第七話「最後の快進撃」

イタリア食品部門で、新商品をクライアントに紹介するためのフェアが行われることになり、角田美樹(榮倉奈々)の「イタリア料理と中華料理のコラボレーション」という企画が社内コンペで選ばれる。
企画を決定した桐野征治(藤木直人)は、美樹をフェアの責任者に任命。
サポート役に西島賢治(五十嵐隼士)を指名する。しかし、藤田千秋(片瀬那奈)ら社員たちはこの決定に不満を感じる。


桐野に美樹の企画を推した佐野有希子(木村佳乃)は西島に美樹をバックアップするように念を押すが、西島は肝となるシェフの選定は自分がやるから、と美樹に言う。
それでも美樹は、自分にはあてがあると食い下がり、交渉を担当することになる。

早速、美樹は気鋭の中華料理シェフ・中村恭一郎(今井雅之)に電話で依頼をするが、中村は難色を示す
。と、やりとりを聞いていた西島が電話を取り上げ趣旨を説明。
中村はフェアの説明を聞くことに同意する。

翌日、美樹と西島は中村の店に行くことに。
西島はその前に予定があったため、美樹とは店の前で待ち合わせる。
しかし、時間になっても西島は現れない。
美樹は仕方なくひとりで店に入っていくが中村は西島が来ないことに不信感をあらわにする。
さらに、中村は自分がぶつけた質問に美樹が答えられないため、機嫌を損ねてしまう。

会社に戻った美樹に西島は、中村への説明はうまくできたのか、と平然と声をかける。
美樹が答えられないでいると、自分の失敗を人のせいにするな、と悪態をつく。

その日の夜、美樹は社内で仲原翔太(要 潤)と出くわす。
企画のことを知っていた仲原は美樹にうまく行っているのか、と尋ねるが、美樹は言葉を濁してしまう。
その後、自宅に戻った仲原は妻・万里香(杏)に美樹のことを話す。万里香は、美樹を心配する夫が気に入らない。
万里香は、仲原が寝ている隙に携帯を覗き見て・・。

同じ頃、有希子は、梅沢仁(段田安則)に呼ばれ、過去に辞めた社員の山内静香(柳沢なな)が社内いじめに遭っていたのではないか、と問い詰められていた。
答えられない有希子に梅沢は、静香は今も心に傷を抱えていて、有希子が辞めれば気が済むと言っていると、有希子に退社を迫る。

翌日、出社した美樹に西島はシェフの選別は自分がしたから、と言い放つ。
驚いた美樹は誰にしたのかと尋ねるが、西島は答えない。
それどころか、激昂し美樹に資料を叩きつける。
あまりに横暴な態度に、ついに美樹も怒りをあらわにし、すべて自分ひとりでやると宣言する。
そして、夜を徹して中村に提案するメニュー案やパンフレットのラフなどを作り上げる。

翌早朝、出社してきた桐野に声をかけられた美樹は、今回、企画が通ってチャンスだと思ったが、邪魔をされてうまくいかなくなるなら、自分が担当ではないほうがよかったのでは、と弱音を吐いてしまう。
すると桐野は、
「逃げ出さないほうがチャンスを生かすことじゃないのか?
ひとりでできないのなら、どうすればうまくいくか、なにがプロジェクトのためになるのかを考えろ」と言葉をかける。

この言葉、突き放したように聞こえましたが
すごいアドバイスです。


同じ頃、千秋、栗田琴美(紺野まひる)、工藤早苗(町田マリー)は、ひとりで苦戦を続ける美樹のことを案じていた。

桐野の言葉に奮起した美樹は、メニュー案などの資料を持って再び中村の店へ。
資料を見た中村はそれをひとりで作成した美樹を認めつつも、
どんな仕事も成功させるにはチームワークが必要でひとりでは何もできない、と言い放つ。
そして、今の状況では協力はできない、と資料を突っ返す。

一晩考えた美樹は、翌朝、イタリア食品部門の社員たちに向かって、自分ひとりでは何もできないからどうか手を貸してほしい、と頭を下げる。
必死に訴える美樹だったが、社員たちは目を逸らすばかりだった。

それでもめげない美樹は再び中村の店に行き、社内で協力者を得ようとしているので、もう少し待ってほしいと懇願する。
しかし中村に気持ちは届かず、しまいには「帰れ!」と怒鳴られてしまう。
さすがに意気消沈した美樹が帰ろうとしたとき、入れ違いで誰かがやってきた。
現れたのは、千秋、琴美、早苗だった。
千秋らは、今回の企画の責任者は美樹だが、自分たちもチーム一丸となってフェアの成功を目指そうとしているので、なんとか参加してほしいと中村に頭を下げる。
さらに美樹も加わり懇願すると、とうとう中村は首を縦に振ってくれた。

大切なのはチームワーク、と言った中村の言葉も
仕事ならではの大切なことですね。
ちゃんと歩み寄った美樹はえらいです。


そして、会社に戻った美樹らは、早速フェアの準備に取り掛かる。そんななか、西島が自分も手伝うと申し出る。
美樹に、久々の笑顔が戻った。

その頃、有希子は山内に会っていた。
自分の立場を守るために会いに来たのか、と言う山内に有希子は会社を辞めようと思っていると明かす。
さらに、山内が在籍した頃の自分は何も見ようとしていなかった、と涙を流して謝罪をする。
しかし、山内はそんなことでは自分の苦しみは消えない、と謝罪を受け入れようとはしない。

そんな日の夜、万里香は部長室に梅沢を訪ね、美樹が仲原に送ったという、愛情を告白するメールを写した写真を見せていた。
それを見た梅沢は、美樹を異動させるよう人事にかけあってみる、と万里香に告げる。

一方の美樹は、連絡が取れなくなっていた有希子のマンションを訪ねていた。
呼び鈴を押しても応答がないため帰ろうとしたとき、室内でガラスが割れるような音がした。
ドアにはカギがかかっていなかったため室内に入ると、床にぐったりと倒れた有希子を見つける。手首からは血が流れていた。美樹は必死に有希子の名を呼ぶが、有希子は答えず……。

※※
一人で頑張ると引き受けた美樹ですが
桐野や、中村の言葉から一歩を踏み出すことができました。
『手を伸ばす勇気を、初めて出した。
そしてこの手を、掴んでもらった。
歩み寄ることが、私にとって大切な大切な一歩だった』

中村に「帰れ!」とどやされ、もう無理かと思った時に
千秋や、真琴、早苗がきてくれて、ようやく美樹の気持ちが通じたんだと、観ていてこちらもとてもうれしかったです。

しかし、問題は、まだ山積み。
自殺未遂してしまった有希子は?
万里香の嫌がらせも、まだ水面下で動いています。
そして、手伝うと協力を見せた西島ですが
フェアの発注伝票の数字をめちゃめちゃに入力してました。
彼の本意は?
美樹だけへの敵意を通り越し何を考えているかわかりません。

次週最終回。
15分拡大です。
最後まで美樹を応援したいと思います!


引用元…泣かないと決めた日 公式HP
泣かないと決めた日 Wikipedia

視聴率
10.2→7.5→10.0→9.5→12.7→13.0→13.1

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

主題歌
miwa「don't cry anymore」(Sony Music Records Inc.)


関連記事
泣かないと決めた日 第一話
泣かないと決めた日 第ニ話
泣かないと決めた日 第三話
泣かないと決めた日 第四話
泣かないと決めた日 第五話
泣かないと決めた日 第六話

キャスト
角田美樹(22) - 榮倉奈々
桐野征治(36) - 藤木直人
仲原翔太(28) - 要潤
立花万里香(22) - 杏
西島賢治(25) - 五十嵐隼士(D-BOYS)
角田 愛(16) - 川口春奈
藤田千秋(29) - 片瀬那奈
栗田琴美(31) - 紺野まひる
田沢佳人(27) - 長谷川純(ジャニーズJr.)
白石杏子(30) - 有坂来瞳
工藤早苗(26) - 町田マリー
鈴木慶介(29) - 内田滋
井上誠(24) - 田島優成
林田美穂(28) - 河井青葉
水田舞(24) - 田中えみ
小松亮介(56) - 山田明郷
角田紘子(48) - 大塚良重
梅沢 仁(53) - 段田安則
佐野有希子(34) - 木村佳乃

立花和也 - 団時朗(第6話)
万里香の父親で娘を溺愛している。葵井商事の取引先・春日製鉄の常務取締役。
立花陽子 - 筒井真理子(第6話)
万里香の母親。
栗田勉 - 松田賢二(第6話)
琴美の夫。琴美に暴力をふるっている。

スタッフ
脚本:渡辺千穂
演出:石川淳一、城宝秀則
プロデュース:橋本芙美(共同テレビ)
企画:瀧山麻土香、太田大(フジテレビ)
音楽:菅野祐悟
制服協力:セロリー
制作協力:ベイシス、バスク、フジアール
音楽協力:フジパシフィック音楽出版
制作:フジテレビ、共同テレビ




posted by まりこ(^▽^) at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。