Top 2010年(1月〜3月) >特上カバチ!! 第七話「家族の絆を取り戻せ!!」
2010年03月01日

特上カバチ!! 第七話「家族の絆を取り戻せ!!」

ある朝、大野行政書士事務所に田村(櫻井翔)の昔の仕事仲間である山田(三宅弘城)から電話が入った。
事務所にやって来た山田の話を聞くと、家賃を一日滞納したら、突然部屋の鍵が替えられていて自分の部屋に入れなくなったのだと言う。
翌朝、不動産屋に電話すると、家賃の他に鍵の取り替え代金と違約金を請求され、困っていた。

不景気が続く昨今、敷金・礼金なしのいわゆる「ゼロゼロ物件」は社会的弱者の味方。
しかし、ごく稀に悪徳不動産業者が関わっている事があるという。山田の場合が、まさにこれだった。
 
しかも今回の相手は、過去に美寿々(堀北真希)と因縁のある阿功徳不動産の瀬古井(田中哲司)。
瀬古井は、2年前に美寿々が廃業に追い込んだ極悪非道なサラ金会社の社長で、今は悪徳追い出し屋とつるみ、不動産会社の社長になっていたのだった。
 
美寿々は自らこの案件に乗り出し、田村と共に不動産会社を訪ねる。
瀬古井は、法律を逆手に取り違法な手口を堂々と使っていた。
なんと、貸しているのはただの鍵で
この物件の場合、部屋は鍵についてる無料のサービスだというのだ。
そのため借地借家法が使えず
美寿々は、実力行使で徹底抗戦することに。
違法な手口には違法な仕返しを、だ。

借地借家法
土地や建物の賃貸借契約における借主(借地人、借家人、店子)の保護


美寿々は、検備沢から骨董品を預かり
締め出された山田の部屋には、鍵をなくしたからと
業者に開けてもらい、検備沢からの骨董品を置き
隠しビデオも設置。
そのまま山田と田村に部屋に残ってもらい
不動産屋が来たら、素直に追い出されてくださいと言い残し
帰っていく。

山田の部屋で田村は、
山田が妻と別居しており子供とも会えていないことを
聞く。
仕事ばかりで帰れず、会社も傾きうまくいかなく
なっていたのだ。
山田は、ただ息子が描いた絵だけを支えに
すごしていた。

そこに阿功徳不動産がやってきて
追い出しにかかる。
阿功徳不動産らは、美寿々が置いた骨董品も
箱につめてもっていこうとするが
紐で繋がっておりガラガラと壊れてしまう。
業者たちは、どうせ捨ててしまうものだと
壊れるのも気にせずぞんざいに扱っていく。
その様子は美寿々が設置したビデオに録画されていた。

後日。
田村と美寿々は、ビデオを証拠に
骨董品の賠償請求をする。
瀬古井は、どんな損害が生じても責任を取らないと
契約書に書いてあるというが、それは、阿功徳不動産と
山田との契約であり、
不動産らが壊したものは、美寿々の友達(検備沢)のもので
器物損害罪だという。
しかもこの壊れた骨董品43万3000円は
損害賠償請求をするという美寿々に、瀬古井も引き下がったに思えた。

しかし、後日。
山田のもとには、
今度は瀬古井が追い出し屋をよこしてきたのだ。
家賃保証業者による悪質な取り立て行為はエスカレートする一方。
しまいには、山田が田村のもとに来ている隙に
また部屋を空けられ、家財道具や、息子の絵までも
処分されてしまう。
なんとか助けたいと思う田村と美寿々だが
美寿々は検備沢(浅野ゆう子)から、「法で人を救いたければ、弁護士になるしかない」と言われ、心が揺れる。
行政書士として出来る事の限界を突きつけられていたのだ。

田村と美寿々は、必死になって山田を救う術を探していた。
裁判で戦う手も考えたが、費用とお金がかかってしまう。
そんな中、ついに田村が突破口を見つける。
それは美寿々がつぶやいた
弁護士法72条だった。

弁護士法72条
弁護士資格を持たない者が、報酬を得る目的で、紛争性のある事案について法律事務を業とすることも、原則として禁止されている。


田村は、不動産屋が賃借り人を追い出したり、家賃を取り立てたりする行為は、法律の定めなく弁護士以外の者が報酬を得ることを目的に行った示談交渉に当たり、弁護士法違反にあたる判例がある。
判例は、法律と同じ効力があり
弁護士法違反は、民事事件でなく刑事事件のため
刑事事件だと裁判費用は無料。
瀬古井を訴えようとすると
瀬古井は、違約金と鍵の交換は無料にするが
滞納金を払えと開き直る。

激怒した田村は、山田の精神的苦痛もあわせ
100万の慰謝料を請求。
「明日からどうしていこうと誰もが不安におびえる中
なんで弱いものから金を毟り取ろうとするんだ
こんなときこそ助け合うのが道でしょう」というが
瀬古井は、綺麗ごとばかりじゃ生きていけないと
またも開き直る。

美寿々は、人間のくずにまともなことを言っても無理だと
告発しましょうと言い出す。
「電話一本するだけで
宅建の免許も危ないわね」と美寿々。
その言葉に瀬古井は、ようやく観念し
100万の慰謝料を払った。

田村と美寿々は山田のもとに100万を届けるが
山田は、息子の絵を取り返してほしいという。
しかし、すでに絵は、踏まれて
見せられる状態ではなかった。

「お気持ちはわかりますが
山田さんの痛みをお金に換えるだけです」という美寿々の言葉に
世の中金なんですね・・と落ち込む山田。

そんな山田に田村は
「このお金で僕は人生をやり直してほしいんです。
失った絵は二度と戻らないけど
親子の絆や、夫婦の絆は
取り戻せる。
自分たちの未来に目を向けてほしい。
息子さんもそれを望んでるはずだ。
そんな願いを込めて取ってきたお金です」と
山田の背中を押す。

その頃、瀬古井は、再び復讐しようと
目論でいたが
美寿々がこっそり警察に通報したことで
弁護士法違反で家宅捜査が入り、
阿功徳不動産は、壊滅した。

田村と美寿々のもとに
ハガキが届く。
それは山田と妻と息子が3人仲良く写っていた
ハガキで3人で暮らせるようになったことを
意味していた。

「家族っていいですね」と田村。
「そう?私は別に思わなけど
うちのダメ親父も田村みたいな人と出会っていたら
母親のところに戻ってたのかな」と美寿々。
「田村のお父さんってどんな人?」
「さぁ・・どうでもいいじゃないですか」と
田村はごまかした。

※※
今回もおもしろかったです。
こんなケースの場合どうするのか
その法での戦いが興味深いですね。
最後田村が父親のことを聞かれ
ごまかしてましたが、彼にも何か秘密が?
美寿々とのペアでの解決も板についてきましたよね。
地味(笑)ではありますが
まだまだ応援してます。


引用元…特上カバチ!! 公式HP
特上カバチWikipedia

視聴率
12.9→9.9→9.1→10.8→8.8→7.2

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

主題歌
嵐 「Troublemaker」 (ジェイ・ストーム)
《メール便なら送料無料》【CD】嵐 /Troublemaker 《DVD付限定盤》:TVドラマ『特上カバチ!!』

原作です。


関連記事
特上カバチ!! 第一話
特上カバチ!! 第ニ話
特上カバチ!! 第三話
特上カバチ!! 第四話
特上カバチ!! 第五話
特上カバチ!! 第六話

キャスト
田村勝弘(24) - 櫻井翔
住吉美寿々(22) - 堀北真希
重森寛治(48) - 遠藤憲一
柿崎松郎(49) - 渡辺いっけい
柿崎晴子(38) - 田丸麻紀
土方竜馬(23) - 上里亮太(FIVE)
沖田晋作(23) - 伊郷アクン(Question?)
スナック「女郎蜘蛛」のママ - 川村早織梨
マユ - 吉田桂子
謎の女子高生(17) - 菊里ひかり
クイズクイーン - 森脇英理子
検備沢京子(48) - 浅野ゆう子(特別出演)
栄田千春(46) - 高橋克実
大野勇(55) - 中村雅俊

ゲスト

スタッフ
特上原作:田島隆/東風孝広『特上カバチ!! -カバチタレ! 2-』(講談社モーニング連載中)
特上脚本:西荻弓絵
特上演出:加藤新、今井夏木、韓哲
並プロデュース:植田博樹
特上プロデュース:今井夏木
特上音楽:瀬川英史
特別協力:三井物産、講談社
製作著作:TBS



posted by まりこ(^▽^) at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。