Top 2010年(1月〜3月) >泣かないと決めた日 第三話「黒いブログの罠」
2010年02月10日

泣かないと決めた日 第三話「黒いブログの罠」

角田美樹(榮倉奈々)は、スーパーで商品を万引きする藤田千秋(片瀬那奈)を目撃する。美樹に見られた千秋は、誰にも言わないでくれと泣いて土下座をする。

その頃、仲原翔太(要 潤)が住むマンションの前に現れた立花万里香(杏)は、自分は仲原の向かいに住んでいるのだ、と偶然を装い声をかける。

一方、美樹の部署では新たな問題が起きていた。
“新入社員・みき”が書いているというブログの内容が、イタリア食品部門内での状況に酷似。
イニシャルトークで悪口が書き込まれているのだ。
佐野有希子(木村佳乃)に呼ばれた美樹は、自分ではないと言うが、悪口を書かれ激昂している有希子は、聞く耳を持たない。

さらに美樹は、千秋、栗田琴美(紺野まひる)、白石杏子(有坂来瞳)、工藤早苗(町田マリー)、西島賢治(五十嵐隼士)、>田沢佳人(長谷川純)らにも無実を訴えるが、信じてもらえない。

怒りが収まらない有希子は、桐野征治(藤木直人)に報告。
美樹が懲戒解雇になるよう人事に掛け合ってほしい、と頼む。
桐野は、証拠もないのに美樹のせいだと決めつける有希子を叱責する。
 
そんななか、美樹は千秋に同行し取り引きのあるデパートにやってくる。
そこで開催中のイタリアンフェアには、葵井商事が扱うオリーブオイルが並ぶが不況で売り上げは伸び悩み、そのことで、千秋と売り場責任者が衝突。
そんなとき、千秋の目に入ったのは美樹のノートだった。
そこには、新人ならではの疑問や感想がイラスト入りで書き込まれていた。
それにヒントを得た千秋は、美樹とともに商品をわかりやすく説明するポップを作成。
翌日、再びデパートへ出向く約束をする。

その頃、オフィスでは梅沢仁(段田安則)が社員たちを集めると、海外から一時帰国した統括本部長の坂東(中原丈雄)を紹介。
人望の厚い坂東の帰国に、社員たちの間には歓迎ムードが漂う。
 
同じ頃、仲原は本部長の安西(升 毅)に呼ばれ、葵井商事が輸入する大豆のなかに、遺伝子組み換え大豆が混じっていた、と報告を受ける。
安西は、この件は坂東が知っていてやっている食品偽装
だと言い、仲原に証拠になるデータを入手しろと命じる。
仲原はイタリア食品部門の
鈴木慶介(内田 滋)の不在時に、鈴木のパソコンから該当データを取り出し安西に渡す。

そんな夜、美樹と仲原は会社のエレベーターに乗り合わせる。
笑顔になったふたりは食事に行き、その帰り道にお互いの気持ちを確かめ合う。
するとそこに妹・愛(川口春奈)が現れる。ケガの治療
のため遠距離恋愛中の愛は、美樹をうらやましく思う。

愛の怪我は、実は、幼いころ木に登った愛の脚立を美樹が外してしまったため、落ちてしまった事故でした。
どのくらい記憶があるかわかりませんが・・・。


美樹と別れた仲原が自宅に戻ると、またもや自宅前に万里香がいた。
部屋の鍵を無くしたという万里香は、業者が来るまでの2時間を近所の公園で過ごそうと思っていると仲原に告げ立ち去る。
気になった仲原は万里香を追って公園に行き、
肉まんを買い一緒に待ってやる。

翌日、美樹と千秋は手作りのポップを持ってデパートに。
デパート側の協力もあって、オリーブオイルのキャンペーンは好評を博し売り上げをアップさせることができた。
久しぶりに仕事で達成感を感じた千秋は、美樹をランチに誘う。
その席で、千秋は自分には気持ちをわかりあえる人がおらずそのためのストレスで万引きをしてしまったのだろう、と美樹に打ち明ける。

その会話を万理香は、影から聞き耳を立てており・・。

その後、ふたりがオフィスに戻ると、早苗の財布がなくなったと騒ぎになる。
当然、美樹が疑われるが、そんなとき千秋が美樹ではないとかばってくれる。
すると、西島が“みき”のブログに千秋の
万引きのことが書かれていると暴露。
千秋は顔色を変えると、美樹を信じた自分がバカだった、と態度を豹変させる。
同僚らは、千秋がそんなことするわけないと千秋を
信じるが美樹に対しては、誰も信じようとしない。

そして、有希子からこのことは公にしないから退職しろ、と迫られる。
凍りつく美樹に、千秋らも口々に退職しろ、とにじり寄ってくる。

追い詰められた美樹は仲原に電話をするが、仲原は大豆の偽装問題で駆け回っていた。
安西は、偽装は坂東がやったものだと言うが、
仲原はそれが坂東ではなく安西が仕組んだものだと察知する。
無実の坂東を陥れようとする安西の企てに協力してしまったと気づいた仲原は、安西を探すが見当たらない。
そんな折、仲原の動きに気づいた桐野から、この件は、誰かが故意に遺伝子組み換え大豆を混ぜたうえマスコミにリークした可能性があるとの見解を聞く。

そのころ、美樹をいつもこっそり盗撮していた田沢は、
映し出されていた映像に驚く。
そこには、万理香が部屋に出入りしており
早苗の財布を美樹の鞄に入れている様子が
はっきりと映し出されており・・・。

一方の美樹は、しばらくして誰もいないオフィスに戻ってくる。
ふと自分のデスクを見ると、そこには誰が用意したのか退職願の封筒と用紙が置かれていた。

パソコンの画面には
『消えろ』と文字が流れる。

『頑張りたい。私は頑張らなきゃいけない。
逃げたくなんかない。
でも、もう限界だった』
美樹はそれでも、ボールペンを持ち名前を
記入しようとし・・。

※※
ブログは、万理香が作成したもののようです。
有希子たちは、美樹を疑ってましたが
IPなどきちんと調べればはっきりすると思うのに
そこまでしないのもおかしいですよね。

千秋とポップ作りをするシーンは
見ていてはじめてほほえましいシーンでした。
千秋は美樹が商品のオリーブオイルのことを
勉強し、知ろうとしてくれたことがうれしかったといいます。

「忘れていた。
誰かと一緒に喜べることって
こんなにうれしいことなんだって。
今まで仕事で成功してもその喜びを分かち合える相手なんて
誰もいなかった。
自分の気持ちを伝え合える同僚も恋人も家族も誰も
だから寂しくて万引きなんて・・
悪いことだってわかってても
やめられなかった」という千秋。
美樹も
「これからももっともっとお仕事させてください」と
慕ってましたね。

しかし、その会話も万理香に盗み聞きされており
美樹はまた奈落の底に落とされます。

机に置きっぱなしにしておいた早苗の財布がなくなり
美樹の鞄からでてきてしまいます。
それだけでなく、ブログが更新され
千秋の万引きのことも暴露されてました。

これでは、美樹もどうしようもありませんよね。
誰にも信じてもらえない。
証拠もない。
こんな八方塞がりあるでしょうか。
しまいには、「このことは公にしないから
退職してください」とまで言われる。
こんなひどい仕打ちありません。

美樹は仲原にすがろうとしますが
仲原の方も安西に利用され、食品偽装の騒ぎが公になってしまいます。
実は、この食品偽装、坂東はまったく知らず桐野によると
誰かが故意に遺伝子組み換え大豆を混ぜたとのこと。
仲原も忙しくすることで、美樹から意識をそむける展開になりそうですね。

今回、万理香が美樹の鞄に早苗の財布を入れる証拠映像がばっちり
写ってましたが、田沢という男、
美樹に興味があるようですが、庇うことはせず、寧ろ他の社員と共に虐めている為、恋愛感情ではないようです。
彼の動き次第でどうとでも話しの流れが変わりそうです。
彼が、万理香の弱みを握るか、万理香が彼の弱みを握るかなど・・。

こんなひどい仕打ちをされながらも美樹はまだ
働き続けるようですね。
見ていてこんなに痛々しいドラマは、初めてです。


引用元…泣かないと決めた日 公式HP
泣かないと決めた日 Wikipedia

視聴率
10.2→7.5→10.0

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

主題歌
miwa「don't cry anymore」(Sony Music Records Inc.)


関連記事
泣かないと決めた日 第一話
泣かないと決めた日 第ニ話

キャスト
角田美樹(22) - 榮倉奈々
桐野征治(36) - 藤木直人
仲原翔太(28) - 要潤
立花万里香(22) - 杏
西島賢治(25) - 五十嵐隼士(D-BOYS)
角田 愛(16) - 川口春奈
藤田千秋(29) - 片瀬那奈
栗田琴美(31) - 紺野まひる
田沢佳人(27) - 長谷川純(ジャニーズJr.)
白石杏子(30) - 有坂来瞳
工藤早苗(26) - 町田マリー
鈴木慶介(29) - 内田滋
井上誠(24) - 田島優成
林田美穂(28) - 河井青葉
水田舞(24) - 田中えみ
小松亮介(56) - 山田明郷
角田紘子(48) - 大塚良重
梅沢 仁(53) - 段田安則
佐野有希子(34) - 木村佳乃
遠藤由美
毛利恋子
森富士夫
西村三郎
田中昌宏
木立美鳥
邸太郎
立田智美
上川かおり

スタッフ
脚本:渡辺千穂
演出:石川淳一、城宝秀則
プロデュース:橋本芙美(共同テレビ)
企画:瀧山麻土香、太田大(フジテレビ)
音楽:菅野祐悟
制服協力:セロリー
制作協力:ベイシス、バスク、フジアール
音楽協力:フジパシフィック音楽出版
制作:フジテレビ、共同テレビ




posted by まりこ(^▽^) at 21:39 | Comment(2) | TrackBack(1) | 2010年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
■フジテレビ『泣かないと決めた日』―フィクションだが、もしこんな会社があったとすれば理由も解決方法も非常に簡単か?!

こんにちは。フジテレビの『泣かないと決めた日』、フィクションですが、いろいろと考えさせられる番組です。OECDの調査によると、日本のホワイトカラーの生産性は先進国中最低レベルにあるといわれています。だから、あのように酷くはなくとも、あの職場のようなところもあるのだと思います。しかし、実はこの問題の解決方法はいたって簡単なことなのです。それは、暇をなくすことです。昔から「小人閑居して不善を為す」という諺どおり、暇なことほど人間を堕落させ腐敗させるものはありません。これに関する適切なマネジメントを実施しなければなりません。フジテレビでこのドラマのエンドはどういうことになるのでしょうか、月並みな人間関係のみに着目しているようであれば、陳腐なものになってしまいますね。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2010年02月17日 10:57
yutakarlsonさんへ
コメントありがとうございます。
貴重なご意見ですね。
最後、どんな方向性で終わるのか
私も期待しています。
Posted by まり at 2010年02月17日 19:02
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/140771720

「泣かないと決めた日」(第3話:「黒いブログの罠」)
Excerpt: 2月9日に放送された「泣かないと決めた日」(第3話)は、美樹(榮倉奈々)がスーパーで万引きをしている千秋(片瀬那奈)を目撃してしまうところから話は始まる。今回のエピソードの中盤あたりに出てきた、美樹と..
Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記
Tracked: 2010-02-15 00:06
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。