Top 2010年(1月〜3月) >まっすぐな男 第三話「女の秘密」
2010年01月27日

まっすぐな男 第三話「女の秘密」

健一郎(佐藤隆太)が鳴海(深田恭子)に持ちかけた話とは、近々竣工するビルの広告にモデルとして出て欲しいという依頼だった。
ビルのオーナー・高石(きたろう)が、モデルのイメージにピッタリだと探していた女性が、偶然にも鳴海だったのだ。

さらに高石は、鳴海の説得に成功すれば次のビル建設の仕事も健一郎の会社に任せると言い出す。これが実現すれば、30億円規模のプロジェクトとなる大仕事だ。

ぜひものにしたいと必死になる健一郎を弄ぶように、返事を引き延ばす鳴海。
健一郎は「30億の仕事があの女の気まぐれにかかってるなんて悪夢」と頭を抱える。

その夜、さっそく鳴海から連絡があり、食事をおごれと要求。
佳乃(貫地谷しほり)が勤める雑貨店「アーニャ」のパーティに顔を出す約束をしていた健一郎だが、出席を渋々断念し、鳴海を中華料理店に招待する。

ゆきえ(佐々木希)を連れて店に現れた鳴海は、「偉そうにしているわりに自分が見えてない」などと健一郎に言いたい放題。
こみ上げる怒りを抑えながら鳴海の暴言に付き合った健一郎は、ようやくモデルになることを承諾させ、日曜日に予定されている広告の撮影に必ず参加するよう約束を取り付ける。

同じ頃、アーニャのパーティに出席していた熊沢(田中圭)は、健一郎が来ないと知った佳乃の寂しげな様子を見て複雑な心境に。

翌日、会社で健一郎を捕まえ、佳乃が好きなのは健一郎だと告げるが、当の本人はうろたえるばかり。

業を煮やした熊沢は、鳴海の撮影に立ち会う日曜日に、佳乃とデートするよう健一郎に約束させる。

そして日曜日。
佳乃と二人きりで出かけた健一郎だが、撮影が気になってデートに集中できない。
そんな折、熊沢から入った知らせは、鳴海が撮影を前に逃亡したというものだった。

夜、典夫(渡部篤郎)のバーに現れた鳴海を詰問する健一郎だったが、返事をはぐらかされ、腹の虫が治まらない。

翌日、会社を訪ねてきたゆきえが、鳴海が逃げた理由を明かした。
鳴海は幼いころに母を亡くし、のちに父が他界してからは父の再婚相手だった義理の母と暮らしていたが、親子の折り合いは悪かったという。

そして5年前、鳴海は母親から金を盗んで家出。
広告に写真が出れば、母親に見つかって警察に突き出されるかもしれないと逃げ出したらしい。

親子が5年も絶縁状態だと聞いた健一郎は、ゆきえの言葉をヒントに、母親探しを開始。
可能性のある勤務先1件1件に電話をかけて問い合わせをし、ようやく居場所を突き止める。
「金を盗ったことを謝って仲直りしろ」と鳴海を母親に会わせようとするが、自分をお荷物扱いしたと母親を恨んでいる鳴海は拒絶。

健一郎は一人で勤め先を訪ねるが、母親はすでに亡くなっていた。

預かった遺品を鳴海に渡す健一郎。
平静を装う鳴海だがショックは隠しきれない。

言葉を失う健一郎を、「余計なお節介なのよ!死んじゃったら文句も言えないじゃない」と追い返した鳴海は、母親の遺品にあった自分の写真を見つけて号泣する。

数日後モデルを立てて行われていた再撮影の現場に鳴海が現れた。

鳴海をモデルに撮影が進む中、なかなか笑わない鳴海に
「何かうまいもんでも食わせてやるから」と吊る。
健一郎にいたずらっぽい笑みを浮かべた鳴海は健一郎を手招き。
「もうひとつお願いがある」と告げる。その意味深な言葉に健一郎は不安を覚え…。

※※
鳴海の過去とすっぽかした理由がわかりましたが
それでも、仕事をすっぽかすのはよくないと思うし
モデルを断るにも、もっと早く言えなかったのかと
ちょっとな鳴海がわからなくなりました。
健一郎を振り回す鳴海は、健一郎に対して好意を持ってるのでしょうけど、このドラマどこに進んでいくのか
それさえもよくわかりません・・。


引用元…まっすぐな男 HP
まっすぐな男 Wikipedia

視聴率
10.7→8.7→8.6

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

主題歌
トータス松本「ストレイト」(2010年2月10日、ワーナー・ミュージック・ジャパン)


関連記事
まっすぐな男 第一話
まっすぐな男 第二話

キャスト
松嶋 健一郎(30) - 佐藤隆太
本作の主人公。中堅建設会社『フロンティア建設』開発営業部所属の会社員。まっすぐな性格で、曲がった事が大嫌い。反面、恋愛には不器用。
栗田 鳴海(26) - 深田恭子
本作のヒロイン。フリーター。健一郎とは反対に、自由奔放で身勝手な性格だが、どこか憎めない小悪魔な女性。ゆきえの自宅で生活している。
町田 佳乃(24) - 貫地谷しほり
雑貨店『アーニャ』の店員。明るくしっかり者。健一郎に想いを寄せる。
日下 英樹(23) - 遠藤雄弥
健一郎の後輩。几帳面で綺麗好き。
萱島 ゆきえ(20) - 佐々木希
鳴海の同居人。女優を目指してフリーターをしている。
森岡 久美(28) - 滝沢沙織
『アーニャ』店長。佳乃の憧れの存在。しっかり者だが、結婚願望が強い。
桑田 佐智子(26) - さくら
健一郎の会社のOL。ミーハーだが、勘が鋭く時には頼りになる。
松嶋 美奈(24) - 宇野実彩子(AAA)
健一郎の妹。務めていた会社が倒産してしまい、現在はアルバイトをしている。
熊沢 志郎(30) - 田中圭
健一郎の同僚で友人。仕事では健一郎より優秀。佳乃に想いを寄せる。
山崎 珠美(36) - 三浦理恵子
芳樹の妻。
山崎 芳樹(42) - 宇梶剛士
健一郎と熊沢の上司。
山崎亮介 - 佐藤詩音
珠美と芳樹の息子。
矢部 典夫(41) - 渡部篤郎
バー「ルベウス」の経営者。

ゲスト (第3話)
高石 - きたろう
ビルのオーナー
料亭の女将 - 川口節子

スタッフ
脚本: 尾崎将也
プロデューサー: 吉條英希(関西テレビ)、浅井千瑞(MMJ)
演出: 三宅喜重
音楽: 澤野弘之、和田貴史
制作: 関西テレビ、MMJ





posted by まりこ(^▽^) at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。