Top 2010年(1月〜3月) >まっすぐな男 第二話「キレた男」
2010年01月20日

まっすぐな男 第二話「キレた男」

鳴海(深田恭子)の潔白を証明しようと有名なインテリアデザイナーにたてついたせいで、開発営業部から現場の仕事に飛ばされた健一郎(佐藤隆太)。
だが鳴海は反省の色もなく、つまらない用事で呼びつけては健一郎を振り回していた。

開発営業部の上司・山崎芳樹(宇梶剛士)から、マンション建設計画に反対する周辺住民を説得する“説明係”の仕事を任される。

住民が浴びせる罵声にひたすら耐える辛い仕事だが、やり遂げれば開発営業部に戻れるよう上層部に話をつけたという。
山崎が与えてくれたチャンスに「ぜひやらせてください」と意気込む健一郎。

同じ頃、鳴海のもとに刑務所を出たばかりの男・国枝(波岡一喜)が現れる。
ギョッとした様子で逃げ出す鳴海を捕まえた国枝は「俺と一緒になれ。一生俺に尽くして償いをしろ」と迫る。

その国枝がフロンティア建設に現れ、健一郎を出せと暴れる騒ぎが起こる。
騒ぎの元凶は鳴海だった。国枝は鳴海の元彼。

鳴海が、国枝の押入れにあった、植木を
ベランダに出してしまったことから
大麻を栽培していたことがバレて逮捕され、それを鳴海のせいだと根に持って復縁を迫ったが、鳴海は気のない返事。
そこで鳴海の携帯の履歴を調べて健一郎の名前を見つけ出し、新しい男だと思い込んで会社に乗り込んだらしい。

しかも鳴海は国枝の注意を自分から逸らすため、大麻のことを密告したのも健一郎の入れ知恵だとウソをついたという。
鳴海のせいで身に覚えのない恨み買うはめになった健一郎はうろたえるが、
当の鳴海は「怒ると何するかわかんないやつだから気をつけてね」と平然と言ってのけ、悪びれる様子もない。

自分を狙う国枝の影におびえる健一郎。
数日後、事情を知った山崎は、知り合いの刑事に国枝の身柄の確保を依頼するが、国枝はすでに行方をくらました後だった。

しばらく家から出るなと忠告する山崎。
だが、住民説明会を翌日に控えていた健一郎は、住民の気持ちに誠心誠意応えるため、建設予定地を見ておきたいと言って出かけてしまう。

明くる日、健一郎が説明会に出席していることを掴んだ国枝が典夫(渡部篤郎)のバーに現れ、「また刑務所に入るかもしれない」と鳴海への伝言を残して消えた。
典夫から連絡を受けた鳴海は説明会の会場へ向かう。
住民たちの突き上げに遭っていた健一郎は、マンションが障害となって周辺の日照時間が短くなるという非開示の情報を明かしてしまう。

騒然となる一同に健一郎は、新しいマンションや住人たちを迷惑に感じることもあるかもしれないが、ともに暮らすことで分かち合える喜びもたくさんあるはずだと言い、「新しい家族を仲間として受け入れて欲しい」と頭を下げる。

「思い切って心を開いてみてはくれませんか」と住民たちに問いかける健一郎。
とそのとき、黙って話を聞いていた国枝が突然立ち上がり、健一郎に歩み寄った。
思わずビクリとなる鳴海。だが国枝は「あんた甘いよ。けど、そういうのも悪くねぇな」と感じ入った様子で健一郎に声をかけ、会場を出て行った。

国枝は、
『まったくおまえというやつは
バカはやめろ
お母さんとまってるから
いつでも帰ってこい』と
両親のメモを握り締めており・・。


国枝はその足で両親のもとに帰り、反対住民たちは健一郎の誠実な態度に心を開いてマンション建設を承諾。
健一郎は開発営業部に復帰を果たした。

そんなある日、典夫の店に駆け込んできた健一郎。鳴海の姿を見つけると「話がある」と近づき…。

※※
国枝の件とマンション住民の反対が
一気に解決だったわけですが
ちょっと都合よすぎだったかな。
健一郎のまっすぐさはいいと思うのですが
展開がわかり易すぎ。
振り回す鳴海にも嫌悪感を感じます。
きっと何も考えてないと思いますが。
視聴&記事も悩みます・・・。


引用元…まっすぐな男 HP
まっすぐな男 Wikipedia

視聴率
10.7→8.7

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

主題歌
トータス松本「ストレイト」(2010年2月10日、ワーナー・ミュージック・ジャパン)


キャスト
松嶋 健一郎(30) - 佐藤隆太
本作の主人公。中堅建設会社『フロンティア建設』開発営業部所属の会社員。まっすぐな性格で、曲がった事が大嫌い。反面、恋愛には不器用。
栗田 鳴海(26) - 深田恭子
本作のヒロイン。フリーター。健一郎とは反対に、自由奔放で身勝手な性格だが、どこか憎めない小悪魔な女性。ゆきえの自宅で生活している。
町田 佳乃(24) - 貫地谷しほり
雑貨店『アーニャ』の店員。明るくしっかり者。健一郎に想いを寄せる。
日下 英樹(23) - 遠藤雄弥
健一郎の後輩。几帳面で綺麗好き。
萱島 ゆきえ(20) - 佐々木希
鳴海の同居人。女優を目指してフリーターをしている。
森岡 久美(28) - 滝沢沙織
『アーニャ』店長。佳乃の憧れの存在。しっかり者だが、結婚願望が強い。
桑田 佐智子(26) - さくら
健一郎の会社のOL。ミーハーだが、勘が鋭く時には頼りになる。
松嶋 美奈(24) - 宇野実彩子(AAA)
健一郎の妹。務めていた会社が倒産してしまい、現在はアルバイトをしている。
熊沢 志郎(30) - 田中圭
健一郎の同僚で友人。仕事では健一郎より優秀。佳乃に想いを寄せる。
山崎 珠美(36) - 三浦理恵子
芳樹の妻。
山崎 芳樹(42) - 宇梶剛士
健一郎と熊沢の上司。
山崎亮介 - 佐藤詩音
珠美と芳樹の息子。
矢部 典夫(41) - 渡部篤郎
バー「ルベウス」の経営者。

ゲスト (第2話)
国枝 - 波岡一喜
鳴海の元彼。刑務所に服役していた。
田中 - 半海一晃
マンション建設反対住民の一人。
国枝の父親 - 若林哲行

スタッフ
脚本: 尾崎将也
プロデューサー: 吉條英希(関西テレビ)、浅井千瑞(MMJ)
演出: 三宅喜重
音楽: 澤野弘之、和田貴史
制作: 関西テレビ、MMJ




posted by まりこ(^▽^) at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。