Top 2009年(7月〜9月) >ナイチンゲールの沈黙
2009年10月10日

ナイチンゲールの沈黙

バチスタ事件から9カ月後、東城医大付属病院で脳の腫瘍を取り除く手術を受けた少年・岡部巧(中島健人)が、オペの数時間後に原因不明の脳幹出血を起こし、植物状態となった。
執刀医は、数々の難手術を成功させてきた優秀な脳神経外科医・西園寺正也(遠藤憲一)。
両親を亡くした巧を引き取って育てている叔母の岡部貴美子(宮地雅子)・幸一(下村彰宏)夫婦は、手術は成功したと聞かされていたにもかかわらず、巧の意識が戻らないことに強い不審を抱き、病院を起訴する構えだ。手術後、謎の植物状態に陥った少年の身に起こった原因は、術中のミスなのか? それとも何者かによる故意の犯行なのか…?

新たな医療スキャンダルを追うのは、心優しき診察医・田口公平(伊藤淳史)と、厚生労働省の切れ者役人・白鳥圭輔(仲村トオル)。
そして2人が疑惑を寄せる天才脳外科医・西園寺や事件の鍵を握るナース・浜田小夜(山田優)など、事件から浮かび上がる、愛憎に満ちた人間ドラマが…。

※※
タイトルは、「ナイチンゲールの沈黙」とありますが、
ほとんど改変されてましたね。
巧くんの脳外の手術はオリジナルでした。

原作部分でもあった、瑞人は、巧と同じ病室であり
友達という部分でつながっていました。

瑞人が入院中、父親が殺されたことで
病院内には、にわかに騒々しくなります。
実は、瑞人は父親からネグレクト(育児放棄)を受けており
瑞人も父を憎んでいたし
金がかかるからと父・牧村は、瑞人の手術も拒否していました。

瑞人が未成年のため、手術をするためにはどうしても保護者の同意書が必要であり、看護師である小夜が瑞人の家に向かいます。
しかし、小夜は、瑞人の父親に襲われて、急いで逃げてきます。

牧村の死亡時刻は月曜日の夜10時前後。
その日、タクシーの運転手が少年の二人組を乗せ
そのうちの一人は具合が悪そうで
東城医大まで乗せたという証言から巧と瑞人が
瑞人のアパートに行っていたことが明らかになります。
また、瞬きで意思疎通ができるところまで回復した巧から
巧は、アパートの部屋から出てきた人物の顔を見ていたことが
わかるのですが、巧は、何者かをかばっており・・・。

牧村を殺害したのは、西園寺の助手である三浦でした。
三浦は、術前にも何度も巧と接しており
巧が飛行機の整備士になりたいことも知っていました。
小夜は、牧村から襲われ逃げてきたため
同意書は部屋に置いたままで、瑞人のことを気にかけていた
三浦は、月曜の夜、牧村の元へ説得に向かいます。
しかし、逆切れした牧村は、三浦にバットを振り回し
身の危険を感じた三浦は、置時計で牧村の頭部をなぐり
牧村は死亡していました。

巧は、手術が成功してたのにもかかわらず、
術後脳幹部にできた血腫のせいで、一時は、意識不明の植物状態になりますが、
瞬きで意思疎通ができるところまで
回復。
ロックトインシンドローム
(閉じ込め症候群)を起こしていました。

ロックトインシンドロームとは

ただ、どうして血腫ができたかまでは謎のままでした。
三浦は、牧村殺害は認めたものの
巧に血腫を作るようなことは行っておらず
田口・白鳥コンビが医師、看護師たちを探るのですが
田口は、ひとつの盲点に気づきます。
そこはICUという密室でした。

巧の脳幹部の血腫から、医療関係者の故意によるものだと
思われてましたが、実はICU内部を知るものは他にもいました。
それは、入院中の子供たち。
長期入院や、ICUに出入りしている子供たちは、
内部のことまでよく知っていました。

実は、巧は、瑞人とある約束をしていました。
父親を殺したがっていた瑞人に
手伝うから、自分を殺してと・・。

巧は、両親を亡くしており、叔母夫婦に
育てられていましたが、これ以上迷惑をかけたくないから
もし、オペが失敗したら
100%の成功じゃなかったら殺してほしいと
瑞人に頼んでいたのです。
(そのことがあって、二人は月曜の夜、牧村を殺害に
アパートに向かったところ
すでに牧村は死んでおり、アパートからでてくる三浦を
巧が目撃していました。)

手術は成功したのですが、瑞人は、西園寺と三浦が話していた会話で
瑞人はもう目を覚まさないと誤解して聞いてしまいます。
その会話は、まったくの別人の患者のものだったのですが
瑞人は巧のことだと勘違いし、ICUに忍び込み
心電図やアラームを誤作動させます。
看護師がそのトラブルに夢中になってる隙に
瑞人は術後眠っている巧の呼吸器を
止めてしまいます。

しかし、呼吸器を止めるとアラームが鳴ってしまい
瑞人は焦ります。
そこにかけつけたのは、アラームを聞いて駆けつけた小夜でした。
すぐに呼吸器を作動させたので、アラームも鳴り止みましたが
そこで瑞人は、巧の手術が成功していたことを知ります。

瑞人は、小夜にすべてを話すと、このことは、二人だけの秘密と
巧の状態も異常なしと小夜が書いたことで免れたかに思われました。

しかし、白鳥のICUの看護師との合コンから聞き出した月曜の夜のトラブル(誤作動が続いた)のこと、
カルテを再確認した田口や、
二人より一足先にデーターを持ち出した西園寺などから
一時的に巧の血圧が上がってることがわかり
なぜこの記載がないんだと
小夜は、西園寺に責められます。

瑞人は、ずっと自分を責め
手術は受けない、自分だけ治るわけにはいかないと
断固拒否していましたが、巧は、危険を承知で
脳幹部にできた血栓を摘出する手術を受けることを決め
瑞人にも手術を受けるように
田口の作った文字盤からメッセージを伝えます。

脳幹部にできたオペは、神経が集まる部位でもあるため
とても危険なオペでしたが、西園寺の手によって成功。
瑞人もオペを受け、一ヶ月後は、頭に包帯を巻いた元気な二人の
姿がみることができました。

小夜は、この件の責任を取って病院を去り
東城医大救命救急センターで不正が行われているという
無名の投書が届き・・。

(終)

※※
あまりにも原作が改変されていて、
「ナイチンゲールの沈黙」が生かされていたのは、
小夜と瑞人の名前くらいだったのでは・・。
牧村の死のトリックもまったくベツモノに摩り替わってました。
むしろ脳外科の巧サイドの事件が
主でしたね。
確かに原作の歌姫を山田さんがやるのは難し過ぎなわけですが・・。
でも巧と瑞人の友情はよかったと思うし、
二人も好演でした。

ICUに危害をおこなえるのは
医療関係者かと思っていましたが
ICUをよく知る人間が他にもいたという
盲点もよかったと
思うし、記事にはあまり触れませんでしたが
田口・白鳥コンビも健在。
相手を怒らせることで本音を導き出そうと
煽りまくる白鳥には、ヒヤヒヤモノでしが
それをフォローするかのように
田口のひらめき、相手をかばうことで相手も
苦しんでいるかもしれないと
巧から三浦の名前を聞き出したところも
よかったです。

最後救命救急センターが不正を行っていると
匿名の投書が届きますが、これは映画での
「ジェネラルルージュの凱旋」につながるようです。
これは、「ナイチンゲールの沈黙」と
同時系列で起こった事件で救命救急センターが舞台となっています。
こちらも、ドラマキャストで、見てみたいですね。


引用元…ナイチンゲールの沈黙 Wikipedia

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

関連記事
チーム・バチスタの栄光スペシャル

4796654755ナイチンゲールの沈黙
宝島社 2006-10-06

by G-Tools


4796657541ジェネラル・ルージュの凱旋
宝島社 2007-04-07

by G-Tools


キャスト
田口公平(特別愁訴外来 担当医) - 伊藤淳史
白鳥圭輔(厚生労働省大臣官房秘書課付技官) - 仲村トオル
東城大学医学部付属病院関係者
浜田小夜(小児科看護師) - 山田優
三浦守(脳神経外科講師 第一助手) - 袴田吉彦
内山聖美(小児科講師) - 小沢真珠
猫田麻里(小児科 看護師長) - 猫背椿
藤原真琴(特別愁訴外来看護師) - 名取裕子
高階権太(病院長) - 林隆三
西園寺正也(脳神経外科准教授) - 遠藤憲一
小児病棟の子供たち
岡部巧 - 中島健人(B.I.Shadow)
牧村瑞人 - 高田翔(ジャニーズJr.)
佐々木アツシ - 加部亜門
田中秀正 - 高橋龍飛
杉山由紀 - 菊里ひかり
その他
岡部貴美子(巧のおば) - 宮地雅子
岡部幸一(巧のおじ) - 下村彰宏
牧村鉄夫(瑞人の父) - 金山一彦
青木一志(刑事・白鳥の後輩) - 眞島秀和
田口家
田口周蔵(祖父) - 横山あきお
田口翠(長女) - 彩木里紗
田口茜(次女) - 石井美絵子

スタッフ
脚本 - 後藤法子
音楽 - 羽岡佳、妹尾武
演出 - 今井和久
プロデューサー - 豊福陽子(関西テレビ)、遠田孝一・八巻かおる(MMJ)
主題歌 - 青山テルマ「守りたいもの」
技術協力 - フォーチュン、Kカンパニー、バウムレーベン、SPOT
美術協力 - フジアール
スタジオ - レモンスタジオ
制作 - 関西テレビ・MMJ






posted by まりこ(^▽^) at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(7月〜9月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/129984850
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。