Top 2009年(4月〜6月) >魔女裁判 第七話「香織が拉致された…縛られたその虚ろな眼差し」
2009年06月16日

魔女裁判 第七話「香織が拉致された…縛られたその虚ろな眼差し」

吉岡徹(生田斗真)は、危機迫る様子で「助けて!」と電話をかけてきた本宮香織(比嘉愛未) の部屋へ慌てて駆けつける。
すると、そこには、部屋があらされており
『警察に話したらもっと恐ろしいことがおこる』というメモが赤い画鋲で貼られていた。




香織にまで被害が及んだことに怒りがこみあげる徹の元に、今度は渡部いずみ(加藤あい)からも「助けてください!」との電話が入った。
いずみの家に行く徹。これらの出来事が、黒川竜一(鈴木亮平)の仕業なのか、それとも誰かほかの者の仕業なのかがわからず苛立つ徹。

柏木鏡子(石田ゆり子)の病状も回復し、12日ぶりに公判が再開されることになった。裁判員席には辞退した奥寺梨華(末永遥)と逮捕された内海信恵(松本じゅん)に代わり、 井筒肇(山谷初男)と根津芳子(中村果生莉)が座る。
嬉しそうな井筒とは反対に根津は相変わらず沈んだ表情だ。
徹は、鏡子が話した「香織さんを大切にしてあげてください」という言葉や、黒川の「すべては魔女の計算」という言葉を思い返しながら、何かを探るように被告人席に座る鏡子をジッと見つめる。公判が終わり評議室に戻ってきた徹といずみは、根津の持ち物にあるものを発見する。

※※
根津の持ち物には、部屋に貼られていたメッセージについていた
同じ赤い画鋲がペンケースに入っていたのだ。
二人は根津を尾行する。

一方香織は、部屋を襲われたことから徹の部屋に転がり込んでいた。
早く帰ってきてほしいと連絡するが
徹といずみは、根津を尾行するため、帰りが
遅くなってしまう。

根津を追いかけると根津が、二人を待ち伏せしていた。
根津は、別れた夫からDVに遭っており、夫に見つかるのではないかと不安を抱えていたのだ。

徹は、自宅に帰ると香織がおらず、
明日12時までに来ないと二度と会えないというメッセージと
縛られている香織の写真が
残されており、香織が拉致されてしまう。

徹は、必死に探すが、場所がまったくわからず
ついには、鏡子のもとへ。
鏡子は、場所はわからないが

香織を助けたいという必死な徹に
「それはあなたが香織さんを愛している証。
あなたたちを引き離すことは誰にもできない
そんな気がします」と
励まし、写真の中に手がかりがあるはずだと
いうと、徹は、あることに気がつき・・・。

タイムリミットの12時まであと数分。
徹はある場所に向かっていた。
そこに止められている車のトランクを開けると
香織が縄を解いた状態で徹と呼びかける。

徹は、香織が特別な日にしかつけないネックレスをして
写真に写っていることから
そのネックレスを渡した場所にたどり着いたのだ。
実は、香織の拉致は、狂言で
香織が、徹の気持ちが離れてしまうことを
恐れて行ったものだった。
徹は、ここまで、香織を追い詰めてしまったことを
反省し、
「大丈夫・・大丈夫だから」
と香織を抱きしめる。
すると
「こんなことしたのはあたしが徹を愛している証なの
あたしたちを引き離すことは誰にもできないのよ」と
言われ、この言葉に徹は固まる。
鏡子が話していた言葉とまったく同じだったのだ。

そのころいずみも、外に人がいることに
気がつき徹に電話するが
携帯が床に落ちたままで
徹は、気がつかなかった。
いずみのもとには、「ただいま」と
夫が帰ってくる。
その姿は、黒川で・・。

※※
香織の自作自演の拉致は、鏡子のアドバイス?あっての
ものだったのかもしれないですね。
鏡子が、ほんとに悪い人なのか、どうなのか
わからなくなりました。

いずみの夫が黒川だったとは・・。
裁判はどう転がっていくのでしょうか・・。


引用元…魔女裁判 公式HP
魔女裁判 Wikipedia

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
9.0→7.7→8.5→7.2→6.2→5.7→5.3

主題歌
福山雅治 「化身」(ユニバーサルJ)
B002206WIK化身(初回限定盤)(タオル付)
福山雅治
ユニバーサルJ 2009-05-20

by G-Tools


関連記事
魔女裁判 第一話
魔女裁判 第二話
魔女裁判 第三話
魔女裁判 第四話
魔女裁判 第五話
魔女裁判 第六話

キャスト
裁判員
吉岡徹(24)〔オレンジ〕 - 生田斗真
フリーター。
渡部いずみ(26)〔ホワイト〕 - 加藤あい
主婦。
奥寺梨華(21)〔ドンペリピンク〕 - 末永遥
キャバクラ嬢。
田所秀雄(37)〔パープル〕 - 中村靖日
中学教師。
井筒肇(75)〔シルバー〕 - 山谷初男
自治会長(補充裁判員)。
相馬卓(25)〔ブルー〕 - 平方元基
法科大学院生。
根津芳子(23)〔ブラウン〕 - 中村果生莉
OL(補充裁判員)。
内海信恵(52)〔ピンク〕 - 松本じゅん
介護ヘルパー。

謎の組織
黒川竜一 - 鈴木亮平
組織のリーダー。
水島真紀子(25) - 滝沢沙織
黒川の右腕。

その他
本宮香織(23) - 比嘉愛未
東西新聞記者、徹の恋人。
柏木遥(16) - 忽那汐里
柏木鏡子の娘。
進藤亮介(33) - 渡邉鉱平
私選弁護士。
大沢陽子(43) - 宍戸美和公
検事。
柏木鏡子(36) - 石田ゆり子
被告人。
池内桐子 - 優木まおみ
南関東地裁の食堂で働いているウェイトレス。

スタッフ
脚本 - 前川洋一
音楽 - 神坂享輔、MAYUKO、川嶋可能、告井孝通(Flagship)
プロデュース - 関卓也、小池秀樹
演出 - 加藤裕将、小原一隆
制作 - フジテレビドラマ制作センター
制作著作 - フジテレビ








posted by まりこ(^▽^) at 02:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(4月〜6月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。