Top 2009年(4月〜6月) >婚カツ!第一話「草食男子が就活で婚活!?」
2009年04月21日

婚カツ!第一話「草食男子が就活で婚活!?」

雨宮邦之(中居正広)は“就職氷河期”の真っ只中に3流大学を卒業し、とある企業で働いていたがこの不況の折り、職を失う。
自ら志願して、リストラされたら困るという社員の代わりに
退職届を出したのだ。

家からは今日もとんかつの匂いがただよっている。
彼が最も苦手な油と肉が融合した香りだ。
このまま仕事がなかったら、このとんかつ屋『とんくに』を継ぐしか生きる道はなくなってしまう。
邦之は、それだけは避けたかった。
しかし、この未曾有の大不況のなか、そう簡単に仕事はみつかりそうにない。

一方、邦之の住む町、春見区は雇用促進と少子化対策に頭を悩ませていた。区長の溝口静子(風吹ジュン)は、とりあえず形だけでもとばかりに若干名の臨時職員採用と、名ばかりの少子化対策チームの発足を決める。

臨時職員募集の話しを、偶然メモ帳の裏書で目にした邦之はすぐに飛びつく。
能力によってはそのまま正規採用の可能性もあるという。
意気込んで、試験に臨んだ邦之は、面接の時になって“既婚者であること”という採用条件があることを知る。
邦之は、仕事を獲得したい一心で、結婚の予定がある、と嘘をついてしまった。
無事就職は決定するものの、これが全ての始まりで…。

邦之の少子化対策課への初出勤の日がきた。
面接試験で出会った初老の男性、桜田周五郎(橋爪功)や幼なじみの区役所職員、二瓶匠(谷原章介)の姿がありホッとする邦之。
だが、伊藤勝(北村有起哉)と名乗るエリート風の男との出会いには緊張感が走る。

“採用されてしまえばこっちのもの”と思っていたが、いつの間にか“邦之結婚!”の噂が町に流れ、父親の雨宮邦夫(小日向文世)も大喜び。
『とんくに』でバイトをする邦之の幼なじみで妹の様な存在の飛田春乃(上戸彩)も衝撃を隠せない。
弟分の深澤茂(佐藤隆太)を中心に、地域をあげての大騒ぎとなってしまった。

その邦之に、茂が祝儀を渡す。大事なバイクを手放しての祝儀だと気づいた邦之は、茂に事の次第を打ち明けた。
これは一大事と考え込む2人。その中で出た結論は、邦之が本当に結婚相手を探せば良いというものだった。

邦之は、しぶしぶ茂と一緒に人生最初の婚活パーティーに出席。と、そこに周五郎の姿もあるではないか。
周五郎は、既婚と勘違いされての採用だったのだ。
そこで、3人は気合いの入った女性参加者、村瀬優子(釈由美子)と出会う。
さらに、そのパーティーの主催者は邦之の幼なじみ、高倉真琴(りょう)だった。

結婚への執着心なく参加していた邦之は、真琴に結婚は生半可な思いでは出来ないと言われてしまう。
さらに、婚約者を紹介もしないことに腹を立てる邦夫からも、邦之が今存在するのはたくさんの奇跡が続いた結果なのだから、といわれる。
「奇跡」という言葉が邦之に強く響いた。

邦之は続いて行われたアクア合コンに出席。
そこでは、優子から真剣さが感じられないと言われてしまう。
その言葉に、邦之は本気で婚活すると宣言する。

※※
正直面白さに欠けたかな、というのが第一印象です。
初回だからと思いたいところですが
とりあえず今回は、邦之が就職条件の
結婚する予定になってるという“嘘”を
事実にするために
婚カツをするという流れのようです。

しかし、婚カツもなかなか難しい。
次週は、早くも結婚するというのが
嘘というのが疑われそうです。
一応ヒロインは、春乃役の上戸彩ちゃんのようですが
今回は影が薄かったですね。
この展開だと
釈ちゃんあたりになりそうな予感ですが
このあたりどう転がるのか。

結婚っていいものだよというのが少しでも広まって
結婚する人が増えて少子化が少しでも緩和されたら
・・・そんなブームに乗れたら最高かもしれませんが
いかに・・?!


引用元…婚カツ!公式HP
婚カツ! Wikipedia

視聴率
16.3

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

主題歌
PUFFY「ウエディング・ベル」(1980年代にヒットしたSugarのb曲のカバー)

キャスト
雨宮邦之 - 中居正広(SMAP)
飛田春乃 - 上戸彩
深澤茂 - 佐藤隆太
村瀬優子 - 釈由美子
雨宮邦康 - 上田竜也(KAT-TUN)
二瓶匠 - 谷原章介
伊藤勝 - 北村有起哉
雨宮邦子 - 戸田恵子 (特別出演)
雨宮邦夫 - 小日向文世
高倉真琴 - りょう
溝口静子 - 風吹ジュン
桜田周五郎 - 橋爪功
速水理香- 大友みなみ
増岡文彦 - 田中要次
小松成道- 山田親太朗
松方弘樹

スタッフ
脚本 - 龍居由佳里、森ハヤシ
脚本協力 - 馬場康夫
音楽 - 服部隆之
プロデュース - 保原賢一郎、菊地裕幸
演出 - 鈴木雅之、葉山浩樹、遠藤光貴





posted by まりこ(^▽^) at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(4月〜6月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。