Top 2009年(4月〜6月) >ザ・クイズショウ 第一話「正解地獄!夢の番組が人気ロック歌手を裁く!」
2009年04月20日

ザ・クイズショウ 第一話「正解地獄!夢の番組が人気ロック歌手を裁く!」

白い壁に囲まれた部屋に、生気のない表情の神山悟(櫻井翔)がいた。
彼を迎えに来たのは、ディレクターの本間俊雄(横山裕)。
神山が本間に連れて行かれた先は、銀河テレビのスタジオ。
神山は、人気番組『ザ・クイズショウ』の司会者なのだ。

『ザ・クイズショウ』は、この日から生放送となるため、プロデューサーの冴島涼子(真矢みき)や、新人アシスタントディレクターの高杉玲奈(松浦亜弥)、照明技師の松坂源五郎(泉谷しげる)らスタッフは、緊張感でピリピリしていた。
やがて、案内人(篠井英介)に導かれたクイズ解答者・ミュージシャンの安藤康介(哀川翔)が、マネージャーの駒沢(東根作寿英)と共にスタジオ入りする。
安藤は、以前、ジョンこと福山翼(池田成志)とロックデュオの『バンド・オブ・カラー』を結成し、スターの座を獲得。しかし、現在はソロで活動中。ソロ転向後、1曲はヒットしたものの、それ以降はパッとしなかった。

このクイズのルールは、解答者が問題に7問正解した時点で1000万円を獲得。
その後、その1000万円を賭けてドリームチャンスに挑戦し、見事クリア出来れば、自分の夢をひとつだけ実現できる、というもの。
また、クイズの最中、解答者は『召喚』『以心伝心』『導きの手』という“奥義”を1つだけ使うことが出来る。
派手な演出で登場した安藤は、神山の質問に、「銀河テレビ主催で世界ツアーをしたい」と自分の夢を明かした。

やがて、神山の出題で始まったクイズは、安藤が3問目まで順調に正解。
第4問は、音楽留学したというアメリカの大学に関する問題だった。

そこの大学教授の口癖を聞く問題だったが
安藤は、まるで初対面。
困った様子を見かねた神山が
奥義の以心伝心を使うと
教授がテレビ中継で現れる。

まるで会ったことのように
話す安藤。
しかし、スタジオだけに流れた
会話のテロップは
「おまえは誰だ」と不機嫌な教授。
安藤も、あいつは体調が悪いんだと
場をつなげるが、会話は、まったくかみ合っていなかった。
それでも、神山の機転で
安藤は、無事問題をクリアする。

副調整室にいた冴島は、神山が台本にはない問題を出題したと気付き、すぐに本間に注意する。
しかし、本間は、生本番という強味を握って番組を進行し、冴島は本間を止めることができない。

番組は本間の支配するところとなり、安藤は神山によって、その隠された本性を曝け出そうとしていた。
そしてクライマックスには、核心に迫るクイズが用意されていたのだった。

次に、会場では、ギターが並べられ
安藤の相方のジョンが使っていたギターを
当てる問題が出題される。
ジョンのギターは、オークションに出されており
番組では、落札者から借りてきたと説明する。

安藤は、驚きつつも答えを正解する。
神山は、安藤にギター弾けるんでしょと
挑発させ弾かせようとする。
安藤は、ひきつりつつも、ギターを手にし
弾き始めると、急に神山が頭を抑え苦しみだしてしまう。

本間は、そのまま続けろと指示。
すると、しばらくして、ケロリと神山は
起き上がり
何食わぬ顔で進行を始める。

神山は、ギターについている大きな傷に目をつけ
誰か殴ったあとみたいですねと
またも、安藤を挑発。

ジョンの死亡の際、警察からの発表された凶器を
問題にすると不謹慎だと
安藤は、さらに激怒。

それでも、かまわず神山は、番組を進行させ
「安藤さんが殺しちゃったんじゃないの?」とまで
言い出す。

安藤は、アリバイがあると
マネージャーの駒沢に説明させる。
安藤は、神奈川のスタジオにいたと話すが・・。

最後の7問目。
ジョンが殺害された時刻、安藤はどこにいたかという
問題だった。
しかし、選択肢の中には、
スタジオは含まれていなかった。

問題が間違ってるという安藤に
神山は、あなたのすべてを知っているとニヤリ。
安藤は、激怒のあまり控え室にこもってしまう。

本間は、限界までCMを入れろといい
スタッフたちも騒然とする。

冴島は、安藤の控え室に向かい謝罪するものの
応答がない。

冴島は、局長によばれる。
安藤の事務所から名誉毀損で訴えると言われ
事務所に行くように
指示されタクシーに乗り込む。

スタジオの本間は、緊急VTRを
流していたが
インターネットの掲示板らも騒ぎ出し
限界に。
本間は、必ず安藤は戻ってくるからと
神山に放送をつなげさせる。

そのころ、安藤の控え室では、今すぐ弁護士を雇えと
大激怒。

駒沢は、どうしてジョンさんを殺さなきゃいけなかったんですか?と聞く。
安藤は、「あいついらないだろ
オレがどんな思いで、どんな目にあったかわかってるんだろ」と答える。

駒沢は、自分がやったと
自首すると言い出す。
安藤は、いいのか?とその申し出を受け入れ・・。

神山は、お客さんと共に安藤コールを始めていた。

そんな中、テレビの画面には、ニュース速報が流れ
駒沢が犯行を自供し、逮捕されたと
テロップが流れる。

番組の残り時間が10分をきると
安藤が戻ってくる。
安藤は、彼のマンションにおり、第一発見者だと
回答する。

安藤の答えが正解だったことから
1000万をかけてドリームチャンスに挑戦できることになる。
しかし、安藤の怒りは、収まらず
オレに謝罪しろといいだす。

タクシーの中の冴島は、謝罪放送に切り替えるように
本間に指示するが
本間は、そのままでいくと
強硬手段をとる。

神山は、安藤の声にも屈せず
ここは夢を叶える場所だとなだめ、
クイズは、続行される。

最後の問題は、ジョンさんが殺害される直前に
発した言葉はというものだった。

「ふざけるな!」と怒る安藤。
しかし、神山は、夢のために答えなさいと
なおも挑発する。

ジョンのことを思い出す安藤。
神山は、奥義を提案し
召還を使う

なんとスタジオにやってきたのは駒沢だった。
今さっき捕まったとテロップに流れていたので、
みんなは、驚く。

駒沢は、ジョンが亡くなった日、
安藤、ジョン、自分の3人がジョンのマンションにいたと話す。
安藤は、ジョンに金を貸してほしいというが
おまえに渡す金は、ないと断られる。
また、ジョンが、別ににおまえじゃなくてもいいと
解散宣言したことから
安藤は、ジョンをギターで殴り、殺害してしまったことなど話す。

安藤は、何言ってるんだと駒沢につかみかかるが
控え室で駒沢に安藤が話した会話が
放送で流れてしまう。
実は、本間に頼まれ、こっそり録音していたのだった。

神山は、安藤に
最後の答えを促すが
安藤はギブアップしてしまう。

放送が終了し、安藤は、警察につれていかれる。

冴島は、スタジオに戻ると本間に
激怒。
しかし、本間は、おもしろかったでしょ?
と開き直り・・。

新人ADの高杉は、本間に自首したはずの
駒沢がどうしてスタジオに現れたか聞く。
実は、テロップは、スタジオのみ流れており
本間は、初めから安藤を自首させるために
駒沢から話を聞いて問題を作っていたのだ。

また、安藤が必ずスタジオに戻ってくると
わかったのは、安藤にはどうしてもかなえたい夢があるからだと
本間は答えた。

神山は、白い部屋で頭痛にうなされていた。
安藤と出会ったころを夢に見た。

本間が部屋にやってくる。
神山は、さきほどの回答者がどこかで見たことがあると
話す。
しかし、それ以上思い出せずにいると
「思い出せ!オレれは8年も待ったんだ
思い出せ・・!」と
本間は神山につかみかかる。

ああー!と叫ぶ神山
脳裏には海に沈む少女が浮かび上がる。

「大丈夫だからと」
本間は、神山を落ち着かせる。

「オレが救ってやる
だからオレを信じるんだ
さあ、物語の始まりだ」
と本間は呼びかけ・・。

※※
バラエィなのか、ドラマなのか
境界線があいまいで
とてもドキドキしました。
本間や、神山がどうしてあそこまで
安藤のことを知っていたかは疑問が残りますが
安藤を自首に追い込むために
テロップをスタジオだけに流したり
さすがです。

やりとりは、ほとんど会話だけなのに
神山の安藤についての突っ込みもさすがだったし
あとは、本間の強行ともいえる進行ならではというのも
あったのかもしれません。

しかし、プライベートでは、なにやら白い空間に
隔離されている神山。
どうやら神山は、記憶喪失のようで、本間は、彼の秘密を
知っているようですね。
この二人の秘密も気になるところです。


引用元…ザ・クイズショウ 公式HP
ザ・クイズショウ Wikipedia

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
14.0

主題歌
嵐 「明日の記憶」(J-STORM)
B0025W1G72明日の記憶/Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~【初回限定盤1】

ジェイ・ストーム 2009-05-27

by G-Tools


2008年(平成20年)7月5日から9月27日まで深夜枠でやっていた
DVD版です。
B001E3TS82ザ・クイズショウ DVD-BOX
片桐仁, 戸次重幸, 中村靖日, 山本耕史, 及川拓郎;高橋秀明
VAP,INC(VAP)(D) 2008-10-22

by G-Tools


キャスト
神山悟(27):櫻井翔(嵐)
本間俊雄(27):横山裕(関ジャニ∞)
高杉玲奈(22):松浦亜弥
案内人:篠井英介
米倉信三(44):田中哲司
竹内昂(29):和田正人
浦沢瞳(27):森脇英理子
冴島美野里(7):大橋のぞみ
新田美咲(17):水沢エレナ
松坂源五郎(55):泉谷しげる
田所治(49):榎木孝明
冴島涼子(40):真矢みき


ゲスト
安藤康介:哀川翔(第1話)
ミカ:美波(第2話)
成宮寛貴(第3話)

スタッフ
脚本:及川拓郎
音楽:NARASAKI
原案:森谷雄(アットムービー)、D.N.ドリームパートナーズ、VAP
プロデューサー:池田健司、森谷雄
プロデューサー補:内田雅博(オフィスクレッシェンド)、田澤直樹(アットムービー)
演出:南雲聖一、佐久間紀佳、狩山俊輔
制作協力:オフィスクレッシェンド
制作プロダクション:アットムービー








posted by まりこ(^▽^) at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(4月〜6月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。