Top 2009年(4月〜6月) >アイシテル〜海容〜 第一話「すべての母親へ捧ぐ家族愛の物語」
2009年04月16日

アイシテル〜海容〜 第一話「すべての母親へ捧ぐ家族愛の物語」

野口さつき(稲森いずみ)は小学5年生の智也(嘉数一星)と夫・和彦(山本太郎)のごく普通の3人家族。
さつきの目下の関心事は智也の進学だ。
智也の塾代にとウェイトレスのバイトをし、栄養バランスを考えた食事を摂らせるなど気を配っている。
肝心の智也は最近ロクに口もきいてくれないが、さつきは「男の子はそんなものかも」とあきらめぎみだった。

いっぽうの小沢聖子(板谷由夏)もまたどこにでもいる主婦。小学2年生の清貴(佐藤詩音)と中学生の美帆子(川島海荷)、夫・秀昭(佐野史郎)の4人家族のなかで、かわいいざかりの清貴は家族のマスコット的存在だ。
姉の美帆子だけは甘え上手な弟と、そんな弟を可愛がる母親をやや冷ややかな目で見ている。

そんなある日、聖子が友人とのランチでわずか15分間家を空けたすきに清貴が帰宅し、ランドセルを置いたままどこかへ行ってしまった。
必死で清貴を探す聖子。
だが家族の願いと警察の捜索もむなしく、清貴は遺体となって発見される。自分さえ家にいれば清貴は死ななかった…と、後悔の念にさいなまれる聖子。

それからしばらくして、さつきの家に刑事がやってくる。
清貴ちゃん殺しの容疑者として、塾帰りの智也を保護したというのだ。そんなことあるわけがない、と耳を疑うさつき。
だが保護中の智也はあっさりと
証拠は、自分のクローゼットにあると犯行を供述してしまう。
さつきは、クローゼットを見ると血だらけの服が
出てきてしまい
ショックを受け狼狽する。
そんなさつきに、夫の和彦が子育てする母親の責任を問い始め
二人は、険悪な雰囲気になってしまう。

翌朝。
さつきは、保護された智也の元に行く。
そこでは、家庭裁判所調査官・富田からもらった
おにぎりを食べる智也がおり・・。

※※
清貴を失った聖子の悲しみ
自分の息子、智也が人を殺害をしてしまったさつきの衝撃
立場が対照的な二人の母親の演技が
とても心に突き刺さりました。

初回は、智也が清貴を殺害したという事実を追ったものでしたが
原因などはまだ明らかになっていないようです。

ただ、智也は、とても口数が少なく
さつきと和彦の育児に対する温度差などが
微妙に影響を与えていたのかなという気もしますが・・。

今後智也が清貴くんを殺害した動機や原因
など明らかになると思いますが
被害者の息子を持つ親
加害者の子供の親の立場が
どんな風に描かれていくのか興味深く見て行きたいと思います。


引用元…アイシテル〜海容〜 公式HP
アイシテル〜海容〜 Wikipedia

視聴率
13.2

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

主題歌・挿入歌
MONKEY MAJIK 「アイシテル」
B00249LSB0アイシテル
MONKEY MAJIK
binylrecords 2009-06-10

by G-Tools


新垣結衣「うつし絵」
B001VOD50Gうつし絵
新垣結衣
ワーナーミュージック・ジャパン 2009-05-27

by G-Tools


原作です。
4063722724アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)
伊藤 実
講談社 2007-03-06

by G-Tools


キャスト
野口家(加害者家族)
・野口 さつき - 稲森いずみ
37歳。都内の附属小に通う愛息・智也の塾費用を稼ぐためにパートで働く兼業主婦。比較的裕福な家庭だが、家族を試みない和彦、無口な智也に寂しさを覚えていた。小沢清貴殺害の容疑で警察に保護された智也の行動が信じられずにいたが、現実を受け止め始める。
・野口 和彦(原作では‘義隆’)- 山本太郎
36歳。商社マン。家庭を一切顧みず、家事や育児をすべてさつきに任せきりだった。そのため、殺人を犯した智也の行動の責任をすべてさつきに押し付け、夫婦間にも亀裂が生じる。
・野口 智也(原作では‘裕一’)- 嘉数一星
10歳の小学5年生。都内の附属小に通うが、他人に心を開こうとはしない。小沢清貴の殺害容疑で警察に保護される。

小沢家(被害者家族)
・小沢 聖子 - 板谷由夏
37歳。専業主婦で、社交的な性格。何不自由のない生活を送っていたが、愛息・清貴が殺され、心を閉ざす。息子を守ってやれなかった罪悪感と、命を奪った智也への激しい憎悪を抱く。
・小沢 秀昭(原作では‘清’)- 佐野史郎
45歳。市役所勤務の公務員。家族思いで、妻や2人の子供たちに献身的な愛を注いできた。清貴が殺され、落胆する妻・聖子を励ます。
・小沢 美帆子 - 川島海荷
14歳。中学2年生。母・聖子が弟・清貴ばかりを愛しているのが憎く、殺害事件前夜は暴言を吐いていた。
・小沢 清貴 - 佐藤詩音
7歳の小学2年生。両親の愛を受け止め、無邪気な笑顔が愛らしい。野口智也に殺害され、7歳という短い生涯を閉じる。

富田家
・富田 葉子 - 田中美佐子
家庭裁判所調査官。自身にも小学4年の息子がいるため、親身になって罪を犯した少年少女の心を開く。
・富田 健太 - 吉川史樹
小学4年生。葉子の一人息子。

森田家
・森田 彩乃 - 田畑智子
30歳。さつきの妹。開放的な性格で、独身でバイト暮らしの日々を送っている。小沢清貴殺害事件後、落胆する姉・さつきをサポートする。
・森田 敏江- 藤田弓子
さつきの母。娘の子供が犯罪を犯したとは信じられず。

警察関係者
・佐伯 正志 - 高山猛久
警視庁捜査一課巡査長。「小沢清貴ちゃん殺害事件」の容疑で野口家を訪問、事件の概要を聴く。パートナーは小泉。
・小泉刑事 - 小松和重
警視庁捜査一課所属。「小沢清貴ちゃん殺害事件」の容疑で野口家を訪問、事件の概要を聴く。パートナーは佐伯。
・菊池刑事 - ダンカン
警視庁捜査一課所属。「小沢清貴ちゃん殺害事件」の犯人が少年だと知り、驚く。

その他の人物
・麻衣子 - 志村玲那
14歳。美帆子の同級生。
・宏美 - 折山みゆ
14歳。美帆子の同級生。
・野口真緒
猫背椿


スタッフ
脚本 - 高橋麻紀・吉本昌弘
原作 - 伊藤実 「アイシテル〜海容〜 前編・後編」
プロデューサー - 次屋尚・千葉行利
演出 - 吉野洋・国本雅広
音楽 - S.E.N.S. 「Forgiving」
制作協力 - ケイファクトリー










posted by まりこ(^▽^) at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(4月〜6月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。