Top アンフェア >アンフェア 第一話 「敏腕女刑事VS予告殺人」
2006年01月11日

アンフェア 第一話 「敏腕女刑事VS予告殺人」

ある場所で人質事件が起きていた。
捜査員が取り囲むが
犯人は、女性にナイフを突きつけていた。
今なら死刑を免れるかもしれないと犯人を説得する
捜査一課係長・小久保祐二(阿部サダヲ)

そこに黒いロングコートをまとい、まっすぐ犯人に向かって歩いていく。
捜査一課の検挙率ナンバーワン刑事・雪平夏見 (篠原涼子)だった。

「めんどくさいんだよ
早くやれば?
彼女も苦しまずににすむから」
人質の彼女は、ナイフをみて意識を失う。

慌てて犯人は、ナイフを落とし
拾おうとした隙に
銃を突きつける夏見
「死刑かもね」と犯人にささやいた。

人質を救出し、犯人逮捕となったが、捜査一課の管理官・山路哲夫(寺島進)は、
逮捕時の行動をスタンドプレーだと雪平を責める。
「悪いやつを捕まえるのにどんなルールがあるんですか」と夏見は
意に介さないが、単独行動をしないためにと、安藤一之(瑛太)という
若い刑事が見習いに付くことになる。

「少しくらい謝ったらどうだ。
犯人が刺したらどうする?」と聞く山路に
「目が泳いでいたから」と答える夏見。

「迷わず銃を使う。」
「5年前のようにか!」

過去、夏見は、同じ人質事件で、引き金を引いていた。

『世の中には、フェアなことなんてなにもない
目には目を復讐には復讐を
アンフェアにはアンフェアを』
夏見には、強い思いがあった。

「正義感強いのもほどほどにしないと敵をつくるだけだよ」という
捜査一課情報解析係・蓮見杏奈 (濱田マリ)、松本理恵子(小林麻央)と
夏見たちは、飲んでいた。

そのころ、新宿中央公園で、女子高生が、帰り道を急いでいた。
転ぶと、後ろから、男性が、ナイフで脅してくる。
横の男性は、すでに殺されていた・・。

・・・・・・・・・・

理恵子は、勤め先の岩倉書房に向かう。
瀬崎一郎(西島秀俊)に校正を手伝って欲しいと連絡を受けたからだった。

理恵子にメールが届く。
『今夜ふたつの命と引き換えに僕の才能は 甦る T.H』

理恵子は、二つの命?と不審に思う。

・・・・・・・・・・

警察には、新宿中央公園で、中年男性と女子高校生の刺殺遺体が発見されたと
通報が入る。

あるマンションに一人の男性が入っていく。
暗証番号も知っていた。
そこは、夏見の部屋だった。

部屋は、散らかっていた
娘の写真が落ちる。
夏見の携帯が鳴る
夏見は、裸で寝ていた。

男に気がつくと、夏見は、捕まえる。
「ちょっとまってくれ!ちょっと!」
「誰」

「雪平さん僕です。安藤です」
部屋に入ってきたのは、安藤だった。

検視官・三上薫(加藤雅也)は、すでに現場に来ていた。
遺体はどちらも臓器まで深くナイフで刺されていた。

その事件とリンクするようにある黒い手袋の男が
事件の様子を克明にワープロで打っていく。

安藤は、なんとか夏見を現場に連れ出す。
「どうやって入ったの」
「暗証番号聞きました。
鍵をもたないって。」

「刑事が不法侵入って・・」という夏見に
安藤は、電話にでてくれれば僕が迎えにいくこともなかったという。

夏見は、三上に「薫ちゃんどっちがどっち?
どっちが先の被害者?」と聞く。
「残留血液からみてこっち」と三上
夏見は、その現場に
「安藤、寝ろ」という。

躊躇している安藤に「なにもたもたしてるの
寝ろっていったら寝るの!」といい
その上に重なるように寝る夏見
「遺体の格好は、こんな感じ?」

驚く安藤に三上は、それが『被害者が最期に見た景色を見るため』の『雪平の儀式』であると告げる。
そんな安藤に雪平は、植え込みから紙を拾うように指示。
それは、本にはさむしおりだった。
どこかの出版社が出した既製の物で、「アンフェアなのは誰か?」と文字が印刷されていた。

黒い手袋をした男は、被害者のところに、殺された鈴木弘務と
龍居まどかと名前を書き込む。

「雪平さん、眠たくないですか?」と安藤
激務が続く中で夏見のペースは、いつもと変わらず、しおりは、三上に許可してもらい
持っていた。
「でもね、安藤
龍居まどかが、最後にみたのは、このしおりだったのよ」

二人は、しおりの出所を探すため出版社をめぐる。
大手の誠文出版は、からぶりだったが、そこで流れる子供のCMで
夏見の足は止まっていた。

雪平の娘・美央(向井地美音)は、クラスで
おまえのかあちゃん人殺しと学校でからかわれていた。

瀬崎一郎(西島秀俊)は、上司から売れる企画を考えろと言われる。
瀬崎は、商売だけじゃない仕事がしたくて、岩崎書房に来たのにと言うが
上司は、出版は、ボランティアじゃないといい
久留米隆一郎の件を任せるのだった。

雪平と安藤は、しおりの出所を探すために出版社を回り、それが中堅の岩崎書房のものだと突き止める。
早速、岩崎書房を訪れ、瀬崎一郎という編集者に話を聞く。
捜査本部では、聞き込みの結果、被害者ふたりに何のつながりもないことから、単なる通り魔殺人との見方をしていたが、
しおりに被害者ふたりの指紋が残っていたことが判明する。

夏見は、「薫ちゃん、そうあせらなくてもあたらしい手がかりをくれるでしょう
またやるだろうから」と犯人の動きを読む。

瀬崎は、人気作家・久留米隆一郎(井上順)の元に原稿を依頼に来ていた。
しかし、大手で出す予定になってるのでと
断られてしまう。

裏の部屋では、久留米に変わって原稿を書く
ゴーストライターの平井という男性がいた。
平井は、2年頑張れば、多額の宣伝費で本を出版してもらう約束をしていた。
しかし、久留米は、「書きあがったらこれをつけておいて」と
自分のサインの入った原稿のページを渡す。
野口の手は、怒りで震えていた。

安藤と夏見は、食事をしていた。
70時間寝ずにいる夏見に「異常だ・・」という安藤に
同じ店にいた、三上が「怨念だ」と説明する。

安藤に精がつくものをと注文する夏見
そんなんだから結婚できないんですよと言う安藤に
夏見は、バツイチ、子持ちだと説明する。

・・・・・・・・・・

大手新聞社社会部デスク・佐藤和夫(香川照之)は、
家に帰ると
 
「なんだまだ寝てなかったのか」と娘・美央に声をかける。
「そっか
もうすぐあたらしいお手伝いさんがくるからね」と話す。

佐藤和夫・・夏見と離婚し、娘・美央と暮らすバツイチ男。大手新聞社の社会部デスク。
今回の事件にも深く関わる。
5年前の事件で娘が精神を病んだことを機に、離婚を決意。
再婚もせず一人かたくなに娘を守って生きている。
・・夏見の元夫ですね。


平井は、直接、久留米の担当の編集者・野口(入江雅人)に自分のことを売り込む。
久留米隆一の作品は、自分が書いている。
僕をデビューさせてください。
久留米隆一郎についてすべて話します。と訴えてみたものの
野口は
「それだけ?、めずらしい話じゃないんだよ」と
平井の話に耳を傾けようともしなかった。

その様子を久留米の秘書の女性が見ていた。

理恵子が帰ると、あとをつける人物がいた。
夏見に電話をかける。
「雪姉、うちの近くなんだけどつ誰かついてきてるような気がして・・」
夏見は、角曲がって走って!と指示
理恵子は、公園を走り抜ける。

なんとかエレベーターに乗り込み、4階に行く。
夏見が、心配して携帯にかけるが、電波が届かなかった。
警察をまわすように杏奈に手配してもうら。

理恵子が、部屋に入ると
すでに男性が部屋にいた。
「ただひこ・・」

彼は、理恵子の元彼だった。
合鍵で部屋に入ったという。

『返して
もうあなたの荷物、なにもないでしょ?
悪いけど帰ってくれる?」

ただひこは、「自分が恐怖のどん底に陥れるすげーの書いてるんだ
人が次々と殺されるんだ
オレの才能が世間に認められるんだよ!」
「昨日のメール、T.Hって・・」
理恵子が青くなっていると、夏見がまわした警察がくる。
しかし、応答がないため、家人は、在宅してないようですと
判断する。
夏見も理恵子のマンションに来て、管理人にマスターキーを借りるように
指示する。

理恵子は、ただひこにつかまっていた。
バタバタと暴れた瞬間、時計が落ち、悲鳴が聞こえた。
夏見は、その音を聞き
「開けなさい!」とドアに詰め寄り、マスターキーで開ける。

ただひこは、窓から逃げていた。
夏見は、安藤に追うように命令する。

夏見は、理恵子に警察で事情を聞くからと促すが
首を振る。
なんかあったら連絡してと、夏見は、松本の部屋を後にする。
安藤も犯人を取り逃がしてしまった。

理恵子は、なんでただひこをかばったんでしょうね・・
元彼だから?
でも、彼が部屋にいた様子だと愛情はなさそうでしたけどね。


「安藤、飲みいくよ」
夏見は、安藤を連れて居酒屋へ。

翌朝。
安藤の隣には、裸の夏見が。
安藤も全裸だった。

「次の殺しは、公園か、まったく別の場所か」
「雪平さん、服着ませんか?
・・雪平さん、してはいませんよね?」
「ん・・?」

「自分たちその・・してはいませんよね?」
「なにを」
「なにをって・・」
「だからなにを?」

「・・殺し、起きますかね」
「起きるでしょう
それで犯人のル−ルがわかる」

二人の間には、一体・・(笑)
でも、聞くのを諦めてる安藤も無駄だとわかったのでしょうか。


「この間から気になってるんですけど
なんで悪いやつばかり考えてるんです?
なんで一生懸命にになれるんです?」と聞く安藤。

夏見の過去・・・
「お父さん!」
父の遺体現場にかけつける夏見
父が遺体であった場所に同じように寝転ぶ。
夏見の目から涙がこぼれた。

「ルールとか正義とかきれいごとの理屈で
犯罪者たちが放置されている
絶対許さない」

「雪平さん、下、履きませんか?」
「ああ」
夏見は、思い出したようにズボンを履く。

そんな折、新聞、出版などマスコミ各社に『推理小説・上巻』と表題が付けられた
原稿が送られてきた。
真剣な表情で、『小説』を読む夏見。
そこには、犯人しか知りえない殺人事件の詳細が書かれていた上、次なる殺人の予告まであった。

久留米隆一郎のデビュー三十周年記念パーティー
瀬崎や、出版社仲間も来ていた。
そこで、同期の野口と会う。
野口は、誠文出版の編集者で、確実に
出世していた。

「売れる本は、中身じゃなくて、仕掛けだよ」という野口に
瀬崎は反抗するものの
「岩崎書房で自慢できる仕事したのか」と言われ
何も言えなかった。

理恵子のところに
『編集者は落ち、人々は僕の才能を認める T.H』と書かれたメールが届く。

「まさか・・」

その頃、届いた小説を読んだ人物たちは、今日のことが書かれていることに
気づく。

『東京。世田谷。香緑苑。1月12日
パーティー会場から編集長を屋根裏部屋に呼び出す。』

先生なら今、お手洗いにという秘書
野口は、2階に向かう。
そこでは、野口が犯人にナイフで追い詰められる。

『しかし私は、許さない
私は、編集者をいたぶり追いつめ
ヤツの恐怖を存分に楽しみ腹にナイフを突き立てた。
そして・・』

「先生まだかしら」と女性がいうと

上から殺された野口が落ちてきた。

野口の死体事件は、警察にも届く。

現場に急行した夏見は安藤と合流。
安藤から、「アンフェアなのは誰か?」という本のしおりが見つかったことを告げられる。
「どこで見つけた?」という夏見に、「あの人のポケットの中です!」と安藤。
指差した先に立っていたのは、瀬崎だった。

警察署の取調室。
「では、このしおりに見覚えはないですね」と夏見は瀬崎に聞く。
瀬崎は、見覚えがないという。
しかし、野口とは、久留米の作品をめぐってライバルだったと話す。

「瀬崎一浪さん、あなた、変わってる。
あなたは、目の前で知り合いが殺され
事情聴取を受けているのに落ち着いている。
なぜですか?」
「悲しいからって泣いたりそういうのリアルじゃない気がするんですよ
そういうのってなんていうか・・」
「下品・・」
「そう、それ。」
「瀬崎さんて面白い方ですね
これって誰のことだと思います?」としおりを見せる

「自分をフェア、つまり自分を正しいと思ってる人。
正義って往々にアンフェアなものだから」
取調べ中、ずっと雪平から目をそらさない瀬崎に、夏見は興味を持つ。

犯人像がつかみきれない中、捜査本部に『推理小説・予告編』と題した
殺人予告が送られてきた。
殺人を止めたければ、小説の続きを落札しろというのだ。
期限は3日後で、最低入札価格は、3000万円。
さもなければ、「愛する者」を殺すという。
そんななか、別れて暮らす夏見の娘・美央(向井地美音)のもとには牧村紀世子(木村多江)という新しい家政婦がやってきた。


すごく展開が速かったですね。
警察が出たと思えば、出版社だったり夏見の夫(記者)が出てきたり
集中しないとわからなくなるなと思いました。

でも、お色気もあり、影の部分もあり、できる刑事の篠原さんは、ぴったりですね。
冒頭、人質を助けたシーンは、かっこよくて拍手しちゃいました(笑)

事件の方は、そのまま素直に考えれば、ゴーストライターの平井が書いた小説の通りに
殺人が進むと考えられそうですが、(犯人は、平井説)
この動じない瀬崎もなにかしらかかわりがありそうですね。
(バカにした野口や、久留米にもうらみがありそう)
新しい家政婦さんも謎がありそうですね。
5年前の事件もリンクさせてくる可能性もありそうで、まだまだ事件は奥深そうです。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆


【キャスト】
雪平夏見 (捜査一課刑事) …  篠原涼子
安藤一之 (捜査一課刑事) …  瑛太
小久保祐二 (捜査一課係長) …  阿部サダヲ
蓮見杏奈 (捜査一課情報解析係) …  濱田マリ
・    
三上薫 (検視官) …  加藤雅也
・    
久留米隆一郎 (ミステリー作家)…  井上順 (特別出演)
牧村紀世子 (家政婦)…  木村多江
山路哲夫 (捜査一課管理官)…  寺島進
佐藤和夫 (大手新聞社社会部デスク)…  香川照之
瀬崎一郎 (雑誌編集者) …  西島秀俊

松本理恵子(小林麻央)… 平井の元恋人 雪平を慕う
平井唯人(眞島秀和) … ゴーストライター

秦建日子のブログ
原作者の秦先生のブログです。

推理小説
推理小説秦 建日子

河出書房新社 2005-12-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


主題歌
Faith
Faith伊藤由奈

ソニーミュージックエンタテインメント 2006-03-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









posted by まりこ(^▽^) at 23:08 | 東京 ☀ | Comment(12) | TrackBack(29) | アンフェア | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
こんばんは!

アンフェア、予想よりもはるかに面白かったです。テンポも良くて、ハラハラドキドキであっと言う間に終わってしまった。犯人探しでこれからも楽しめそうです(笑)
Posted by アンナ at 2006年01月11日 23:29
まりこさん、こんばんわ。
クールな雪平刑事。部屋が汚すぎました。
なかなか楽しくなりそうですね。
Posted by mari at 2006年01月12日 00:51
こんにちは。

最初に人質を助けるシーンはかっこよかったですね。延々と無期懲役の可能性を訴える刑事より全然いいやり方だって思いました。
あのまま、見守るだけだったら、犯人がPSTD(?)の原因になっただけのことですよね。

これから、犯人のことをあれこれ考えられるかと思うとすごく楽しいです。
Posted by ひいな at 2006年01月12日 08:52
まりこさん、こんにちは。
アンフェア、おもしろかったですね。
ストーリーもテンポいいし、登場人物も魅力的で。
続きもとても楽しみです。
Posted by honey at 2006年01月12日 09:46
まりこさん、こんにちは。
登場人物が多く、それぞれの物語に引き込まれていきそうです。
篠原さんのけだるさを表現する演技がとてもよかった!
Posted by ちーず at 2006年01月12日 09:51
アンナさんへ
テンポもよく、一気に見せてくれましたよね。
犯人探しは、私も楽しみです^^
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年01月12日 10:13
mariさんへ
クールな雪平刑事でしたが、掃除は苦手のようで(笑)
楽しませてくれそうですね!

Posted by まりこ(^▽^) at 2006年01月12日 10:17
ひいなさんへ
冒頭の雪平刑事は、強気でしたが
かっこよかったですね!
犯人を推理したり、これからが
楽しみです^^
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年01月12日 10:20
honeyさんへ
ストーリーもテンポもよかったですね。
篠原さんも魅力的です!
続きが待ち遠しいですね^^
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年01月12日 10:23
ちーずさんへ
事件解決だけでなく、いろんな伏線がありそうですね。
篠原さんのけだるい雰囲気!
色っぽくてよかったです^^
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年01月12日 10:25
そうそう!何で理恵子は夏見にただひこの事を言わなかったのかが不思議でした。そしてただひこが理恵子の部屋に侵入した目的は???
その辺は今後解明されていくのかなぁ。
色んな気になる要素がてんこもり!
一話完結だと勝手に決めつけてラストには犯人もわかるだろうと安心して見てたのに・・・(笑)
早く続きが見たいです♪
Posted by まこ at 2006年01月12日 11:24
まこさんへ
私もどうして理恵子がただひこをかばったのか
わからなかったんですよ。
あの場で、突き出していれば、展開も変わったように思うんですけどね。
犯人がわかるのは、まだ先そうですが
続きが楽しみですね!
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年01月14日 03:50
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


アンフェア@〜敏腕女刑事VS予告殺人〜
Excerpt: あんまり期待していなかったのに、面白かった。@話完結かと思いきや、推理もので 続く。。。来週も見るっきゃないでしょ(笑)オープニングの雪平夏見(篠原涼子)の登場シーンはカッコ良かった〜犯人に「めんど..
Weblog: アンナdiary
Tracked: 2006-01-11 23:26

アンフェア
Excerpt:  このクールは観たいドラマが多い。その一つ「アンフェア」をまず観た。  最初に、主人公である雪平の正義のためには手段を選ばないキャラを表現するためのプチ事件で始まる。その後、本編である連続殺人事件が..
Weblog: ザクとは違うのよね
Tracked: 2006-01-11 23:53

伊藤由奈.netが復活
Excerpt: 伊藤由奈.netが復活したという事で、伊藤由奈ちゃんの知られていない?!プロフィールを紹介(^o^)/~~~
Weblog: 伊藤由奈 .net
Tracked: 2006-01-12 00:31

【ドラマ雑感】 アンフェア ( I /全11回) 「敏腕女刑事vs予告殺人」
Excerpt:  アンフェア(新番組/第1話)◇小説で予告された連続殺人事件が発生。破天荒な女性刑事がその謎に挑む。秦建日子原作、佐藤嗣麻子脚本、小林義則ほか演出。雪平(篠原涼子)は警視庁捜査1課の検挙率ナンバーワン..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2006-01-12 00:36

気になるドラマ、篠原涼子主演「アンフェア」
Excerpt: 秦建日子「推理小説」価格: ¥620 (税込)
Weblog: 快投乱打な雑記帳
Tracked: 2006-01-12 00:37

フジテレビ「アンフェア」第1話:敏腕女刑事vs予告殺人
Excerpt: 「ドラゴン桜」の脚本が記憶に新しい秦建日子さんの小説デビュー作「推理小説」のドラマ化。篠原涼子の魅力とテンポのよいストーリーの展開に、ぐいぐい引き込まれました。
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2006-01-12 00:40

■ アンフェア 第1話(1/10)
Excerpt: <font color=red size=3><b>アンフェア</b> 第1話「敏腕女刑事VS予告殺人」</font> <font c..
Weblog: つよく、かっこよく、かわいく生きたい♪
Tracked: 2006-01-12 00:57

アンフェア#1
Excerpt: おもしろかったです! これでもかとばかりに、出るわ出るわ怪しい人が(;´▽`) 犯人候補のオンパレードで、なんかものすごく得した気分になりました。 細かなヒントも随所に出ていると思われる..
Weblog: 今日もお部屋で -アニメ過多TV中心生活-
Tracked: 2006-01-12 01:00

アンフェア:第1話
Excerpt: 今日から始まった新ドラ「アンフェア」。 見ようか見まいかぎりぎりまで悩んだけど 結局見てみることに。 お〜結構はまった☆☆ 「アンフェアなのは誰か?」 篠原涼子がいい味
Weblog: Nの鼓動
Tracked: 2006-01-12 02:39

死体と同じ景色を見る女。(「アンフェア」第1話)
Excerpt:  佐藤嗣麻子脚本ということでチェックいれてました「アンフェア」。原作も脚本家(秦建日子)の方の小説、だと判るまで、何で脚本(家)が別に? って思ってたのですよ。  今第1話を見終えました。  イイ..
Weblog: 無駄な事なんて一つも無いんだよ。
Tracked: 2006-01-12 03:03

「アンフェア」の話
Excerpt: 「アンフェア」T(視聴率15.7%)を観ました。今期の連ドラ中、期待していた1本「アンフェア」が始まりました。脚本家・秦建日子さんのデビュー小説「推理小説」が原作。(本作の脚本は佐藤嗣府子さんです。)..
Weblog: のらさんのうだうだ日和
Tracked: 2006-01-12 08:48

Ns’ あおい 第1回
Excerpt: まずはお知らせ♪ 1週目は簡単な評価とレビュー書き続けるかどうかの予想を書きます。 そして、レビューをやめてしまうものから告知をしていきます。 遅くとも3回目までにはレビューするのがどうか決めます。..
Weblog: あっちゃん語録
Tracked: 2006-01-12 08:53

アンフェア 第1話
Excerpt: 「アンフェアなのは誰か?」
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2006-01-12 09:17

「アンフェア」#1
Excerpt: すごい。おもしろい。話にぐんぐんと引き込まれてしまいました。 篠原涼子は、コメディもシリアスもイケル、本当に良い女優さんになったと思います。 雪平役、本当に格好良かった
Weblog: 風の便り
Tracked: 2006-01-12 09:17

アンフェア 第1回『敏腕女刑事VS予告殺人』 感想
Excerpt: よかったと思いますよ。
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2006-01-12 09:26

アンフェア I
Excerpt: 『敏腕女刑事VS予告殺人』 メガロポリス東京――。 毎日のように凶悪犯罪が起きるなか、警視庁捜査一課の検挙率ナンバーワン刑事・ 雪平(篠原涼子)は、今日も容疑者逮捕に奔走している。 悪い奴を捕まえる..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2006-01-12 09:57

アンフェア
Excerpt: 登場は颯爽と。人質にナイフを近づける犯人に、 銃を構えて堂々と近づいていく刑事が一人。 おきまりの、破天荒刑事を絵に描いたようなシーン。 しかしこれが、篠原涼子が演じる女刑
Weblog: かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
Tracked: 2006-01-12 10:10

アンフェア 第1話:敏腕女刑事VS 予告殺人
Excerpt: ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ ビビり王なあたしにゃ心臓に悪いっす{/ase/} だから推理モノは苦手なんだなぁ・・・ 女子高生が暗い公園内を進路に選んだ時点でもう何かが起こるってドキドキ{/kae..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2006-01-12 11:29

アンフェア 期待度☆☆★
Excerpt:  小林麻央が出演することを知らなかったので、驚いた。そして青ざめた。主要キャスト中に入ってないわりには悪い意味で目立っていた。この先、大事な場面であの声でじゃべられたらぶち壊し。もう一人、平井という役..
Weblog: レパードタイガーのドラマ理論(上級)
Tracked: 2006-01-12 12:59

アンフェア第一話
Excerpt: 篠原涼子がでているので見たのですが、脇役の方も個性がある人がけっこういて面白かったですね〜こういう刑事物って好き嫌いがあるとは思いますが、私は好きです☆あと篠原さんの上司役の寺島進さんもけっこう好きな..
Weblog: 主婦のたわごと
Tracked: 2006-01-12 14:38

アンフェア 第1話
Excerpt: ネット上における1月クールの期待度No.1ドラマかな、と思ったのがこの「アンフェア」。 あくまで僕が読んでるブログ内でですけど。 原作は「ドラゴン桜」などの脚本家、秦建日子の「推理小説」ドラゴ..
Weblog: 自己満族
Tracked: 2006-01-12 19:03

アンフェア・第1話
Excerpt: 脚本家・秦建日子さんの処女小説「推理小説」が、このたびフジテレビ系でドラマ化されました。
Weblog: あずスタ
Tracked: 2006-01-12 21:55

アンフェア 第1話
Excerpt: #1 敏腕女刑事vs予告殺人 メガロポリス東京――。毎日のように凶悪犯罪が起きるなか、警視庁捜査一課の検挙率ナンバーワン刑事・雪平(篠原涼子)は、今日も容疑者逮捕に奔走している。悪い奴を捕まえるために..
Weblog: *82beans
Tracked: 2006-01-13 00:23

アンフェア 第1話〈TV〉
Excerpt: 新宿中央公園で、ふたりの刺殺遺体を発見。見習いの刑事・安藤(瑛太)とともに遺体発見現場を訪れた雪平は、植え込みに落ちていた本の栞を押収する。そこには、「アンフェアなのは誰か?」との文字が・・・キャスト..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2006-01-13 14:09

アンフェア第1話を見て
Excerpt: 旬ですね。デューク更家のシュンシュンみたい。
Weblog: プリンに抹茶と生クリーム
Tracked: 2006-01-15 02:32

ドラマ・アンフェア 〜第1回〜
Excerpt:  息もつかせぬようなスリリングな展開とキャストの演技力に裏打ちされた上質のユーモアが絶妙のハーモニーを奏でている作品ですね。中でもやはり、ヒロインの篠原涼子の女性版ハードボイルドとも言えるような、大人..
Weblog: いわぴいのドラマ日記
Tracked: 2006-01-16 07:08

アンフェア 一話
Excerpt: を見た。 いい!面白い!今回のクールの中でいちおしかもしれない と思うくらいに面白かった。 どこがとか何がではなくて、全部私のつぼに入ってくる お話でした。 ただふと思ったのはあの裸の後..
Weblog: Simple*Life
Tracked: 2006-01-16 12:46

・ドラマ「アンフェア」1話&2話
Excerpt: フジテレビ系列で放映されている、ドラマ「アンフェア」(関西テレビ・共同テレビが制作)。やっとこさ、第1話をビデオから一生懸命見て、そして、今日、2006年1月17日(火)に放送された第2話をリアルでみ..
Weblog: たまちゃんのてーげー日記
Tracked: 2006-01-18 16:37

アンフェアのあらすじ
Excerpt: ■本日のホットキーワードアンフェアのあらすじキーワード月間検索回数Google検索結果GoogleKEIYahoo検索結果YahooKEIアンフェア あらすじ17,193 回68,700 件4302...
Weblog: 無料検索エンジン上位表示 キーワードアドバイスツールダブルプラス
Tracked: 2006-11-24 20:52
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。