Top 2009年(1月〜3月) >ラブシャッフル 第七話「満月の夜の告白」
2009年02月28日

ラブシャッフル 第七話「満月の夜の告白」

正人の書斎に忍び込んだ啓と愛瑠はそこで正人が幸せそうな笑顔で写る2ショット写真を見るが、なんと正人と一緒に写っていた恋人とは旺次郎にそっくりな青年の姿だった。

正人の元恋人が同姓の男性だったという意外な事実に衝撃を受ける啓と愛瑠。そんな二人の前に戻って来た正人は自分がバイセクシュアルだと告白する。
正人の告白に驚きつつも啓と愛瑠は今まで通り正人と接するよう努める。
 
そんな中、2周目に入っているラブシャッフルでは、今週は啓と海里(吉高由里子)、愛瑠と正人、旺次郎と芽衣(貫地谷しほり)、諭吉(DAIGO)と玲子(小島聖)という組み合わせで行われる。
 
芽衣の意中の人が正人ではないと判り、旺次郎は啓に自分が芽衣の意中の人ではと発言。
啓は旺次郎からもしそうなら素直に芽衣を諦めて吹っ切った方が言いと言われてしまう。そんな啓に強い友情を抱く諭吉は芽衣のことで気を揉む啓のために、芽衣の動向を監視するが……。

※※
愛瑠は、啓のことが好きになってしまったようですね。
芽衣から、元に戻ると聞いたとき、顔色が変わっていました。
啓も芽衣から元に戻ると聞いて、少しぎこちなかったですね。
このあたりは、微妙な温度差が出てきているのかも。

芽衣が気になっていたという男性は
表向きは、誰もいないということでしたが
旺次郎には、諭吉が気になっていると告白。
その傍には、啓のために芽衣の調査をしていた変装した諭吉が聞いており・・。
諭吉は、芽衣に傾いてしまうのでしょうか。

また、海里を束縛する父から救ったのは、旺次郎でした。
海里を迎えにきた旺次郎、かっこよかったです。
海里の父は、ただ海里を束縛してたのではなく
海里が自殺してしまうのではという恐怖とずっと戦っており
絵ばかり描かせていたのは、絵を描いている間は、夢中になっているので、安心できたからというものでした。
海里が旺次郎と行ってしまう直前に
なじるのではなく、スケッチブックと鉛筆を持たせたあたり
この人も海里を大事に思っている父親なんだなと思いました。
啓は、ラブシャーの輪で海里を絶対死なせないと約束します。

海里は、旺次郎の家に居候することになり、幸せそうでしたが
正人は、そんな海里にそっと近づき
「いずれにしろ君は死ぬ。
そうだね?海里」という正人
うなづく海里に正人は笑顔を見せ・・。
これはどういう意味でしょうか。
正人は、海里の医師であるのに、自殺は止められないと
思っているのでしょうか?

また、玲子の意外な秘密に気づいたのは、諭吉でした。
諭吉は、会社をいくつか持っており
その会合などで、玲子の夫を見かけたことがあるといいます。
実は、玲子は、政治家の娘で
夫は、父親の秘書だったようですね。
夫は、ホテルから女性とでてくるシーンもあったので
二人の関係は、もっと複雑なのかもしれません。

このラブシャー、意外に単純なようで複雑・・かも??


引用元…ラブシャッフル 公式HP
ラブシャッフル Wikipedia

視聴率
10.0→10.7→8.2→9.6→8.9→8.3

★エンドロールは、トランプの柄の中にその回のNGシーンやオフショットなどが入っています。
注目です!

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

ドラマ内で使われました!




★TBS金曜ドラマ 『ラブシャッフル』 番組提供食器コーナー



主題歌 - 「Fantasy(邦題:宇宙のファンタジー)」アース・ウィンド・アンド・ファイアー


挿入歌 - 「ETERNAL FRAME(邦題:胸いっぱいの愛)」バングルス


関連記事
ラブシャッフル 第一話
ラブシャッフル 第二話
ラブシャッフル 第三話
ラブシャッフル 第四話
ラブシャッフル 第五話
ラブシャッフル 第六話

キャスト
・宇佐美啓(29) - 玉木宏
本作品の主人公。一流IT企業課長。
・香川芽衣(25) - 貫地谷しほり
家事手伝い。主人公の婚約者で社長令嬢。
・逢沢愛瑠(25) - 香里奈
三ヶ国語を操るフリーの通訳者。父親は外交官。
・大石諭吉(29) - DAIGO(BREAKERZ)
巨万の富を持つ株トレーダー。
・世良旺次郎(26) - 松田翔太
女性グラビア専門のプロカメラマン。
・上条玲子(34) - 小島聖
世良旺次郎の彼女。超セレブで魅力的な人妻。
・菊田正人(32) - 谷原章介
心療内科の開業医。「ラブシャッフル=恋人交換」を提案。
・早川海里(19) - 吉高由里子
父親が画廊の経営者。豪邸に住む美大生。

・上条裕也 - 尾美としのり
玲子の夫
・香川浩介 - 野村祐人
芽衣の兄で、啓の勤めていた会社の常務。

スタッフ
脚本 - 野島伸司
プロデューサー - 伊藤一尋
演出 - 土井裕泰、山室大輔、坪井敏雄
制作 - TBSテレビ
製作著作 - TBS








posted by まりこ(^▽^) at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


《ラブシャッフル》#07
Excerpt: 「えーと、菊リンの恋人はOちゃんに似ている。ここまではいいよな。」 「うん」 「で、菊リンは男で、相手も男、ってことは要するに菊リンは・・」 「何してるの?」 「ゲイ!」
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2009-03-02 01:00
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。