Top 2009年(1月〜3月) >ヴォイス〜命なき者の声〜 第七話「命がけのタイムセール」
2009年02月24日

ヴォイス〜命なき者の声〜 第七話「命がけのタイムセール」

東凛大学の解剖室に、60代の女性が運び込まれる。
そんな中、加地大己(瑛太)と羽井彰(佐藤智仁)は、夏井川玲子(矢田亜希子)から解剖の作業に参加するように言われる。
執刀する佐川文彦(時任三郎)から注意を受け、解剖が始まろうとしたとき、解剖を中止しろと言う声がする。声の主は、女性の夫・野間口功(石橋蓮司)だった。



 一度は解剖を承諾したが、妻は解剖を望んでいないし、生き返ることもないからという野間口。
佐川が解剖の必要性を説いても納得せず、女性は無言の帰宅をすることに。
そのやりとりを見ていた久保秋佳奈子(石原さとみ)は、研究室を飛び出していく。
そんな佳奈子を、大己、石末亮介(生田斗真)、桐畑哲平(遠藤雄弥)、彰が追う。
野間口に駆け寄った佳奈子は、真実がわからないままでいいのかと声をかけるが、野間口は聞く耳を持たない。
研究室に戻ったゼミ生たちが解剖の必要性について意見交換する中、佳奈子はやはり必要性を感じると言う。
大己は、母親を亡くしている佳奈子にこそ伝えられることがあるだろうと話し、5人は野間口の自宅を訪ねることに。
野間口と対峙した佳奈子は母親の話を始め、死因がわからないままでいることの辛さを訴えるが、翻意させることはできない。
 
その後、5人はさらに解剖の必要性について話し合う。
野間口の気持ちもわかるという亮平、哲平、彰に対して、佳奈子はどうしても納得がいかない。
そんな4人を見ていた大己は佳奈子を連れて
野間口に説得に向かう。

※※
解剖を嫌がる遺族の気持ちにはっと
しました。
身内の体にメスなど入れたくはありませんよね。
でも、遺族でもあった佳奈子や、大己は説得します。
そして、大己は矛盾点を発見します。
静代は、スーパーのタイムセールスに行く前に
目覚まし時計を購入しており
その時点でも、脂汗をかきながら痛そうにしていたこと。
また、通っていたダンス教室で、先生の飼っている犬が苦手だと聞いていたのにもかかわらず
犬を購入したこと・・。

夫・功は、疑問を解き明かすため、解剖に踏み切ります。
解剖の結果、死因は、スーパーで打った時の
脾臓破裂に伴う出血性ショックでしたが、
解剖で、静代が末期の胃がんをわずらっていたことが
わかりました。
血液中から、抗がん剤も見つかったので、おそらく
ガンであったことは知っていたということ。
また、最新式の洗濯機を購入したのも
家事の苦手な功のため、犬も自分がいなくなってから
寂しくないように購入していたこと。
ダンス教室では、振り付けがなかなか覚えられないからと
座っていたと聞いていましたが、実は家にいると心配をかけるからと無理に通っていたこと。
同じ肉豆腐を何度も作ったり、必要もない目覚まし時計を
購入していたのも、ボケていたのではなく
限られた時間の中で、食べさせてあげたかったから。
目覚ましには、静代の声が吹き込まれており
自分の声でないと起きられないだろうと録音していたことが
明らかになり、功や、死因を伝えた大己や、佳奈子も
静代さんの夫への気持ちの深さに
涙をこぼします。

また、今回は、彰の解剖に対する不安さも
クローズアップされていました。
解剖を前に心のどこかで逃げたい気持ちがあったと
亮介や哲平に
話していると、玲子から「法医学やめたほうがいいんじゃない?
ご遺族にも失礼だと思わない?
無理して続けなくてもいいんだけど」と厳しく指摘されます。

落ち込む彰に
亮介は、自分のイメージなんて当てにならない。
本当に怖いのは自分に失望することだと思った
と励まします。
彰は、ご遺族のために少しでも力になりたいんですと
自ら解剖に立ち向かいます。

佳奈子と大己は、二人で行動することが
多かったですね。
スーパーの試食売り場でソーセージを食べる大己に
彼女もどうぞといわれ、違うと反応してしまう佳奈子。
大己は、そういう意味じゃないと思うと
冷静に分析してましたが
佳奈子はかなり意識している様子(笑)

また、死因を伝えた帰り。
大己は佳奈子の顔をずいぶん間近でみつめてましたが
あれは、ちょっとどきっとしてしまいますよね。
おそらくニヤニヤしてからかいの意味も込めてなんだと
思いますが大己の茶目っ気には佳奈子も振り回されぎみのようです。


引用元…ヴォイス〜命なき者の声〜 公式HP
ヴォイス〜命なき者の声〜 Wikipedia

視聴率
17.7→17.4→15.0→12.3→16.0→15.2→13

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking


月9ドラマ ヴォイス 石末亮介(生田斗真)モデル


フジテレビドラマ「ヴォイス」で使用されました!
(ピンク×グレー)
※表記はグレーですが、ブラウンに近い色です。


主題歌
GReeeeN『刹那』

関連記事
ヴォイス 第一話
ヴォイス 第二話
ヴォイス 第三話
ヴォイス 第四話
ヴォイス 第五話

キャスト
加地大己(かじ だいき)- 瑛太
23歳。東凛大学医学部4年生。
石末亮介(いしまつ りょうすけ) - 生田斗真
23歳。東凛大学医学部4年生。
久保秋佳奈子(くぼあき かなこ) - 石原さとみ
22歳。東凛大学医学部4年生。
桐畑哲平(きりはた てっぺい) - 遠藤雄弥
22歳。東凛大学医学部4年生。
羽井彰(はねい あきら) - 佐藤智仁
25歳。東凛大学医学部4年生。

蕉木誠(かぶらぎ まこと) - 泉谷しげる
55歳。東凛大学法医学教室技官。
夏井川玲子(なついがわ れいこ) - 矢田亜希子
30歳。東凛大学法医学教室助教。
佐川文彦(さがわ ふみひこ) - 時任三郎
55歳。東凛大学法医学教室教授。

羽井鳳子(はねい ほうこ) - 濱田マリ
42歳。彰の母で、沖縄料理店を営んでいる。
石末貴之(いしまつ たかゆき) - 名高達男
50歳。亮介の父親で、石末総合病院院長。
大和田敏(おおわだ びん) - 山崎樹範
35歳。南府中署刑事。

第七話ゲスト
・野間口静代☆ - 赤座美代子
死因は脾臓破裂に伴う出血性ショック。(解剖結果で死因とは別に末期の胃がんであることも分かった)
・野間口功 - 石橋蓮司
野間口製靴の店主。
・スーパーの店員 - 坂本真
・花山幸子 - 宍戸美和公
静代が通っていたダンス教室の講師。
・電器店の店長 - 村松利史
静代が洗濯機、目覚まし時計を買いに行った店。

スタッフ
脚本 - 金子茂樹
プロデュース - 瀧山麻土香、東康之
演出 - 成田岳、松山博昭、石井祐介
音楽 - 吉川慶
制作 - フジテレビドラマ制作センター
制作著作 - フジテレビ



















posted by まりこ(^▽^) at 17:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
まりこさん、こんばんは。
今回はまた違った観点からのストーリーでしたね。
確かに、すべての遺族の方が解剖を望むとは限りません。
事件性が無く、死因がハッキリしていればいいのですが、それでもなお本当の所はわかりません。

私は、この作品が切っ掛けで、生きている間にしなければいけないことについて、考え始めました。
まだまだ、答えは見つかりませんが・・・
Posted by しろしろきつね at 2009年02月24日 22:14
しろしろきつねさんへ
私も解剖について改めて考えました。
ほんとうに難しいですよね。

生きてる間にしなければいけないこと・・
本当にそうだと思います。
亡くなった人の最後の声を聞くたびに
痛感してしまいます。
Posted by まりこ at 2009年02月25日 07:57
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。