Top 2009年(1月〜3月) >トライアングル 第七話「上海の夜 引き裂かれた絆」
2009年02月18日

トライアングル 第七話「上海の夜 引き裂かれた絆」

サチ(広末涼子)の兄であることを告白した志摩野(堺雅人)、25年前の事件の何かを知っているらしいという秋本(佐々木蔵之介)。
2人に話を聞くため、亮二(江口洋介)は上海に向かう。一方、サチも突然現れた兄に戸惑いながらも、志摩野に会おうと上海へ発つ。

上海で亮二を迎えた秋本は、現地での志摩野の評判を話す。
土地開発事業でやり手として名を馳せているが、その強引な手口に悪い噂が絶えないという。

サチも同席する中、亮二と秋本に身の上を語り出す志摩野。
志摩野の母は、父の仕事の関係で移り住んだ上海で精神不安定な状態に陥り、父が病死すると、生後間もないサチを抱いて日本に帰った。
上海に置き去りにされた志摩野は不動産業を営む夫婦に引き取られ、後に母が大阪にいることを知ったが、母はすでにサチを捨て、志摩野のことも忘れていた。

志摩野は、佐智絵殺しに清子(風吹ジュン)と新藤(宅麻伸)が関与しているものと思い、酷い真相をサチが知るのを恐れたという。
「僕の妹だから、傷つけたくなかった」。しかしサチは「今さら、兄妹なんて…」と兄を素直に受け入れることができない。

翌日、街で志摩野が男に襲われ、カバンを奪われた。
亮二の対応でカバンは無事戻ったが、ケガを負った志摩野は、仕事上の些細なトラブルだと言い、警察を呼ぼうとする亮二らを制止する。

志摩野の身を案じた亮二は、ホテルの自分の部屋を提供して泊まらせることに。
サチと明日も会う約束をした志摩野は「上海に会いに来てくれてありがとう」と微笑んで部屋に消えた。

夜、秋本の部屋に移った亮二に東京の舜(稲垣吾郎)が志摩野の実情を知らせてきた。
会社は破産手続きをとっており、志摩野本人も不法な利益を得たとして詐欺罪で訴えられているという。

秋本は、舜が25年前に事件を担当した信造(北大路欣也)の息子と知っていた。そして、富岡(谷原章介)に信造が怪しいと告げたことを明かす。
翌朝、姿を見せない志摩野を心配して部屋に入った亮二とサチは、倒れている志摩野を発見する。志摩野は、死んでいた!死因は毒物死。部屋に争った形跡はなく、鍵もかかっていたことから、地元警察は自殺と断定する。だが亮二は他殺を疑う。事業の失敗で追い詰められていたとはいえ、翌日もサチと会う約束をしながら自殺するとは考えられない。

日本に戻った亮二は、インターポールを通じて情報を取り寄せ、そこから判明した苛酷な真相をサチに告げる。
志摩野を死に至らしめた毒物は、日本でしか入手できないこと、そして志摩野の死の前日、亮二の部屋番号を確認する日本からの電話がホテルにあったこと…。
つまり日本から来た誰かが、亮二を殺そうとして毒物を仕込んだのだ!
「あなたの身代わりで、私のお兄ちゃんは殺された!」。
志摩野への抑えていた思いが溢れ出し、サチは慟哭する。

その頃、帰国した秋本が信造に呼ばれ、、舜も顔を揃える中で25年前の事件の日のことを話していた。
「見たんですよね。殺害現場から逃げるように走っていく郷田の姿…」。

一方、亮二も抱えていた秘密をサチに打ち明ける。
「なぜ俺が時効を過ぎるのを待っていたか、なぜそのことを誰にも言えずに黙っていたか。君にすべてを話そう」。
あの日、佐智絵の遺体を発見した亮二。何かの気配に振り向こうとしたその瞬間…!


志摩野が殺されえてしまうとは・・。
予告ではわかっていただけに
複雑でした。
彼のサチへの思いがとても優しいもので
泣けてしまいますね・・。
母親は子供を捨てた人でしたが
名付け親でもあった志摩野は、サチを
必死で探したのでしょうね。
これから二人・・と思っていただけに残念です。

亮二は、事件についてやはり重要な鍵を握ってました。
25年前、現場で犯人らしき人物を見てるんですね。

そして秋山もなぜか均や信造、舜のいるところで
25年前、現場で郷田が立ち去ったと証言。
この立ち去った郷田というのは、
佐智恵が倒れているのにびっくりして
彼女をゆすり
(第一話冒頭での手についた血痕はそのため)
(誰かを見て?)逃げたときの後ろ姿だったと
思われます。
秋山も舜と同じで亮二の味方なのか敵なのか
まったくわかりません。

冒頭のシーンで思い出しましたが気になってるのは
亮二の亡くなった兄のこと。
確か兄は、血のついた手を洗う亮二に
時効のことを告げています。

また、清子は、サチに過去のことを打ち明ける際に
まだあなた(均)のことは何も言っていないと
話してました。

まだ、何か秘密がありそうです。


引用元…トライアングル公式HP

視聴率
14.7→11.1→11.9→11.5→11.6→10.8

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

ドラマで使用されています。


第4話で、風吹ジュンさんが使用されました。


B001PO4XLCさよならは 言わない
小田和正
BMG JAPAN Inc.(BMG)(M) 2009-02-25

by G-Tools


B001PBQMDMトライアングル オリジナル・サウンドトラック
澤野弘之
BMG JAPAN 2009-02-25

by G-Tools


原作です。
4048738658トライアングル
新津 きよみ
角川グループパブリッシング 2008-09-25

by G-Tools


関連記事
トライアングル 第一話
トライアングル 第二話
トライアングル 第三話
トライアングル 第四話
トライアングル 第五話
トライアングル 第六話

キャスト
・郷田 亮二(35):江口洋介(小学生時代の亮二:広田亮平)
国際警察刑事。
・黒木 舜(32):稲垣吾郎
大田西署の刑事。
・サチ(30):広末涼子
画家。
・郷田 唯衣(26):相武紗季
亮二の妹で、看護士。
・志摩野 鷹也(39):堺雅人
謎の男。
・富岡 康志(35):谷原章介
出版社のサラリーマン。亮二とは山陽小学校の同級生。
・秋本 了(35):佐々木蔵之介
月島建設のサラリーマン。亮二とは山陽小学校の同級生。
・丸山 慶太(50):小日向文世
大田西署の警部補。
・黒木 信造(59):北大路欣也
舜の父で、警視庁刑事部長。
・葛城 均(57):大杉漣
葛城 佐智絵の父。
・葛城 清子(56):風吹ジュン
葛城 佐智絵の母。
・葛城 佐智絵:志田友美

・真知子:市川実和子
サチの友人
・志摩野の使いの者(秘書):眞島秀和

・新藤 利道/〔偽名〕狭山 次郎:宅麻伸
顔にアザのある男。
・宮部:浅野和之
25年前に事件の捜査を担当した元刑事。
・鶴屋(ツゥさん): 深沢敦

スタッフ
原作:新津きよみ「トライアングル」(角川書店刊)
脚本:水橋文美江
テーマイメージ曲:上原ひろみ「フラッシュバック」
主題歌: 小田和正「さよならは言わない」
音楽:澤野弘之、林ゆうき
プロデューサー:重松圭一(関西テレビ)、小寺健太(関西テレビ)
演出:三宅喜重(関西テレビ)、木内健人(5年D組)、白木啓一郎(関西テレビ)
制作協力:5年D組
製作著作:関西テレビ















posted by まりこ(^▽^) at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。