Top 2009年(1月〜3月) >ヴォイス〜命なき者の声〜 第六話「予期された入院患者」
2009年02月17日

ヴォイス〜命なき者の声〜 第六話「予期された入院患者」

法医学教室のゼミ生・加地大己(瑛太)、石末亮介(生田斗真)、久保秋佳奈子(石原さとみ)、桐畑哲平(遠藤雄弥)、羽井彰(佐藤智仁)は、佐川文彦(時任三郎)から生きている患者を診ると聞き驚く。
石末亮介(生田斗真)の父親・貴之(名高達男)が経営する病院の入院患者に、ミュンヒハウゼン症候群――他人の関心を得ようとするあまり、偽の症状を作り出し、通院や入院を繰り返す症状――が疑われるため、その意見書の作成を依頼されたのだ。
患者の主治医・宮島から連絡を受けた佐川は、亮介と夏井川玲子(矢田亜希子)を病院へ向かわす。


ミュンヒハウゼン症候群

患者・相馬朋子(志田未来)は中学生で、数日前に、兄・泰人(石田卓也)に付き添われ救急車で搬送されてきた。
宮島によれば、偽膜性大腸炎と診断されたが、血液検査では特に異常が見られないという。

虚偽性大腸炎

さらに、朋子は半年前から大腸炎にかかり度々通院していて処方された薬を飲んでいるはずなのに、症状が悪化しているとも明かす。
朋子に会った亮介は、明朗快活な彼女が人の関心を引くために自分から病気になっているとは信じられない。
ところが、朋子の血液のデータ解析をした蕪木誠(泉谷しげる)は、血中に偽膜性大腸炎を発症できるというペニシリンを見つける。
 
予想外の結果に佐川らは驚くが、とはいえ、中学生がペニシリンを入手できるはずはない。
誰かが、故意に飲ませているのではないか―とすれば、それは…? 大己は亮介とともに、朋子を訪ねることにする。

※※
ミュンヒハウンゼン症候群という名前も初めてでしたが
こういう病気もあるのですね。
また今回は、生きた人間でというところが違ってよかったです。

今回は、兄・泰人の意図的なものでした。
泰人は、薬科大に通っており、ペニシリンの不正な持ち出しが
明らかになっており
また、朋子の通院の日と休みの日が一致していました。
泰人の場合は、代理によるミュンヒハウゼン症候群で
近親者を病気に仕立て上げるというケースでした。
でも、朋子は、恨んでませんでしたね。
むしろ、兄のことをわかっていました。

大己は、朋子が手伝っていたギョウザもんじゃを出すお店を
一度も休んでないこと、
深夜救急車で運ばれたときにもかかわらず、パジャマを着てなかったことから
朋子は、自分の症状兄のせいだとわかっていたことを見抜きます。
しかし、朋子は、
それでも兄と一緒にいたかったと大己を責めます。
大己は、そんな朋子に
「自分を傷つけてまでお兄ちゃんのこと、支えるのは優しさじゃないよ」と告げます。

泰人は、朋子が食事に薬を入れたことを知っていたことなど
から刑事処分は見送られ、朋子は、児童養護施設へ
自分は、療養施設にいくことになりました。

大己の、「でもまだやりなおせる。
二人は、生きてるんだから」というセリフも
いつもの亡くなった人の解剖と比べて
印象的でしたね。

今回、リンクしてたのは、佳奈子と弟の祐樹でしたが
姉弟ってって離れていても、やっぱり姉弟なんですよね。
佳奈子は、大己に「健康で、生きててくれればそれでいいかなと思う」と話してました。

また、佳奈子が、納豆とツナ?のまぜたものをご飯に
乗っける料理を披露してましたが
そこに祐樹は自分の手作りの金目の煮付けを出しました。
献立にあわないという哲平たちでしたが
実は、その魚の煮付けは、佳奈子の好きなものでした。
「これはお店にだしても恥ずかしくない味だっていったんですよね。
その言葉があったから
料理の道を本気で目指そうと思った」というエピも
いいなと思いました。

また最後も佳奈子は、しっかりリベンジしてましたね。
タコウインナの足がまっすぐでオムライスの中が白米だったと
失敗談を披露した祐樹でしたが、帰りのバスの中で見た佳奈子の
弁当は、タコウインナの足もくるっとして、オムライスの中もちゃんとケチャップライスでした。
『もう昔の料理の話はするな』という手紙も
佳奈子らしかったです。


引用元…ヴォイス〜命なき者の声〜 公式HP
ヴォイス〜命なき者の声〜 Wikipedia

視聴率
17.7→17.4→15.0→12.3→16.0

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking


月9ドラマ ヴォイス 石末亮介(生田斗真)モデル


フジテレビドラマ「ヴォイス」で使用されました!
(ピンク×グレー)
※表記はグレーですが、ブラウンに近い色です。


主題歌
GReeeeN『刹那』

関連記事
ヴォイス 第一話
ヴォイス 第二話
ヴォイス 第三話
ヴォイス 第四話
ヴォイス 第五話

キャスト
加地大己(かじ だいき)- 瑛太
23歳。東凛大学医学部4年生。
石末亮介(いしまつ りょうすけ) - 生田斗真
23歳。東凛大学医学部4年生。
久保秋佳奈子(くぼあき かなこ) - 石原さとみ
22歳。東凛大学医学部4年生。
桐畑哲平(きりはた てっぺい) - 遠藤雄弥
22歳。東凛大学医学部4年生。
羽井彰(はねい あきら) - 佐藤智仁
25歳。東凛大学医学部4年生。

蕉木誠(かぶらぎ まこと) - 泉谷しげる
55歳。東凛大学法医学教室技官。
夏井川玲子(なついがわ れいこ) - 矢田亜希子
30歳。東凛大学法医学教室助教。
佐川文彦(さがわ ふみひこ) - 時任三郎
55歳。東凛大学法医学教室教授。

羽井鳳子(はねい ほうこ) - 濱田マリ
42歳。彰の母で、沖縄料理店を営んでいる。
石末貴之(いしまつ たかゆき) - 名高達男
50歳。亮介の父親で、石末総合病院院長。
大和田敏(おおわだ びん) - 山崎樹範
35歳。南府中署刑事。

第六話ゲスト
・久保秋祐樹 - 冨浦智嗣
佳奈子の弟
・相馬泰人 - 石田卓也
朋子の兄
・相馬朋子 - 志田未来
石松総合病院に大腸炎で搬送された中学生。代理によるミュンヒハウゼン症候群
・宮島英幸 -二階堂智
石末総合病院消化器内科の医師。朋子の担当医。
・天久の店主 - 藏内秀樹
亮介と大己が「ギョーザもんじゃ」を食べたもんじゃ店の店主。
・若原 -杉野なつ美
石松総合病院からの通告を受け、児童相談所からきた児童福祉司。
・看護師 - 桜木ひろ子
・救急隊員 - 浅里昌吾

スタッフ
脚本 - 金子茂樹
プロデュース - 瀧山麻土香、東康之
演出 - 成田岳、松山博昭、石井祐介
音楽 - 吉川慶
制作 - フジテレビドラマ制作センター
制作著作 - フジテレビ













posted by まりこ(^▽^) at 08:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
まりこさん、こんばんは。
今回は、生きている方の検証でしたね。
実は、昨日リアルタイムで鑑賞できなくて、まだ感想も書いておりません。
事前に、予告から内容を推測したものをアップしておりますが。。。
自分の推測が、ちょっとだけ当たっていたのが嬉しかったです(笑)

視聴率も元の数値に戻ってきたので、そちらも一安心ですね。
Posted by しろしろきつね at 2009年02月17日 22:35
しろしろきつねさんへ
コメントありがとうございます。
推測が当たってたなんてすごいですね!
毎回大己の観察眼がすごいなと思ってます。

視聴率もどんどん上がるといいですね^^
Posted by まりこ(^▽^) at 2009年02月18日 21:51
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。