Top 2009年(1月〜3月) >銭ゲバ 第四話「僕の家族は母さんだけズラ」
2009年02月08日

銭ゲバ 第四話「僕の家族は母さんだけズラ」

正体を白川(田中圭)に知られてしまった風太郎(松山ケンイチ)は白川を殺害。
死体を庭に埋め、夜を明かす。
その翌日、結婚をせがむ茜(木南晴夏)に「それは無理だ」と風太郎は自分から三國家を去る。
「僕は・・・自分の世界に戻ります」そこにはある思惑があった。

ただ、三國家に入るのではなく、頼まれて入るために
風太郎は、ひたすら声がかかるのを待つ。
数日後、茜がさびしさのあまり自殺未遂をしたので
緑が風太郎に帰ってきてほしいと
頼みに来た。
風太郎は再び三國家に戻る。

緑は、白川の携帯に電話をかけ続けるが
ずっと留守番電話だった。

風太郎は、三國家に帰ると、なんと健蔵が上がりこんでおり
自分と茜の結婚を祝福していた。
しかも今夜は泊まるという。
ようやく二人きりになった風太郎と健蔵。
リビングでは、楽しそうに三國家の人々と談笑していたが
健蔵は、自分たちが軽蔑された目で見られていることを感じていた。
健蔵は、二人で全財産いただいちゃうっていうのはどうだと
提案するが、風太郎は、金を渡し、二度と現れるなと
健蔵を追い出す。

そのころ、春子は、ごみを出そうと
庭のほうに歩いていると地面から携帯電話の音が聞こえてきた。
春子は、その音を確かめるように地面を掘ると
人の指が現れ・・。
健蔵は、窓から外で春子がバタバタしているのに
気がつき・・・?

翌朝。
健蔵は、帰っていき、風太郎はまた今までどおり
三國家のみんなと食事をする。
話題は、主に、茜との結婚式の話だった。
もう家族なんだからと緑に言われるが
風太郎は、母が亡くなった時のことを思いだしていた。
『僕の家族はお母さんだけです』
一歩遠くから、三國家の食事を見つめる風太郎だった。

そんな中、行きつけの定食屋『伊豆屋』で、自分と瓜二つという由香の兄・野々村真一が戻ってきた。
ちょうど風太郎と入れ違いで帰っていったが
新しいビジネスをやりたいと金をせびって出ていったという。
バカな真一を優しい気持ちで見守る家族たち。
「お天道様は見てるからさ、大切なのは、金じゃない、心だよ」

そんな伊豆屋の面々に対し、複雑な心境が沸きあがる風太郎は、彼らに罠を仕掛けようとする。

店を出たあと、金を落とし、その金をどうするか
試したのだ。
自分のものにするだろうと思っていた風太郎だったが
店の外の金に気づいた由香は、急いで家に戻り
みんなに相談。
なんと向かいの通りでパトロールしていた警官を見つけ
渡しにいってしまう。

そのころ、荻野に一本の匿名の通報が入った。
庭に死体が埋まっているというのだ。
荻野らは、許可を得て庭を掘り起こす。
三國家の人々も立会う。
風太郎の表情はしだいに険しくなるが、中には
『へのへのもへじ馬鹿がみる』と
書いてある紙切れが出てきただけだった。

風太郎は悔しそうな表情を浮かべ・。

※※
白川の死体がばれてしまうのではないかと
思いましたが、死体は、移動されていたようです。
やはり健蔵でしょうか。

必死に好青年を演じようとする風太郎、
金目当ての風太郎とコロコロと演じ分けてますね。
彼の化けの皮はいつはがれるのでしょう?
まだまだ悪事に手を染めそうですが・・。


引用元…銭ゲバ 公式HP
銭ゲバ Wikipedia

視聴率
12.0→11.3→9.0

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking







原作:ジョージ秋山『銭ゲバ』(幻冬舎文庫)
4344410289銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)
ジョージ秋山
幻冬舎 2007-10

by G-Tools


主題歌
かりゆし58「さよなら」(LD&K Records)
B001MVG76Cさよなら(初回限定盤)(DVD付)
前川真悟
エル・ディー・アンド・ケイ 2009-02-04

by G-Tools


関連記事
銭ゲバ 第一話
銭ゲバ 第二話
銭ゲバ 第三話

キャスト
蒲郡風太郎(23):松山ケンイチ
三國緑(24):ミムラ
萩野聡(36):宮川大輔
三國茜(21):木南晴夏
野々村香(16):石橋杏奈
菅田純(25):鈴木裕樹
野々村晴香(34):たくませいこ
桑田春子(19):志保
蒲郡風太郎・幼少(11):齋藤隆成
三國譲次(56):山本圭
蒲郡桃子(35):奥貫薫
野々村保彦(48):光石研
野々村祥子(36):りょう
蒲郡健蔵(45):椎名桔平

ゲスト
白川正輝:田中圭

スタッフ
原作:ジョージ秋山『銭ゲバ』(幻冬舎文庫)
脚本:岡田惠和
音楽:金子隆博
プロデューサー:河野英裕、難波利昭(AXON)
演出:大谷太郎、狩山俊輔
制作著作:日本テレビ











posted by まりこ(^▽^) at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。