Top スペシャルドラマ・映画 >古畑任三郎ファイナル 第一夜「今、甦る死」
2006年01月05日

古畑任三郎ファイナル 第一夜「今、甦る死」

鬼切村には、堀部一族が運営するパン工場「堀部パン」がある。
ある日、伍平の甥であり、副社長を務める堀部大吉 ( 千葉哲也 )、
専務である大吉の弟・堀部音弥 ( 藤原竜也 ) の元に、
社長の伍平の死が告げられる。
死因は、熊に襲われたというものだった。

通夜の最中、経営難に苦しむ工場のため、裏山を売ってアミューズメントパーク建設を正式に決定することを音弥に告げる大吉。
しかし音弥は、伍平と同様に裏山の開発には強く反対していた。

そんな音弥の元にやってきたのは鬼切村郷土資料館館長・天馬恭介 ( 石坂浩二 ) だった。
彼は、堀部兄弟の小学校時代の恩師でもある。
裏山の売買に関して相談するふたり。
音弥は、村の自然を愛する天馬のため、どんなことをしてでも開発を止めることを誓う。

あくる日、天馬は、生徒たちの自由研究の入ったダンボールを
もってきていた。
天馬は、大吉に、裏山の件で説得に向かった。
音弥が、その荷物運びを手伝っていると
自分の書いた一冊のノートを見つける。
それは、小学校時代に書いた自由研究のノート「僕の考えた完全犯罪のすべて」 だった。
その中には、様々な説明図と完全犯罪の方法が書き連ねてあった。

大吉のいる社長室には、鎧が飾られていた。
天馬は、見入る

音弥は、ノートを部屋に持ち帰り読み返す。
鎧殺人
雪の密室殺人
笑いながらおかしをつまみつつ読んでいると妙な光景を見る。
社長室にあった鎧の入った箱を運んでいたのだ。

音弥は、勝手に大吉の部屋に入るとまずいだろうからと
二階の納戸に入れるように支持する。
音弥は、ノートの「僕の考えた完全犯罪のすべて」を読む。

窓を見ると雪が降ってきた。
ペットボトルの水
白い軍手
ビンに白い角砂糖を入れたもの
ノートを用意し、
2階の部屋の窓を見る音弥。

天馬は、伍平の妻・たまよと話していた。
天馬は、たまよにも、裏山のことを説得するように頼む。

音弥は、天馬に先日裏山ですごいものを発見しちゃったんですと
部屋に戻る。

音弥が向かったのは、大吉のところだった。
「兄さん悪いけど会社は僕が引き継ぐことにしたから」と大吉の背後から近づく
大吉は、まるで無理だというような顔をしたが
兄さんは、自分のことを何も知らない。リーダーの素質もある。
僕は、できそこないの次男じゃないといい、大吉を鈍器で殴り殺害した。

音弥は、大吉を部屋に運び手に軍手をはめる。
床に白い角砂糖を積み、白いつっぱり棒で鎧の入っている
黒い箪笥を支える。
ペットボトルの水をバケツに入れて、階段のほうからゆっくり流した。
時計の時間を確認する音弥
うれしそうに笑うと、音弥は、部屋に戻り荷物を隠す。

音弥は、天馬が待っているところに戻ると自分の拾ったかけらが
縄文式の土器かもと天馬に見せる
しかし、JISSマークのJの字が見えてしまい
音弥がもってきたかけらは、現代のものだった。

時間を気にする音弥。
たまよが、眠くなってきたから2階に上がろうとする。
焦る音弥だったが、天馬は、この地方にも縄文土器が出るんですよと
話を振り、たまよもいつの間にか話に聞き入り再び座る。

ドタン!と2階から大きな物音が聞こえてきた。
3人が、向かうと、大吉がよろいの入った箪笥の下敷きになり
死亡していた。

現場にあらわれる古畑( 田村正和 )。
死因は、後頭部打撲だった。
箪笥の中には、鎧兜。
死亡時刻は、9時10分
下にいた家族が物音を聞いていた。

大吉の叔父、伍平は熊に襲われており
古畑は、ここは同じ東京か?と驚く。
携帯も圏外だった。

古畑は、現場を見て床の水に気づく。
掃除の時に忘れたのではないかと
今泉(西村雅彦)がいうが、古畑は、ボールペンで水を触ると
少し粘り気がある。
今泉になめさせると甘いという。

少し離れて、ぬれている部分をなめても
甘くはなかった。

部屋には、つっかい棒もあった。
そこに音弥が挨拶にくる。
音弥は、現場検証を見学したいという。

古畑は、お兄さんを検死に回すかもしれないというと
音弥は、遠慮なくやってくださいという。
遺族は、手元に置きたがるのにと意外に思う古畑。

古畑は、なぜこんな時間に鎧を組み立てようとしたのかに
焦点を当てる。
音弥は、「そういう人だから気にならない」というが
古畑は、どこに飾ろうとしたのでしょうかと聞く。
普通は、鎧を運ぶ時、部屋を片付けるのが先だからだ。

「とりあえず大きさを確かめたかったんじゃない?」という音弥だが
その鎧は、社長室に飾られていたもので 大きさは
知っているはずだった。

次に古畑が気づいたのは、大吉がつけていた軍手。
指を確認すると、薬指と小指が折れ曲がったままで
きちんと指が通ってなかった。
この軍手は、亡くなったあと誰かがはめたものであって
お兄さんは、誰かに殺された可能性があるということになる。

けれども、もし、殺人だとしたら、おかしな話になる。
2階に行く階段に人が通った気配はないからだ。
「考えられるとしたらそこかなと」
音弥は、大吉の部屋の窓を指差す。

雪は、夕方から積もっていたが
足跡はなかった。

推理が振り出しに戻ろうとしてたときに
音弥は、この事件が、わらべ歌が絡んでいるようでならないという。

最初は、堀部育三。
今から15年前に遺跡を取りにいってから行方不明
死体は、あがっていないという

伍平が会社を継ぐと今度は、熊に襲われる。
そして、大吉も鎧の下敷きになり死亡。
3人とも不義な死を遂げていた。

堀部家の老母に『あの世節』を歌ってもらう
その死に方が、そのわらべ歌とまったく一緒だった。
村人たちは、たたりだと恐れだす。
15年前鬼切村の開発
大吉もレジャーランドの開発しようとしていた。
古畑は、たたりなんかないという。

バスでお払いの場所に移動していると、たまよと天道がバスに乗っていたので、
古畑は、話を聞く。

天道は、大吉と音弥の恩師でもあった。
大吉が亡くなった日は、音弥から見せたいものがあると
呼ばれていたのだという。
見せたいものというのは、道端で拾った破片だった。

お払いの場所は、15年前に土器が発見された村人の聖地だという。
古畑は、今泉にビデオをとらせる。
そこのお参りの様子を見て、たたりではないと思っている人間は
お参りの時間が短いとにらんだのだ。
音弥のお参りは、短かった。

音弥は、新しい社長の椅子に座っていると
古畑が尋ねてくる。
裏山の売買は、中止にし、自分には、ビジョンがたくさんある。
5年で堀部パンを日本一にすると言い切る音弥
古畑は、部屋にあるラジコンに気づき、みんなでラジコンをすることになる。

わらべ歌のようにたたりだとかのろいとは、信じたくない
歌を知っている人物がその通りにしてしているとも考えられる。
しかし、熊に教われたのは、説明がつかず。
ラジコンをしながら楽しそうに笑う音弥を見る古畑だった。

古畑は、天馬の元にいく。
コレクションの石器を見せてもらう。
その石器は、先端石器だが、あまりとがっていなかった。
そのことを古畑がいうと3万年のもので、獲物をしとめたからではないかという
天馬。

古畑が、天馬にわらべ歌のことを聞くと
単なる偶然でしょうという。
歌は、100以上ありどんな死に方をしても当てはまるものだった。
のろいや、たたりは、このからくりを利用してるのがほとんどだという天馬

昔、天馬が教師をしていたころ、手分けして老人たちにわらべ歌を聞いた生徒たちを集めてもらうという古畑
その中に音弥がいないかどうか確認したいという。

堀部パンで経営会議をする音弥
音弥は、裏山の売却よりも
売り上げを伸ばす努力するべきだという。
しかし、音弥が考えていたコンビに展開や、
製品の開発もすでに手を回してやったことばかりだった。
経営は、すでに精神論ではやっていけない状態だった。

西園寺は、庭に丸い穴のようなものを見つける。
古畑は、竹馬を思いつく。
犯人は、事件そのものを楽しんでいる
大吉の部屋から足跡をつけずに渡るには、どうするか考えた手段だった。

音弥は、部屋に戻りいらだっていた
窓をみると竹馬をしている古畑たちの様子を見る
顔色が変わるが、またにやっと笑う音弥

音弥が古畑たちの元に行く。
古畑たちは、実験をしていた。
大吉の死は、後頭部打撲。
誰かに殴られた可能性も考えられた。
音弥は、器用に竹馬に乗り、大吉の窓のそばまで
近寄る。
しかし、死亡時刻は9時10分。
もう少し前かもしれないが、10分から20分の空白時間で
どうやって?と聞く音弥。
古畑は、タイマーを使ったのではないかとにらむ。

古畑がタイマーに使ったと考えたのは、
ラジコンだった。
しかし、ここで携帯や、ラジコンの遠隔操作が使えるのは
会社だけだという音弥。
自分もラジコンを使うのは、会社の時だけだという。

古畑たちは、ラジコンで遠隔操作の実験をしたが
やはり電波が飛ばず動かなかった。

電池は、ちゃんと入っているよねと確認してると
電池が床に落ちる。
電池は、傾斜して転がっていった・・。

古畑は、天馬の元へ、ある実験をしに向かう。
角砂糖の上に50キロの荷物を支えることができるかという実験で
天道は、授業で話したこともあるという。
音弥の顔色が変わる。

古畑は、板の端に角砂糖を3つづつ積み
その上にまた板を乗せ80キロの今泉を立たせた。
砂糖は、つぶれなかった。

砂糖は、上からの力に強かった。
古畑は、現場の水が甘かったという。
砂糖が落ちていた可能性があると見る古畑

古畑は、現場にあった同じ長さの突っ張り棒を用意する。
片方だけ、3センチ分、角砂糖2個分短めになっていた。
床は、微妙に斜めになっており
奥のほうで水を倒すとゆっくり階段の方に流れる。
角砂糖の溶ける時間で犯行を遅らせていた。

古畑は、板の上に今泉を乗せたまま、水鉄砲で板を支えている
角砂糖を溶かす。

その様子を天馬は、古畑がお払いのときから
音弥を疑っていると怒り出す。
犯行時刻をずらしたりなど面倒でやらない。
それが許されるのは、フィクションの世界だと天馬は、出ていく。

天馬は、古畑が音弥が犯人だと思い込んでいるという。
音弥は、僕は、誰も殺してませんというが
「君自身が次の犠牲者だったら彼自身も気づくだろうけどね」と
音弥に告げる。

音弥は、自分のノートから『死なない程度の事故の起こし方』を書いた部分を
読み返していた。
犯人が被害者をよそおうものだった。

音弥は、銃の引き金を引く。
彼は、血だらけになり死んでしまった。

死因は、銃口に何かが詰まって暴発したという
3段銃は、大吉から借りていた。

音弥の部屋からは、自由研究のノートが出てきた。
一連の犯罪のネタは、このノートからだった。

音弥は、シナリオに沿って事件を起こし
大吉を殺したのは、間違いないが
古畑は、火薬の量8.5グラムという数値を見て
裏でべつの大きな力が働いていることを見抜く。

古畑は、村に戻り、たまよに音弥のことを聞く。
音弥は、小学6年の時に推理小説が好きで文化祭で
発表をしたことがあった。
一人だけ、どうやったら人が殺せるかという題材で
PTAが驚いたという。

自由奔放に見えて傷つきやすい子だった。
自信のなさの裏返しに、自分から何かをはじめることはあまりなかった。
学校では、周りの目を気にするタイプで リーダーシップを取ることはなく
後ろからついていくタイプの人間だった。
会社のことに口を出すようになったのは、最近で
今までは、関心がないように見えたという。

古畑は、2階の廊下の改築工事のことを聞く
6年前に一度して、また傾いてきたのだという。

音弥の死が自殺か事故か聞くたまよに古畑は、
どちらでもなく、この事件の本当の真犯人に
脅されたのだという。

古畑は、天馬の元に向かう。
古畑は、音弥が書いたノートが几帳面に調べてあるという。
しかし、火薬を詰める量が8.5グラムと多すぎて死んでしまった。
数値に誤りがあった。

「ここだけ間違っている。
よーくみるとこれ、最初3.5グラムだったんですよ
8の左が薄くありませんか?
これほど巧妙な手口はない
これができたのは、天馬先生、あなただけです」と古畑

天馬は、根拠はないというが、古畑は、当時
自由研究発表のとき録画したカメラを借りていた。
発表の音声は、確かに火薬の量は、3.5グラムと発表していた。

「ここには8.5グラムとあります。
誰かが書き換えた・・?
あなたが書き換えた。」

音弥は、人の意見に左右されやすい子だった。
天馬先生のいうことは絶対だった。
伍平が亡くなり、大吉が社長に就任してから
あなたの計画は始まった。
お兄さんと対立するように仕向け、彼を呼び寄せ
自由研究のノートを置いた。
あのノートは、音弥自身で見つけなければならなかった。

音弥が、大吉を殺害することを思いつかなければならない。
事件のあった日に社長室に行っていた本当の目的は、
鎧のセットを自宅に移動させることだった。
鎧が動かされる。
音弥の殺人計画には、鎧が必要だった。
彼の絶好のタイミングだった。

そして、雪も降る。
神様に背中を押されたように大吉を殺すのは、自分の使命だと思うようになった音弥は、
あなたの計画通りに進んだ。
あなたが考えたことを忠実に再現した。
当時、角砂糖の溶ける時間を正確に計ったはずだが
あのあと、家は、改築工事をしていた。
子供の頃より、水が流れる時間が長くなっていたのを
気づかなかった。

予定の時間になっても鎧の箪笥が落ちる音はしない
たまよは、部屋に戻ろうとする。
助け舟を出したのは、天馬だった。

音弥は、内心ほっとしていた
一番ひやひやしたのは、天馬だった。
なぜなら、たまよがいなくなったら、天馬自身のアリバイがなくなってしまうから。

周到に計画させ、今度は、音弥になすりつけるように
工作を始める。
天馬は、音弥にどういえば、どうするか
完全に把握していた。

「これがあなたの犯罪です。
あなたは、自分の手を汚さず二人を殺した。
完全犯罪だ」という古畑

しかし、実際はそうではなかった。

15年前
15という数字にひっかかるという古畑
15年前、いろんなことが起こっている。
裏山の売却問題、遺跡発見、槍の先端がなくなったのも
記念碑が建ったのも
音弥の父が亡くなったも15年前

建設を阻止してるのは裏山を崩すと
困ることが起こるから。
記念碑も壊され もしその下から死体がでてきたら
行方不明の育三だったら
槍の先端が残っていたら・・と古畑は、天馬に詰め寄る

ショベルカーが山に向かっていた。

古畑は、たまよさんに頼んで記念碑の下を掘り起こす許可をもらっていた。
彼女のお兄さんが埋まっているといったら
サインをしてくれたという。

確かに今回の犯罪は完璧だった
昔のはいただけません。

「山を掘るといって聞かなかったからね」と天馬
「凶器を残してたのはどうかと思いますよ」と古畑
「3万年前の槍だよ
破棄するのはあまりにもおしい
そっちから足がついたか・・
わたしにしては納得のいく結末じゃなかたな」
「わたしとしては十分です」という古畑

「これほど完璧な殺人をわたしは知らない
それでも犯人は、捕まる」という古畑だった。

(終)

実は、推理殺人ものは苦手で、古畑シリーズをちゃんと見たのは、初めてだったのですが
おもしろかったです。
古畑のにじりよりながら、謎を問い詰めていくのがいいですね。
最初に音弥が、大吉を殺すための準備をしていたので
犯人は、わかっていたのですが、その音弥を動かす裏の人物が天馬だったんですね。
15年前の謎まで解けてしまうなんて、やはりすごいです。
「砂糖は、力持ち」というのも新たな発見でした。


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆


引用元・・公式HP

古畑任三郎 3rd season DVD-BOX
古畑任三郎 3rd season DVD-BOX田村正和 田村正和 三谷幸喜

ポニーキャニオン 2004-09-15
売り上げランキング : 4,384

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
古畑任三郎 2nd season DVD-BOX 警部補 古畑任三郎 1st DVD-BOX 古畑任三郎 すべて閣下の仕業 王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe パパはニュースキャスター DVD-BOX







posted by まりこ(^▽^) at 07:48 | 東京 ☁ | Comment(14) | TrackBack(27) | スペシャルドラマ・映画 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
まりこさん、おはようございます。
TBありがとうございました!

ラジコン好きな音弥は、自分がラジコンのように操縦されていることに
気付かなかったんですね。
そしてあの古畑さえも!
2時間以上のドラマでしたが長さを感じさせず、
すごく面白かったです。

Posted by ちーず at 2006年01月05日 08:46
まりこさん、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくおねがいします。

単純に音弥が犯人じゃなかったところが
(実行犯ではありますが)さすがでしたね。
Posted by honey at 2006年01月05日 09:48
金田一、アガサ・クリスティーへのオマージュがふんだんで楽しめました
Posted by あんぱんち at 2006年01月05日 10:43
こんにちは〜。
古畑面白いでしょう? でも終わっちゃうんですよね・・・。
トリックも見事だったけど、
最後のどんでん返しはまた見ものでした!
Posted by ads(あず) at 2006年01月06日 00:51
ちーずさんへ
ラジコンの操作と、天馬が音弥を操作しているところかけてたんですね。
2時間の長さを感じさせず、私も
あっという間でした^^
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年01月06日 11:26
honeyさんへ
こちらこそ今年もよろしくお願いしますm(__)m

音弥が犯人だけで終わらす、過去の事件も
暴いてしまうところがさすがでしたね!
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年01月06日 11:34
あんぱんちさんへ
推理モノってほとんど見てなかったんですが
いろんな要素が含まれているからこそ
人気のあるシリーズなのかもしれませんね!
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年01月06日 11:38
あずさんへ
今まで見てなかったのが惜しいくらい
おもしろいですね^^
終わってしまうのが残念です。
最後のどんでん返し、さすがでした!
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年01月06日 11:40
TB&コメントありがとうございます。
古畑シリーズはじめてだったんですね!
推理殺人ですが、他のドラマとは
全然違って面白いでしょう??
あと2話まだ見てないので
楽しみです♪
Posted by あい at 2006年01月08日 22:08
あいさんへ
古畑シリーズは、初めてだったんですよ。
推理殺人ってすごく怖いのかと思ったら
殺害シーンも1度きりだし面白いですね。
ほかの2話も楽しかったですよ!
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年01月09日 11:54
まりこさん、今更ですが。
古畑さんのドラマ、コメントさせてください。

丁度年末の昼間に「古畑任三郎」の再放送をしまして。
何本か見たのですが。

改めて、今回以上の「完全犯罪」はないですよ。
最初の犯人は何も知らずに死んでいくのですから。
ミステリー性と娯楽性。
この両方をこれ以上兼ね備えたドラマはないでしょう。

冷静に考えれば、古畑さんは私立探偵ではないので、
管轄がどこまであるのか? という疑問はありますが。

さて、まだ犯人役の大物はたくさんいますよね?
このまま終了させていいのでしょうか?
Posted by kokotoki at 2006年01月14日 01:57
kokotokiさんへ
終わってしまうのは、惜しまれる作品ですよね。
私は、またどこかでひょっこり戻ってくるような
気がしてるんですよね。
あきらめ悪いかな?
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年01月14日 04:31
一ヶ月前からDVDで番組表から完璧に予約録画をし、今晩家族で楽しみに観ていました。テンマ先生に「これがあなたの犯罪です。
あなたは、自分の手を汚さず二人を殺した。
完全犯罪だ」と古畑が言い放ったところで、ブツッ…DVDが切れていました…
うおおお!!と家族であたふたし、このサイトを必死で捜して、やっと結末を知ることが出来ました(涙)
 家族一同完全犯罪をうち崩して下さり、感謝しています
Posted by 絵の具箱 at 2006年02月07日 21:58
絵の具箱さんへ
ご訪問ありがとうございます。
録画されてなかったショック・・わかります!
お役に立ててよかったです。
やはり天馬先生も完全犯罪は、難しかったようですね。
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年02月09日 09:45
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


古畑任三郎ファイナル「今、蘇る死」
Excerpt: 『今、蘇る死 私が出会った犯人の中でも、もっとも巧妙に殺人を犯した男が登場』 鬼切村―― そこは東京の外れにあるが、終戦直後の寒村を思わせる風情が漂っている。 物語は、堀部家の当主・堀部伍平の死か..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2006-01-05 08:44

【古畑任三郎FINAL】第1夜「今、甦る死」感想
Excerpt: 古畑任三郎 ファイナル(フジTV) 10年来の古畑ファンのボクにとって夢のような時間が来ましたよ。 3夜連続放送で最終回なんて、まさしく夢のようではありませんか…。 もともと、TRPGと..
Weblog: 鴎の行くままに 〜とあるTRPG者の呟き〜
Tracked: 2006-01-05 08:45

フジテレビ「古畑任三郎ファイナル」第1夜:今、甦る死
Excerpt: 石坂浩二さんと藤原竜也さんがゲストの第1夜は、「金田一耕助シリーズ」を思わせる、終戦直後の寒村風情が漂う鬼切村を舞台にした、童歌を絡めた祟りテイストな事件です。
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2006-01-05 09:09

古畑任三郎ファイナル第1夜
Excerpt: 古畑任三郎ファイナル第1夜 「今、蘇る死」 見ました。
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2006-01-05 09:46

【ドラマ雑感】 古畑任三郎ファイナル 第1夜 「今、甦る死」 石坂浩二、藤原竜也
Excerpt:  新春ドラマSP古畑任三郎ファイナル「今、甦る死」◇鋭い洞察力で事件の謎を解く刑事、古畑任三郎の活躍を描く最終シリーズの第1夜。巧妙に仕組まれた計画殺人の真相に迫る。三谷幸喜脚本、河野圭太演出。東京の..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2006-01-05 09:48

古畑任三郎とタレント再生工場
Excerpt: 初日は、まだ周辺もお休みのところも多く、仕事に戻ると、ちょっとのんびりしたムード。毎年こんな感じですね。新年のご挨拶に来て頂いたり、年賀状を頂いたり。三が日は過ぎましたが、まだまだ正月の雰囲気は残って..
Weblog: Mumble of Member's
Tracked: 2006-01-05 09:48

古畑任三郎vsイチロー
Excerpt: 昨年末からTV番組として、唯一楽しみにしていた、イチロー出演の古畑任三郎を見ました。 そのまま、メジャーリーガーとしてのイチローを演じていたんですが、まずは前評判にあった通り、違和感のない演技力..
Weblog: Mumble of Member's
Tracked: 2006-01-05 09:51

古畑任三郎
Excerpt:  イチロー篇  イチロー明らかに悪そうな顔してる{/ase/}イチローがどんな演技するのか楽しみ〜{/onpu/}  しかし、イチローが向島さんの腹違いの弟っていう設定はちょっとわざとらしいぞ{/h..
Weblog: 私の趣味日記
Tracked: 2006-01-05 10:11

古畑任三郎ファイナル 第1夜「今、蘇る死」21.5%
Excerpt: ついに始まってしまった『古畑任三郎ファイナル』3夜連続の1回目しかも裏で「新選組!」のスペシャルをやってるという、三谷幸喜ファンには史上最大の事件が勃発(爆)今夜のゲストは藤原竜也と石坂浩二というその..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2006-01-05 10:42

古畑任三郎ファイナル〜今、蘇る死〜
Excerpt: 田村正和さん主演のこのドラマもついにファイナル!?3夜連続の第1話!ゲストが石坂浩二さんと藤原竜也さん。久しぶりだね。。。田村正和さんってもう62歳なんだよね、見えないな〜相変わらずの髪型と喋りに衣装..
Weblog: アンナdiary
Tracked: 2006-01-05 11:18

「古畑任三郎FINAL」第一夜
Excerpt: 第一夜「今、甦る死」鬼切村でわらべ唄になぞらえて殺人事件が発生!古畑は、密室殺人の謎に迫る・・・。今回は石坂浩二と藤原竜也のW犯人。しかし、結局は・・・(略)ドラマ中でも名前が出てきたが、やはりどうし..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2006-01-05 12:24

古畑任三郎ファイナル 第1朝
Excerpt: 今日は一日、古畑三昧です。 実は僕はあんまり推理物は好きではないのですよ。漫画好きですけど、コナン君とか、金田一少年とかは守備範囲外。 謎解きってのが性に合わないんですかね。 でも、古畑は好きで..
Weblog: 自己満族
Tracked: 2006-01-05 12:48

古畑任三郎ファイナル・第一夜
Excerpt: 「今、蘇る死・私が出会った犯人の中でも、もっとも巧妙に殺人を犯した男」 はぁぁ、面白かったっす。 藤原竜也&石坂浩二。主演級が二人で怪しいと思っていたらやっぱりですか。そして私の大好きな心理犯..
Weblog: シフク☆note
Tracked: 2006-01-05 12:49

『古畑任三郎ファイナル 「今、甦る死」』
Excerpt: 三夜連続の第一回目。横溝正史な雰囲気がプンプン。っていうか金田一耕助な雰囲気がプンプン。 流石は「ファイナル」と銘打っただけあって非常に面白かったです。 まぁミステリーですし、細かいトコロは「続き..
Weblog: 時間の無駄と言わないで
Tracked: 2006-01-05 13:45

「古畑任三郎ファイナル 今、蘇る死」
Excerpt:  さて、早寝が習慣の私には辛い時間から始まった「古畑任三郎ファイナル」 なんとか最後まで見ることができました。  多分見ていた人も最初の段階で石坂浩二が藤原竜也をコントロールしてる ってこと..
Weblog: トリ猫家族
Tracked: 2006-01-05 14:08

古畑任三郎見ました!!
Excerpt: 今日は第一夜でした☆ミ これ、やっぱりおもしろいっす♪
Weblog: なんでもあり〜な日記(カープ中心?)
Tracked: 2006-01-05 14:10

古畑任三郎ファイナル:第1夜
Excerpt: いやぁ、やっぱおもしろい!! なんか今泉君が一段とアホになっているような。 いや〜けど、ほんま犯人は音弥と思ってた。 けど、終盤、先生が「怪我するしかないなぁ」っぽい事??
Weblog: Nの鼓動
Tracked: 2006-01-05 17:24

古畑任三郎 第1夜 「今、甦る死」
Excerpt: やられましたぁ。 完全に。
Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
Tracked: 2006-01-05 19:47

イチローin古畑任三郎ファイナル
Excerpt: うむ,予想通り,イチローの演技,完璧だ! 本人役とはいえ,他人の書いた台本に沿って(アドリブでやれと言われても それはそれで困るだろうが)セリフを語り,体を動かし,全く違和感なく 演じきった!す..
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2006-01-05 21:05

古畑FINAL
Excerpt: 人気ドラマシリーズ『古畑任三郎ファイナル』、2日から3夜連続で放送されましたが今日で終わってしまいました。好きなシリーズなだけに終わってしまって寂しいなぁ。「ファイナルなんて言って、またスペシャルで..
Weblog: 蛇足帳~blogばん~
Tracked: 2006-01-05 23:33

古畑任三郎ファイナル・第1夜
Excerpt: 新春ドラマスペシャル「古畑任三郎ファイナル」の、第1夜「今、蘇る死」を見ました。 ○フジテレビ「古畑任三郎」・公式サイト 【 http://www.fujitv.co.jp/furuhata/ 】 ○..
Weblog: あずスタ
Tracked: 2006-01-06 00:50

アーティスト・イチロー
Excerpt: ■イチロー母校に帰る、WBCへ電撃始動 マリナーズ・イチロー外野手(32)が3日、 愛知県春..
Weblog: ヒロノカラノテガミ〜message from HiRoNo〜
Tracked: 2006-01-06 02:50

古畑任三郎@【今、甦る死】
Excerpt: 古畑シリーズは大好きで、毎回見てます最初から犯人がわかっているなんて斬新!しかも田村正和!!って感じで見始めましたね そんな古畑任三郎もとうとうファイナルシリーズやっと第1話を見ました〜 &nbs..
Weblog: みんなのうた♪
Tracked: 2006-01-07 10:16

古畑任三郎FINAL 第1夜「今、甦る死」
Excerpt: いや〜。やられました。 いや。やられた。っていうよりもなるほどな〜。と思いました。 サスペンスドラマのはずの「古畑任三郎」ですが、この話に限ってはミステリーで、最後まで犯人がわからない。というのを事..
Weblog: 風の便り
Tracked: 2006-01-07 12:26

古畑任三郎ファイナル・第1夜 「今、蘇る死」
Excerpt: この村のみなさんの多くは、一連の事件を何らかの祟りだと考えていらっしゃいます。しかし、その中でひとりだけ、これが祟りではないと確信している人物がいます。つまり…」 「大吉..
Weblog: くつろぎ日記
Tracked: 2006-01-07 17:40

古畑任三郎ファイナル 「今、甦る死」
Excerpt: 1/9までの3連休でまったりと鑑賞したTV録画のうち、一押しだったのがコレ。古畑任三郎ファイナル「今、甦る死」。もともと‘み’はこの手の番組が好きな方ですが、3話のうち1話目が秀逸でした。 以下ネタ..
Weblog: VAIOちゃんのよもやまブログ
Tracked: 2006-01-10 15:08

「今、甦る死」古畑ラスト第1夜 〜 危険な堀部パンは、堀江サンから? 〜 1/3 古畑任三郎 ファイナル 第1夜「今、甦る死」 〜 050107
Excerpt: ↑ 石坂浩二さんは昔、名探偵・金田一耕助さんでした... 今回の古畑さんの舞台は、まさに「金田一シリーズ」でしたね? === 1/3 古畑任三郎ファイナル第一夜「今、..
Weblog: かわいいだけ、でないはなし。 by koko(waka)toki
Tracked: 2006-01-14 01:57
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。