Top 2009年(1月〜3月) >銭ゲバ 第二話「愛は金で買えるズラ!!!!」
2009年01月25日

銭ゲバ 第二話「愛は金で買えるズラ!!!!」

緑(ミムラ)の運転する車の前に飛び出した風太郎(松山ケンイチ)。
病院の一室で目覚めた風太郎を心配する緑。
何かできることはないかと申し出る。
「・・・・・・・・・友達になれたらうれしいです」
風太郎はある目的のためにそうつぶやき・・。


まもなく、風太郎は緑に豪華クルーザーで開かれる仲間内の集まるパーティーに招かれる。
そこで出会った緑の妹・茜(木南晴夏)。
顔にアザがあり足が不自由なため、幸せそうな人間に不快感を見せる茜。
茜は、クルーザーの中で、500万の腕時計を見につけていた
白川を冷めた目で見つめていた。
その後、風太郎は、白川が身につけていた時計が
割られた状態で落ちているのを拾い
茜の心理状態を読み取る。

クルーザー内では、白川(田中圭)が、時計がなくなったと
騒ぎはじめる。
風太郎に目をつけた白川は、風太郎を疑いだす。
風太郎は、この中で貧しいのは僕だけだからと
快く身体検査を受けるが
時計は出てこなかった。

船が到着し、緑はその後も飲みにいくからと
風太郎を誘うが風太郎は、明日も仕事だからと断り、
迎えの車を待つ茜と風太郎は、船に残される。

風太郎は、茜に
「生まれた時から幸せなやつ
ひどい目に遭わせたくなるよね
わかるよ」
といってゴミ箱から白川の時計を取り出す。
驚く茜。

「君の気持ちがわかったからさ
俺も同じ気持ちだったから
共犯になりたかったんだよね」と
風太郎は、時計を海に投げ捨て・・。

一方で寺田殺しの捜査をしている荻野(宮川大輔)は、執拗に風太郎を追っていた。
風太郎の働く工場に姿を見せ、対峙する、荻野。
荻野は、宏のことも話題に出し、亡くなったというと
風太郎は、どうして・・!と涙ながらに荻野にすがりつく。
しかし、荻野は
「僕は君が犯人じゃないかと思ってるんだ、ずっとね」と
風太郎への疑惑は消えることはなかった。

風太郎は、先日訪れた伊豆屋の前に来ていた。
しかし通り過ぎようとすると店主の妻に見つかり
無理やり店に引きずりこまれてしまう。
注文もしてないのに前回と同じベラの煮付けが出てきて
風太郎は食べることに。
食べ終わって店を出ると、店主の姪である
由香が出てきた。
由香の兄が蒸発中で風太郎によく似ており、みな
風太郎のことが気になってるというのだ。
また来てほしいと頼む由香だった。

風太郎は、父親・健蔵(椎名桔平)と偶然再会する。
健蔵は、飲み屋で金がなくなって取り押さえられていたが
風太郎を見つけ、息子だと言う。
しかし、風太郎は、こんな人知りませんよと
見捨ててしまう。
部屋に帰ると、健蔵が、買ってくれたランドセルや、
酒で暴れる健蔵が思い出され、たまらなく畳の下の札束を握り締め叫び出す風太郎だった。

このジレンマの思いが
風太郎の叫びですよね。
冷たいまなざしで健蔵を見ていたと思えば
やはりどこかで父のことを切れきれていない自分も
いるのでしょうか。
ころころ演技が変わる松ケンがすごいです。


そのころ、茜は、父や茜に風太郎この家に住んでほしいと
頼み込む。
風太郎は緑に呼ばれ、三國家に招待されるが父・譲次は、大反対。
風太郎はこのチャンスをモノにしようと
敷地内で茜に会うと
「うれしいよすごく。
君の傍にいれたらって思ったけど
難しいみたいだね。
僕はこんなだしわかんないけど
みんなと違うしね仕方ないね。
君の気持ちがうれしかった。
ありがとう」と茜に告げる。
結局、茜が風太郎をかばい
雇ってくれないなら、死ぬと言い出したことで
風太郎は、三國家に来ることになった。

三國家の中庭。
「僕達似てるんだろうね
君はきっと自分は醜いと生きてきた
自分は幸せになれないと生きてきた。
そうだろ?」と風太郎は茜に話しかける。

風太郎は車椅子の茜の前にしゃがみこみ
「同じだよ
僕もこういうの慣れてなくてさ
自分の気持ちとかいうの
だからこうするよ」

風太郎は、茜の耳をふさいで本音をいう。
「俺は自分が醜いからさ
美しいものが好きなんだ
醜いものは嫌いだ
だからおまえは大嫌いだよ
見るのもいやだ
寒気がする。
でも、俺には緑さんを手にいれるのは難しそうだ。
だから仕方なくな
だからおまえの顔なんて見たくない
銭のためだ」

聞かせてとせがむ茜に
風太郎は茜の耳に当てていた手を離し
「大好きだよ茜
この痣も大好きだ」と告げる。

「ほんと?」
うなづく風太郎
「愛してるよ」と風太郎がささやくと
茜は、風太郎の首に腕を巻きつけ抱きついた。

そのころ健蔵は、三國家の前にいた。
門の上から覗き込み
「風太郎、おまえは昔から親孝行だったよな」
とつぶやき・・

緑は抱きついている緑と風太郎を窓からみつめ微笑んでいた。

※※
恐るべし風太郎です。
それよりも松ケンの演技がすごすぎです。
涙を流したと思ったら
憎しみの表情
茜や緑への笑顔(偽りの笑顔ですが)
ころころ変わる表情にびっくりです。
風太郎はとても頭がいいですね。
まずは茜に取り入って三國家に入り込もうとする風太郎。
したたかですね。
でも、風太郎の動きなんてまだ序の口のようです。
風太郎の父の動きも怪しいですね。
合間に出てくる伊豆屋の家族が
場を和ませてくれます。


引用元…銭ゲバ 公式HP
銭ゲバ Wikipedia

視聴率
12.0

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

原作:ジョージ秋山『銭ゲバ』(幻冬舎文庫)
4344410289銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)
ジョージ秋山
幻冬舎 2007-10

by G-Tools


主題歌
かりゆし58「さよなら」(LD&K Records)
B001MVG76Cさよなら(初回限定盤)(DVD付)
前川真悟
エル・ディー・アンド・ケイ 2009-02-04

by G-Tools


関連記事
銭ゲバ 第一話

キャスト
蒲郡風太郎(23):松山ケンイチ
三國緑(24):ミムラ
萩野聡(36):宮川大輔
三國茜(21):木南晴夏
野々村香(16):石橋杏奈
菅田純(25):鈴木裕樹
野々村晴香(34):たくませいこ
桑田春子(19):志保
蒲郡風太郎・幼少(11):齋藤隆成
三國譲次(56):山本圭
蒲郡桃子(35):奥貫薫
野々村保彦(48):光石研
野々村祥子(36):りょう
蒲郡健蔵(45):椎名桔平

1話ゲスト
寺田(49):田口トモロヲ
萩野宏(22):近藤公園
ほか

スタッフ
原作:ジョージ秋山『銭ゲバ』(幻冬舎文庫)
脚本:岡田惠和
音楽:金子隆博
プロデューサー:河野英裕、難波利昭(AXON)
演出:大谷太郎、狩山俊輔
制作著作:日本テレビ





posted by まりこ(^▽^) at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。