Top 2009年(1月〜3月) >銭ゲバ 第一話「愛をください…金のためなら何でもするズラ!!」
2009年01月18日

銭ゲバ 第一話「愛をください…金のためなら何でもするズラ!!」

蒲郡(がまごおり)風太郎(松山ケンイチ)――彼は、幼い頃から貧乏だった。
母親・桃子(奥貫薫)は病弱、父親・健蔵(椎名桔平)は放蕩三昧。教科書代に、給食費すら払えない。学校ではいじめられ、馬鹿にされた。
「でも、先生……世の中には、100円のお金もない家も
あるんです」
母の切ない訴えに、何もできぬ苛立ちを抱える風太郎。
そんな窮状の中でも、父親は悪魔だった。


働きもせず、酒を飲み、暴力の嵐。
風太郎の目の傷も、金をせびる父に
突き飛ばされた時に、たんすの引き出しの角に目が当たり
できた傷だった。

でも貧しくても正直に一生懸命頑張れば、絶対幸せになれる、との母の教えを信じていた小学5年生の頃の風太郎(齋藤隆成=子役)。
しかし、あまりの貧乏生活ゆえ、身体を壊してしまった母は、薬を買うお金さえなく、あっけなく逝ってしまう。
「お金がないからおかあさんは死んだんだ……」

風太郎の悲しみ、憎しみは、次第にお金がないこと
への復讐に変わっていく。
たんぽぽ園を飛び出した風太郎は、酔っ払いの男性の懐から出ている財布を盗もうとするが、そこを以前からかわいがってもらっていた荻野宏(近藤公園)にみつかり、追いかけられてしまう。
人のものは盗んじゃいけないという宏だが
風太郎は、金のためならなんでもするズラと
宏にもらった野球のバットで殴りつけ・・。

数年後、風太郎は、社会の片隅でひっそりと暮らしていた。
派遣社員として工場を渡り歩く日々。
そこで金に困って苦しむ男・寺田(田口トモロヲ)と出会う。
「なんのために生きてるんだろう?」
という寺田の問いかけに対し、風太郎はただ黙って不気味な笑みを返すのみだった。

お金に困った寺田は、風太郎に接近。
風太郎の跡をつけ、風太郎がカプセルシャワーに行っている隙に
部屋に入り、畳の下に敷きつめられたお札を見つける。
金を持ち逃げようとするが、風太郎に見つかってしまう。
お金がないと死ぬしかないという寺田に「死ねばいい」という風太郎。
風太郎がお金を取り戻し帰ろうとするところで、寺田は、風太郎を鉄パイプで殴り始める。
二人はもみ合い、風太郎は、寺田から鉄パイプを奪うと
今度は自分から寺田を叩きのめし・・。

時を同じくしてその頃、刑事の荻野聡(宮川大輔)は、とある事件を執拗に追っていた。
捜査線上に浮かぶ風太郎の名前。
寺田殺害事件でも、派遣先のリストに風太郎の名前を見つける。

どうやら、風太郎がかわいがってもらっていた
荻野宏は、この刑事の弟らしいですね・・。


一方の風太郎は次の派遣先の三國造船の工場で、社長・三國譲次(山本圭)と一緒に工場見学をする美しい娘・緑(ミムラ)と再会する。
実はふたりには、ある過去があった。

小学生のころ緑の乗った車が風太郎の横を通った時に
水溜りが跳ね、風太郎の服を汚したことから風太郎は、三國家に
お邪魔することに。

お風呂に入らせてもらい、おやつのマカロンをいただくのだが
風太郎は、ふと母を思い出し、マカロンをランドセルに詰めていたところを緑にみられ、母親と謝りにくることになってしまう。
「いくら貧しくても人のものを盗むのは
間違ってると思います。
私軽蔑します。
いいお友達になれると思ったのに
もう顔も見たくありません」と言う緑。

母は、風太郎が、自分のためにマカロンを持ってこようと
したことを理解してくれたが、
同じ人間なのに悔しい・・と悔し涙を流していた。

現代。
派遣先は、三國造船。
そこで、風太郎は、緑を見つける。
あの幼いころマカロンの仕打ちを受けた緑だ。
風太郎は造船工場を手に入れる決意を固める。
風太郎は緑に近づくべく緑の運転する車に
飛び出す。

風太郎は目をさますと
ベッドの上だった
心配する緑は
「あたし、どうしていいかほんとにごめんなさい。
できるだけのことは・・」というと
風太郎はニヤリと笑う。
「いえ、とんでもないです。悪いのは僕ですから
ひょっとして緑さんですか?」と声をかけ・・。

※※
見ていてなんというか苦々しいものを感じましたが
目を背けちゃいけないと思いました。

貧乏をテーマにしたものというと
「貧乏男子」がありましたが
今回の風太郎はまさに真逆。
金のためならなんでもありで
彼は、殺人を重ねてるんですね。

彼の過去は、ほんとに数百円もままならない生活だったようです。
母の死の悲しみ、憎しみがお金に摩り替わっていき
彼は、お金にすざましいほどの執着心を持ちます。
確かに生きるために必要なものはお金でありますが
それだけではないんですよね。
お金=愛ではなく
どこか風太郎は欠けてるものを捜し求めているようにも
思います。
今後、幼いころ出会った三國緑に復讐?すべく
三國家に近づく風太郎でありますが
この難しいテーマどんな展開を見せてくれるのかとても
楽しみです。


引用元…銭ゲバ 公式HP
銭ゲバ Wikipedia

視聴率


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

原作:ジョージ秋山『銭ゲバ』(幻冬舎文庫)
4344410289銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)
ジョージ秋山
幻冬舎 2007-10

by G-Tools


主題歌
かりゆし58「さよなら」(LD&K Records)
B001MVG76Cさよなら(初回限定盤)(DVD付)
前川真悟
エル・ディー・アンド・ケイ 2009-02-04

by G-Tools


キャスト
蒲郡風太郎(23):松山ケンイチ
三國緑(24):ミムラ
萩野聡(36):宮川大輔
三國茜(21):木南晴夏
野々村香(16):石橋杏奈
菅田純(25):鈴木裕樹
野々村晴香(34):たくませいこ
桑田春子(19):志保
蒲郡風太郎・幼少(11):齋藤隆成
三國譲次(56):山本圭
蒲郡桃子(35):奥貫薫
野々村保彦(48):光石研
野々村祥子(36):りょう
蒲郡健蔵(45):椎名桔平

1話ゲスト
寺田(49):田口トモロヲ
萩野宏(22):近藤公園
ほか

スタッフ
原作:ジョージ秋山『銭ゲバ』(幻冬舎文庫)
脚本:岡田惠和
音楽:金子隆博
プロデューサー:河野英裕、難波利昭(AXON)
演出:大谷太郎、狩山俊輔
制作著作:日本テレビ




posted by まりこ(^▽^) at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。