Top 2009年(1月〜3月) >トライアングル 第一話「誰が少女を殺したか?」
2009年01月07日

トライアングル 第一話「誰が少女を殺したか?」

1984年1月。雑草の 生い茂る河川敷に、殺された10歳の少女・葛城佐智絵の無惨な遺体が横たわっていた。
そばに呆然と立つ少年の手は真っ赤な血に染まっており、呆然。
赤い手のまま帰ると、兄は、「殺人事件の時効は15年だ」と告げ・・。


それから15年後、未解決のまま事件が時効を迎えた日、25歳の医師・郷田亮二(江口洋介)は務めていた病院を辞め、フランスへ旅立つ。
2008年、リオンにあるインターポール本部の刑事に転身していた亮二は、パリで一人旅の女性・サチ(広末涼子)に身分を隠して接近する。
サチは、一人パリ旅行に来ていたが
母親にガイドをつけられていた。
しかし、亮二が(本来の相手に金を握らせ)
摩り替わり、サチのガイドをする。
二人は、楽しい時間を過ごし
亮二は、「いつか僕たちは再会する」と
予言めいた言葉を告げる。

その後、捜査研修のため日本に帰国した亮二は東京の大田西警察署に配属され、同署の刑事・黒木舜(稲垣吾郎)の父が警察庁幹部の黒木信造(北大路欣也)だと知る。
まもなく舜に、25年前に信造が担当し、すでに時効が成立している“葛城佐智絵殺害事件”の再捜査を促す匿名の電話がかかる。
この事件を(時効も過ぎ)「罪は消えてしまった」と切り捨てる。
亮二の反応に疑念を抱いた舜は、亮二の身辺調査を開始。
亮二の妹・唯衣(相武紗季)から
亮二が、まだ事件のことを調べていることを聞く。

そのころ亮二は、事件の新事実をつかんだという富岡康志(谷原章介)に接触。
富岡は事実を本に書いて公表しようとしていたが、事件の第一発見者であった堀米に原稿を渡したという。

亮二は、堀米に本を読みたいと接触するが断られる。
しかし、その後、堀米は、原稿を出版社に届けようとした時に
強盗に襲われ、原稿と200万が盗まれてしまう。

その後、大田西署が捜査に乗り出すが
堀米が、亮二のことを知っていたことから
舜は、堀米に近づき亮二のことを探ると
亮二も同じ小学校の同級生だったこと、
盗まれた原稿に執着していたことを突き止める。

舜は亮二にこの事実を突きつけ、亮二こそが佐智恵殺しの犯人なのではないかと迫るが、亮二は
「時効は成立している。罪は消えた」と言うばかり。
刑事事件としては時効だが、民事なら立件はできると主張する舜は「俺が罪を償わせてみせる」と言い放ち、止める亮二を振り切って佐智恵の母・清子(風吹ジュン)に会う。

そのころ、亮二は同窓会に出席していた。
そこにある女性がやってくる。
パリでガイドしたサチだった。

誰なのよと不思議がる同級生たちの中
亮二は
「彼女は葛城佐智恵さん」と紹介。
「おい、葛城はもう・・」と戸惑う同級生らに
「生きてたんだよね?
25年前俺らのクラスにいたあの葛城佐智恵
あの日殺された葛城佐智恵は
生きている」と告げる。
「そう。殺されてなんかない
あたしは、生きている。
あたしは、葛城佐智恵です。」とサチは、みんなの前で告げ・・。

葛城家。
佐智恵の母・清子の反応は意外なものだった。
「同窓会にでかけてます」
「生きてるって?」
「ええ。娘は生きてますわ」
その言葉に舜は混乱し・・。

※※
まず、佐智恵が殺されたのは、間違いないと思います。
殺害したのも亮二なのでしょうか。

サチは、おそらく養女として
育てられたのかもしれないですね。
「こんな風に一度でいいから
自分の時間を自由に過ごしたかった。
自分の人生を生きてみたかった。」と
言ったところでも感じられそうです。

堀米が出版社に原稿を届けようとしたところを
襲った犯人も亮二でしょうか。
時効を迎え「事件は消えた」と言っている亮二の
目的は何なのでしょう?
サチのことも初めから知って近づいていたようですしね。

早く真相が知りたいです(笑)


引用元…トライアングル公式HP

視聴率


ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

原作です。
4048738658トライアングル
新津 きよみ
角川グループパブリッシング 2008-09-25

by G-Tools


キャスト
・郷田 亮二(35):江口洋介(小学生時代の亮二:広田亮平)
国際警察刑事。
・黒木 舜(32):稲垣吾郎
大田西署の刑事。
・サチ(30):広末涼子
画家。
・郷田 唯衣(26):相武紗季
亮二の妹で、看護士。
・志摩野 鷹也(39):堺雅人
謎の男。
・富岡 康志(35):谷原章介
出版社のサラリーマン。亮二とは山陽小学校の同級生。
・秋本 了(35):佐々木蔵之介
月島建設のサラリーマン。亮二とは山陽小学校の同級生。
・丸山 慶太(50):小日向文世
大田西署の警部補。
・黒木 信造(59):北大路欣也
舜の父で、警視庁刑事部長。
・葛城 均(57):大杉漣
葛城 佐智絵の父。
・葛城 清子(56):風吹ジュン
葛城 佐智絵の母。
・葛城 佐智絵:志田友美

・福田萌
・堀米 卓也:マギー
有限会社ポポス社長。亮二とは山陽小学校の同級生。
・市川実和子
・片岡サチ
・中村倫也
・照川:石塚義之(アリtoキリギリス)

スタッフ
原作:新津きよみ「トライアングル」(角川書店刊)
脚本:水橋文美江
テーマイメージ曲:上原ひろみ「フラッシュバック」
主題歌: 小田和正「さよならは言わない」
音楽:澤野弘之、林ゆうき
プロデューサー:重松圭一(関西テレビ)、小寺健太(関西テレビ)
演出:三宅喜重(関西テレビ)、木内健人(5年D組)、白木啓一郎(関西テレビ)
制作協力:5年D組
製作著作:関西テレビ






posted by まりこ(^▽^) at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


フジテレビ「トライアングル(新番組)」第1話:誰が少女を殺したか?
Excerpt: どのような理由があっての、この展開なのでしょう? 物語を描くうえでの必然なのですか? それとも……。とりあえずは、次回に期待でしょうか?
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2009-01-09 01:35
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。