2009年01月04日

HERO(映画)

6年ぶりに虹ヶ浦から東京地検・城西支部に異動となった検事・久利は、いつものように通販が届き喜んでいた。
しかし、カタログはスペイン語でスペイン語攻略CDがついているという。
しかしそのCDはスペイン語会話のCDで・・。

久利生はある時、目下離婚調停真っ最中の芝山に代わり、芝山が起訴した傷害致死事件の公判検事を任されることになる。
容疑者・梅林は、自白しており、早期に決着がつくと思われていたが、容疑者が一転無罪を主張するという事態に見舞われてしまう。
その容疑者を刑事事件無罪獲得数日本一の敏腕弁護士・蒲生(がもう)一臣が弁護し、冷静な法廷戦術で久利生を追い詰めていく。
そんな中、久利生は特捜部によりこの事件が久利生が山口県・虹ヶ浦支部赴任時に大きな因縁がある代議士・花岡練三郎の贈収賄事件の鍵を握っていることを知る。
久利生と雨宮は捜査の過程の中で韓国・釜山へ向かいながらも奔走する。

やがて傷害致死事件の裁判は贈収賄疑惑の今後の展開を左右する裁判として全国民の注目を浴びるようになる。
花岡の疑惑を何としても証明したい特捜部。
互いを守るためにアリバイを工作する被疑者達。
大きな事件を前に浮足立つ城西支部の面々。今までに無い危機を迎える久利生は、それぞれの思いが絡むこの裁判を前に検事生命を掛けた一世一代の大勝負を仕掛けてくる。

※※
梅林の事件は、結婚式を控えた里山裕一郎さんが
タクシーを拾おうとしたときに梅林のタバコを踏んでしまい
その際口論となり、梅林が殴った拍子に縁石に頭を打ちつけ
里山さんが亡くなったという傷害事件でしたが
一転梅林が無罪を主張し始めます。
それには、ワケがありました。

衆議院議員の花岡は、1億の賄賂をうけとったという疑惑があり
現金の授受は神楽坂の料亭で行われていました。
そのアリバイに花岡は、
神楽坂のデンタルクリニックに居り、(お金を払えば
身辺情報は漏らさない、VIPご用達の歯科医院)
9月10日の夜は、正面玄関が閉まっており
通用口に警備員が立っていることから
警備員の梅林と会っていると使いたかったのですが
同じ日、梅林は三軒茶屋で
里中を殺害したあと、バイトに戻っており
花岡のアリバイが使えなくなってしまうため
焦った花岡側は、敏腕弁護士・蒲生をつけることになりました。

久利生と舞子は、事件現場で
梅林の乗っていたワゴン車が急いで逃げる際に
縁石に傷があったことを発見し
同じ傷を車に見つけようとしますが
車は、処分されたとのこと。
解体工場まで足を運びますが
実は、車が韓国に売り飛ばされていたことが
わかり
久利生と舞子は韓国まで探しに向かいます。
そこでは、検事のカン(イ・ビョンホン)が忙しく手が離せないので
カンの部下のキムが
通訳代わりに手伝ってくれたのですが
そこで、なぜか他の事件に巻き込まれ連れていかれてしまう舞子。
しかし、カンらの捜査の車が犯人の車を追い詰め
舞子は、無事久利生のもとへ。
カンは、『彼女を離すなよ』と韓国語で久利生に伝えますが
その時は、久利生も舞子もその会話の意味がわかりませんでした。

車が見つかったもののそれだけでは立証が弱いと
裁判ではねつけられた久利生でしたが
江上と末次が担当していた
郷田の放火事件から
9月10日も三軒茶屋に近い三宿で放火があり、
もしかしたら、(放火が続くと野次馬の写真をとり
犯人を捜すため)
写真に梅林が写ってるかもと
探し始めます。

しかし、城西支部のみんなで探したのにもかかわらず
梅林の写真はでてくることはなく、
八方ふさがりの中、
特捜の黛がたずねてきます。
黛らも、花岡議員の疑惑をつきとめるため
花岡を捕まえようとしてました。
黛は、久利生に花岡の供述書を渡し、裁判で使うように
力を貸してくれます。
久利生は、その資料から
花岡を証人に呼びたて・・。

そのころ、舞子は
野次馬の写真の中から携帯を持っている人をみつけ
携帯写真に梅林の写真を撮ってる人はいないかと
探し始めます。

花岡の証言は、自分の車で
神楽坂のデンタルクリニックに行ったといいますが
久利生は、梅林が警備を勤めていたビルには
夜3台の業者の車がもどっており、
梅林がいたなら、1台分のスペースには、梅林の車が止まっていたことから
花岡はどこに車を止めたのかと
問い詰めます。
苦しくなった花岡は、逆切れし、
「こんなつまらない裁判に出てやってるのに
もう答えるつもりはない
証言を拒否する権限がある」と言い出します。

そんな花岡を久利生は押さえつけ、
これは、三軒茶屋の真相を明らかにする裁判で
ここにいるすべての人が知る必要があるのだと
9月10日の梅林がおこした傷害事件について
細かく話し出します。

被害者の里中は、婚約者の松本めぐみ(国仲涼子)と結婚を控えており、指輪を取りに行き、
その日も打ち合わせの予定でした。
しかし、梅林に殺害され
何も知らないめぐみは、里中さんを待ち続け、
警察でいきなり、里中さんから零れ落ちた指輪を渡されたこと・・。

里中さんは、病院に運ばれるまで
二度も心臓を
再鼓動させていました。
「二度も止まりながら動き出したのは、
生きたかったからじゃないでしょうか。
彼には幸せにすると約束した人がいたからです。
彼女は知りたいはずです。
誰が彼の命を奪ったのか、
どうして最愛の人が死ななければいけなかったのか。
自分の利益のために犯人をかばい、嘘をつく人間がいるとしたら
俺は絶対許さない」と
力説する久利生。

そこに携帯写真にうつった梅林を見つけた
舞子と城西支部のみんながやってきて
証拠としてとして進呈されます。

写真は、放火犯人の野次馬の携帯、835人分から
探し当てたものでした。
蒲生もその写真を証拠品と確認し、
梅林の犯行は立証され、
花岡は退出。
後に、花岡は強制捜査が行われ逮捕となりました。

梅林の刑は懲役8年。
しかし、蒲生は、控訴するといいます。
二人の戦いは、まだ終わりませんが、
また、法廷でと笑顔で別れます。

法廷を出ると
城西支部のみんなが待っており、
芝山の離婚も取り消され
久利生と芝山の祝勝会だと
盛り上がります。

その後、久利生と舞子はいつのもバーへ。
久利生は、韓国で舞子が事件に巻き込まれ
食べられなかった「チョングッジャン」を頼むと
「あるよ」との声で作ってもらうことに。

舞子は、相変わらずそっけなく
一人で韓国にいこうと言い出します。
舞子は、カン検事が言っていた
台詞を口に出しますが
久利生は、「教えろよ」と
まだ意味がわかりません。
そこにバーテンが
自動翻訳機を二人の前に置きます。
久利生は、カンが言っていた言葉を
機械に告げると『彼女を離してはいけません』と
翻訳。
「そういうことか」と
久利生はようやく納得します。

そこで久利生も、ずっとイヤホンで聞いていたスペイン語で
ある言葉を告げます。

きょとんとする舞子に代わって
バーテンは、その言葉を代わりに
翻訳機に告げると
『約束します。離しません』と
表示され
二人はキスをかわし・・。

(終)

※※
伏線の使い方が絶妙でした!
当初自白もしていた梅林の容疑を立証するだけだったのに
なぜか梅林は花岡議員のアリバイに立てられてしまった
ので、何がなんでも無罪にしなければなならないという圧力に
立ち向かう久利生たち。
事件現場の縁石に乗り上げた車の傷をもとめ
車が売られてしまった韓国にとんだり
その韓国に飛んだのも、車を見つけるだけでなく
最後の伏線となった
『彼女を離すなよ』の台詞につながったり
オープニングで、なぜかスペイン語の会話の勉強をするハメになった久利生の勉強の成果?も
『彼女を離すなよ』の『答え』の部分につながってたり・・。

梅林の立証の鍵となった携帯写真も
江上が捜査していた放火犯・郷田がうまく使われていましたね。
ほんと、天晴れ!でした。

ただ、最後のキスシーンは取ってつけた感じだったかなぁ・・
バーテンが持ち出した
翻訳機が、異様に役立ってましたが
あの二人だったら、常に一緒にいたわけだし
キスするタイミングも、久利生だったら
「・・ちょっと待って」とか言って
さりげなくしちゃいそうだったのに・・(笑)

久利生が必死に舞子のつけている香水を探すシーンがありましたが
あれも、何かアクションがあるのかと思えば
「ビンゴ!」だけだったし
「わかった!おまえ、アレだろ、この香水つけてるだろ」とか
言うわけでもなく、彼の中では、探し当てたことで
解決しちゃったわけなんですね(笑)
香水をつけていた=久利生への恋心が伝わっていたかどうかは
まだその時点では定かではありませんでしたが
やはり韓国で、舞子が自分のノートに
訳していた
『この検事は変わり者です。
でも、私は大変優秀な検事だと思います。
久利生検事はどんな小さな事件でも真剣に取り組む検事です。
彼は決してあきらめない人です』
というのが決めてだったのかもしれないですね。

久利生と蒲生弁護士、花岡議員との一騎打ちも
迫力がありました。
蒲生弁護士はこれでもかと久利生を追い詰めていきますが
久利生もまた決してあきらめません。

花岡が、こんな裁判と口走ったことに対して
切々と、
「里山さんという人の命の重さを知る裁判なんです」と言った久利生もよかったです。
人の死に小さいも大きいもありませんね。

また、今回虹ヶ浦の滝田さんとりり子もでてきていました。
皮肉にも滝田さんは病魔に侵されてましたが
滝田は、久利生に大切な人がいるかと
確認してましたね。

カンも『彼女を離すなよ』と伝えたり
殺害された里中さんも彼女に会いたかったことでしょう。
そんな最愛の人に対する大切さもメッセージにこめられていたと思います。

当時、ドラマでものすごく盛り上がり
続編が映画になるということで
今日をとても待ち望んでました。
とても楽しかったです!!


引用元…HERO

HERO (2007年の映画)Wikipedia

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

B0011Z7ERKHERO スタンダード・エディション [DVD]
木村拓哉, 鈴木雅之
東宝 2008-03-08

by G-Tools


久利生が虹ヶ浦に検事として赴任した事件の話です。
B000GNOOMGHERO 特別編 [DVD]
木村拓哉, 堤 真一, 綾瀬はるか, 松たか子, 澤田鎌作
ジェネオン エンタテインメント 2009-03-04

by G-Tools


B0011Z7ERUHERO 特別限定版(3枚組) [DVD]
木村拓哉, 松たか子, 鈴木雅之
東宝 2008-03-08

by G-Tools



関連記事
ドラマスペシャル「HERO」
久利生が虹ヶ浦に赴任して、花岡議員がでてくるきっかけになった事件です。

キャスト
久利生公平 - 木村拓哉
雨宮舞子 - 松たか子
中村美鈴 - 大塚寧々
芝山貢 - 阿部寛
江上達夫 - 勝村政信
末次隆之 - 小日向文世
遠藤賢司 - 八嶋智人
牛丸豊 - 角野卓造
鍋島利光 - 児玉清
井戸秀二 - 正名僕蔵
バーテンダー - 田中要次

・河野桜子 - MEGUMI
6年間海外へ留学している間に浮気した婚約者をレンガで殴り、傷害容疑で送検された女性。

・郷田秀次 - 古田新太
寂しさから自転車のサドルに火をつけ続けていた連続放火犯。

・芝山良子 - 奥貫薫
芝山の妻。

・芝山の娘 - 山崎汐音
写真と声のみの登場。

・黒川ミサ - 鈴木砂羽
芝山の離婚裁判の妻側の弁護士。

・梅林圭介 - 波岡一喜
傷害致死事件を起こした被疑者。

・里山裕一郎 - 山中聡
傷害致死事件の被害者。

・松本めぐみ - 国仲涼子
梅林に殺された里山裕一郎の婚約者。。

・柏木節子 - 長野里美
傷害致死事件の第一通報者。

・川島雄三 - 伊藤正之
自動車解体工場の工員。

・滝田明彦 - 中井貴一
久利生が虹ヶ浦支部時代に担当した被疑者。
現在は癌に侵され余命幾ばくも無く、医療刑務所に服役している。

・泉谷りり子 - 綾瀬はるか
山口地検・虹ヶ浦支部の検事。

・花岡練三郎 - 森田一義
山口県下関市出身の衆議院議員で元国土交通大臣。

・大藪正博 - 石橋蓮司
花岡練三郎の秘書。

・カン・ミンウ - イ・ビョンホン(友情出演)
韓国・釜山地方検察庁の検事。
後に久利生と雨宮の関係に影響を与える一言
ク ヨジャ ノチジ マセヨ(彼女を離すなよ)と発言する。

・キム・ヒョンウ - ペク・ドビン
韓国・釜山地方検察庁の事務官でカン検事の部下。
日本語ができるため久利生や雨宮の捜査を手伝わされ二人に振り回されるが次第に理解を深めていく。

・黛雄作 - 香川照之
東京地検特捜部の検事。

・東山克彦 - 眞島秀和
東京地検特捜部の検事で黛の部下。

・桂山薫 - 岸部一徳
久利生が担当する傷害致死事件の裁判官。

・蒲生一臣 - 松本幸四郎
刑事事件無罪獲得数日本一を誇るヤメ検の弁護士。

スタッフ
製作 - 亀山千広
企画 - 大多亮
統括プロデュース - 石原隆
エグゼブティブプロデューサー - 清水賢治・島谷能成・飯島三智
プロデューサー - 現王園佳正・牧野正・宮澤徹・和田倉和利
ラインプロデューサー - 森賢正
脚本 - 福田靖
監督 - 鈴木雅之
助監督 - 片島章三・足立公良
音楽 - 服部隆之
撮影 - 蔦井孝洋
美術 - 荒川淳彦
スクリプター - 戸国歩
選曲 - 藤村義孝
VFXスーパーバイザー - 西村了
製作 - フジテレビジョン・東宝・J-dream・FNS27社
配給 - 東宝





posted by まりこ(^▽^) at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(3) | スペシャルドラマ・映画 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


CFVFDNF2mBC[50
Excerpt: 国仲涼子とにかく気になります。国仲涼子について毎日検索してしまうのです。今日は...
Weblog: 国仲涼子
Tracked: 2009-01-05 02:45

フジテレビ「新春映画スペシャル」〜HERO[2007年・日本]
Excerpt: 連続ドラマとドラマスペシャルに比べると、出来がよくなかったと思います。テレビドラマに比べてテンポが冗長で、時間の進みが長く感じました。
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2009-01-05 07:15

VFDNF2mBC[50CF`C5X31
Excerpt: 何気にはまってる国仲涼子。インターネットには沢山の国仲涼子に関連したブログやH...
Weblog: 国仲涼子
Tracked: 2009-01-05 23:47
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。