Top 2008年(10月〜12月) >チームバチスタの栄光 最終話「わずか3秒の完全犯罪!! 今、最も危険なオペが始まる」
2008年12月25日

チームバチスタの栄光 最終話「わずか3秒の完全犯罪!! 今、最も危険なオペが始まる」

桐生(伊原剛志)は「ケース27」の術死は、自分の医療ミスによるものだと認め、容態の急変により急遽行われることになった次のバチスタ手術は、垣谷(鶴見辰吾)が初執刀することになる。
しかし、オペ直前で垣谷が失踪してしまう。



 その頃、田口(伊藤淳史)は医局で偶然、ある写真を見つけて驚愕する。
それは小学生ぐらいの女の子の写真。このマーク、どこかで見たような…? すると背後から黒崎教授に写真を取り上げられ…?
 
『全てはサザンクロス病院から始まっていた』―互いの情報を持ち寄り、確信した田口と白鳥(仲村トオル)。改めて手術映像を見直したとき、見えてきた衝撃の真実とは―? そして、オペ室では前代未聞の事態が展開しようとしていた―!!

※※
犯人は、垣谷でした。
きっかけは10年前にさかのぼります。
垣谷の娘は、サザンクロス病院で心臓移植を受けていました。
その時の執刀医は、桐生。
移植は成功したもの、その後適合が合わず亡くなったといいます。
皮肉にもその後桐生は、日本に帰国し、垣谷と同じ病院へ
やってきます。
事情を知る黒崎教授は、垣谷を止めますが
垣谷は、チームバチスタに入ることに。

垣谷は、次第に桐生の異変に気づき始めます。
目が見えないのではないか。
娘のオペの時も見えてなかったのではないか・・。

そしてケース27。
桐生の傍には、渋滞に巻き込まれたため
鳴海は到着しておらず、
酒井は、動脈ラインがうまく取れず
大友さんも初めての器械出しなどの不利な条件が重なる中
垣谷は、あることを試そうとしてしまいます。

それは、みんなの集中が心臓から離れたわずかな瞬間に
心臓をつり上げておくため心臓の下の部分の心膜を糸で引っ張るターニケットを高く吊り上げ、心臓を回転させてしまうこと。
桐生は、目がかすみ、そのことに気づかず
違う部位を切ってしまう。
ケース27は医療ミスではなく、
医療ミスを引き起こした垣谷の意図的な行動から
おきた術死でした。

白鳥は、手術の映像を見比べ、ケース27だけ心臓を吊り上げる管・ターニケットが
長い事に気づきます。
そのことから、心臓を回転させたと見抜き
また、田口は、サザンクロス病院にいた垣谷の
娘の情報から
垣谷の行動を突き止めることができました。

そんな中、垣谷は、桐生の代わりのもと、バチスタ手術を行います。
一時は、成功し、再鼓動したと思われましたが
次第に血圧が下がり始め・・。

もうだめかと思われたとき、観察室にいた桐生が
オペ室に下りてきます。
桐生はSAVE手術を命じ、桐生の指導、鳴海の目から
垣谷が再びメスを握ります。

SAVE手術は無事成功。
そして、手術を終えた垣谷に事実をつきつけると
垣谷は、桐生に頭を下げました。

「あなたに、ミスをおこさせたのは私です。
心臓が、再鼓動しなかった瞬間
とんでもないことをしたと思いました。
あれからずっと自分を責め続け・・」と
告白する垣谷。

彼は、そのまま院長のもとにいき、
病院は辞めることに。

桐生も医者を退くと話しますが
田口が、戻ってきてくださいと呼びかけ・・。
鳴海は、アメリカに戻り病理医としてやり直すとのこと
でした。

病院には、記者が押し寄せます。
5件の術死のうち、ケース27の自供は
垣谷の証拠不十分なため不起訴。
残り4件の氷室の犯行は、
立件されたのは、最後の一件のみでした。

愁訴外来に着た大友さんは
守ろうとしたチームって何だろう?
何も残らなかったのではと話しますが
そこに藤原さんは、1通の回復したアガピからのはがきを持ってきます。
少なくともバチスタで救った命は残っていると告げ・・。

白鳥は病院を去り、
テレビでみかけるようになり活躍を見守っている中
(原作者の海堂先生が司会役でした・・)

なぜか再び白鳥が東城医大にやってきます。
それは、田口をつれていくため。
田口は、医療過誤を防ぐためのメンバーとして
任命されたといいます。

田口は一つ疑問に残っていることがありました。
怪文書は誰が送りつけたか。
それは、なんと白鳥先生自身だったのです。
「そういうのなければ、いられないでしょ?
今まで気づかなかったの?」と白鳥。
唖然とする田口でした。

(終)

※※
なんとなく、先週女の子が出たあたりで
垣谷先生の娘かと思ったのですが
そんな経緯での意図的な術死なんですね。
桐生先生に対する気持ちはわかりますが
関係のない患者を巻き込んではいけないですよね・・。
でも、最後のケース35は、みんなの協力のもとのオペで
患者を救うことができてよかった。
チームはバラバラになってしまたけど
確かに助けた命は存在してるんですよね。
そんなラストもよかったです。

田口と白鳥のやりとりも、毎回小気味よくて
楽しめました。
でも、二度目の怪文書が白鳥が書いたものだったなんて
それはやりすぎじゃ・・(笑)


引用元…チームバチスタの栄光 公式HP

視聴率
15.2→11.7→12.5→12.2→11.8→13.2→13.5→14.2→12.3→12.2
→16.5
平均13.2%

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

主題歌です。
B001GM7GUI守りたいもの
青山テルマ
UNIVERSAL J(P)(M) 2008-11-12

by G-Tools


原作です。
4796650792チーム・バチスタの栄光
海堂 尊
宝島社 2006-01

by G-Tools


チームバチスタの栄光 レビュー(ネタバレあり)

映画化もされました。
こちらは、田口先生が女性になっています。
B001960LH6チーム・バチスタの栄光
竹内結子, 阿部寛, 吉川晃司, 池内博之, 中村義洋
TCエンタテインメント 2008-08-08

by G-Tools


関連記事
チームバチスタの栄光 第一話
チームバチスタの栄光 第二話
チームバチスタの栄光 第三話
チームバチスタの栄光 第四話
チームバチスタの栄光 第五話
チームバチスタの栄光 第六話
チームバチスタの栄光 第七話
チームバチスタの栄光 第八話
チームバチスタの栄光 第九話
チームバチスタの栄光 第十話

キャスト
東城大学医学部付属病院

田口公平(心療内科医) - 伊藤淳史
藤原真琴(特別愁訴外来看護師) - 名取裕子
高階権太(病院長) - 林隆三
厚生労働省

白鳥圭輔(大臣官房秘書課付技官) - 仲村トオル
チーム・バチスタ

桐生恭一(執刀医) - 伊原剛志
鳴海 涼(病理医) - 宮川大輔
大友直美(器械出し) - 釈由美子
氷室貢一郎(麻酔科医) - 城田優
垣谷雄次(第一助手) - 鶴見辰吾
酒井利樹(第二助手) - 鈴木裕樹
羽場貴之(臨床工学技士) - 戸田昌宏
田口家

田口周蔵(祖父) - 横山あきお
田口翠(田口公平の妹/長女) - 彩木里紗
田口茜(田口公平の妹/次女) - 石井美絵子
喫茶店「BEANS FARM」

岸川保(マスター) - 木下ほうか
岸川マリ(ママ) - 奥貫薫
その他

宮原加奈子 - ちすん
星野響子 - うえむらちか
橋本由紀子 - 朝加真由美(第一話)
鈴田 - 遠山俊也(第一話)
木村(特別愁訴外来患者) - 田中要次(第一話)

楽曲
主題歌 - 青山テルマ「守りたいもの」
挿入歌 - 永崎翔「答えはそこだ」

スタッフ
脚本 - 後藤法子
音楽 - 羽岡佳・妹尾武
プロデューサー - 豊福陽子・遠田孝一・八巻かおる
演出 - 植田尚・今井和久
技術協力 - フォーチュン、Kカンパニー、バウムレーベン、SPOT
美術協力 - フジアール
スタジオ - レモンスタジオ
制作 - 関西テレビ・MMJ








posted by まりこ(^▽^) at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(10月〜12月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/111675364
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。