Top 2008年(10月〜12月) >セレブと貧乏太郎 第八話「さよなら父ちゃん」
2008年12月04日

セレブと貧乏太郎 第八話「さよなら父ちゃん」

美田園アリス(上戸彩)の継母、真紀子(若村麻由美)は美田園ホールディングスの経営権を手中に収めた。
アリスは、真紀子と一緒にいるのがイヤで、参加する予定もなかった『ラブ・アリス』の社員旅行に出かけてしまう。


アリスが東京に留守の間に、真紀子は佐藤太郎(上地雄輔)に接近。
アリスと二度と会うな、さらに運転手を解雇にすると通達した。また、自分に逆らえば太郎に関わるもの全てを失うことになると脅しまでかける。

その矢先、佐藤家でボヤが発生。放火の疑いもある。
水浸しの部屋に住むことの出来ない太郎だが、真紀子の一件から仲間たちにも助けを求めることも出来ずに、公園で暮らすことになった。

一方、そんなことを知らないアリスは、旅行先のルールで社員たちの召使をやらされてしまう。
いやいやながらもルールに従うアリスだが、ついに嫌気がさして裏庭に出た時、熊と遭遇して失神。アリスを助けたのは探しに来た後藤田司(柏原崇)だった。後藤田から、佐藤家に起きた出来事を聞いたアリスは…。

アリスは、太郎の子供たちのもとへ。
聞くと、太郎は、子供を置いてジンバブエに行くという。
そのことを問いただすアリスだが
太郎も、子供たちが市役所の児童相談所に引き取られるか
なに不自由なく幸せな日々を過ごすことができるか
真紀子に条件を提示されており、飲み込むしかなかったのだ。

空港に向かうバスに乗り込んでしまう太郎。
追いかける子供たちとアリス・・。
しかし、太郎はバスから降りて戻ってきました。
家も商店街のみんなで修復し、また住めるようになりました。

アリスは真紀子のもとへ
「子供たちをあんな目に合わせてあなたを許さない」と
アリスは真紀子をひっぱたきます。
しかし、真紀子もひっぱたき返し
「貧乏太郎にかかわってるのはあなたのほうでしょ」とぴしゃり。
「一つだけ大切なこと言い忘れたわ
5年前のあの日のことだけど・・」といい・・。


太郎はほんとにジンバブエに行ってしまうのかと
ハラハラしてしまいました。
真紀子も痛いところをついてきましたよね。

ようやく5年前の事実が明らかになりそうです。
アリスと後藤田の結婚式のシーンがありましたが
太郎とアリスの恋は・・。


引用元…セレブと貧乏太郎 公式HP

視聴率
17.6→15.0→15.2→11.6→14.9→11.4→10.2→11.2

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

ドラマ内で登場しているシリーズです。


主題歌
いきものがかり『気まぐれロマンティック』(Epic Records)
挿入歌:Safarii『Hero』(Sony Music)

B001HBQKQ4気まぐれロマンティック
いきものがかり
エピックレコードジャパン 2008-12-03

by G-Tools


B001HBQLH2Hero(初回生産限定盤)(DVD付)
Safarii
ソニー・ミュージックレコーズ 2008-11-26

by G-Tools


関連記事
セレブと貧乏太郎 第一話
セレブと貧乏太郎 第二話
セレブと貧乏太郎 第三話
セレブと貧乏太郎 第四話
セレブと貧乏太郎 第五話
セレブと貧乏太郎 第六話
セレブと貧乏太郎 第七話

キャスト
・美田園 アリス(23) - 上戸彩
本作の主人公。ホテル王の父親と女優の母親(5歳の時に他界)を持つ令嬢。幼少時から何不自由がない環境で育ち、世間知らずで苦労とは無縁の生活を送っていた。現在は、ファッションブランド『ラブ・アリス』のプロデューサーとして活動。反面、父親は多忙で継母・真紀子とは不仲で、家族との交流は薄い。イメージは、パリス・ヒルトン。
・佐藤 太郎(30) - 上地雄輔
本作のもう1人の主人公。幼少時から金銭に苦労しており、現在も日雇い労働者として働く、ワーキングプアの青年。中学・高校時代は、野球部に所属。高校時代に優希と出会い、卒業後に結婚、3人の子供をもうけるが、5年前に妻と死別する。仲間思いで、貧乏ながらも前向きな性格だが、余計な一言で早とちりする事が多い。
・安田 幸子(29) -国仲涼子
太郎の幼馴染。太郎の亡き妻・優希と共に野球部のマネージャーだった。実は、太郎の事が好きだが、彼が優希の事が好きだった為に身を引くが、未だ想いは変わらない。現在は『ラブ・アリス』の派遣社員として働いている。
・後藤田 司(31) - 柏原崇
アリスの元恋人。美形で、聡明かつ有能な企業家。ある日、突然ニューヨークへ旅立つが、訳あって日本に帰国する。
・大野 緑(35) - 三浦理恵子
アリス専属のホテルの世話係。失敗が多く、よくアリスに怒られるが、彼女に助言を与える事もある。明るく寛大な性格。
・公文 晃(38) - 宅間孝行
アリスをしつこく追い回す、パパラッチの男性。
・河田 陽子(45) - キムラ緑子
『ラブ・アリス』のマネージャー。
・江原 まなみ(28) - 中山恵
『ラブ・アリス』のデザイナー。
・市井 静(25) - 上野なつひ
『ラブ・アリス』のデザイナー。
・坂本 丈二(30) - 田村裕(麒麟)
太郎の幼馴染。中学時代は彼と野球部に所属していたが、高校進学時に両親が蒸発した事で中退。現在は、鮮魚店を営んでいる。
・坂本 和樹(14) - 黒木辰哉
丈二の弟。顔は兄と瓜二つ。兄の為に、多くのバイトをこなす。
・柳沢 茂(57) - 田山涼成
太郎の家の近所の青果店の店主で商店街会長。
・戸川 誠一(46) - 酒井敏也
・太郎の家の近所の理髪店店主。
津田 智彦(24) - 是近敦之
『ラブ・アリス』派遣社員。
・佐藤 一郎(8) - 清水優哉
太郎の息子で長男。内気だが、しっかり者。
・佐藤 花子(6) - 北村燦來
太郎の娘で長女。おませな性格。
・佐藤 二郎(5) - 小林海人
太郎の息子で末っ子。元気で明るい性格。
・佐藤 優希(享年25) - いとうあいこ
太郎の妻。二郎の出産直後、他界。
・美田園 真紀子(42) - 若村麻由美
アリスの継母。支配欲が強く、アリスがビジネスで大成している事に不満があり、彼女との仲も悪い。
・安田 啓一(53) - 山下真司
幸子の父親。大衆食堂『だるま』を経営する。
・郡司 康夫(55) - 風間杜夫
アリスの秘書。彼女が3歳の頃から、面倒を見ている。

第七話ゲスト
・西山 - 姜暢雄(7話)
昔、小説家を目指していた結婚詐欺師。本名は東郷十三。
・仁志山達夫 - 佐戸井けん太(7話)
安田啓一が結婚コンサルタントだと思っていた男。本当はゴーストライター
・やくみつる(7話)
太郎がアリスや後藤田のことを聞きに行った。
・北芝健(7話)
ニュースで結婚詐欺のことについて解説していた。

スタッフ
脚本:徳永友一
演出:松田秀知・石川淳一・佐藤源太・北川学(全て共同テレビ)
ナレーション:森山周一郎
音楽:山下康介
ファッション監修:サマンサタバサジャパンリミテッド
企画:後藤博幸・成河広明
プロデュース:土屋健(共同テレビ)
制作:フジテレビ・共同テレビ










posted by まりこ(^▽^) at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(10月〜12月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


セレブと貧乏太郎 第8回 感想
Excerpt: 『さよなら父ちゃん』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2008-12-04 19:28
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。