Top 2008年(10月〜12月) >チームバチスタの栄光 第六話「オペ室の完全犯罪…犯人はお前だ」
2008年11月20日

チームバチスタの栄光 第六話「オペ室の完全犯罪…犯人はお前だ」

田口(伊藤淳史)は必死に手術の中止を桐生(伊原剛志)に訴えるも、容体が急変した蔵田(田村元治)はオペ室へと運ばれてしまう。田口から電話を受けた白鳥(仲村トオル)も東城医大へとタクシーを飛ばすが、蔵田へのバチスタ手術は始まってしまった。

オペ室に入室さえできなかった田口が観覧室から手術を見守る中、蔵田へのバチスタ手術は順調に進められる。
最後に心血流を再開し、全員が祈るような気持ちで手術台の上の蔵田を見守っていた。
 
しかし…。3分が経過するも再鼓動せず、氷室(城田優)が強心剤を打つ光景を見ていられなくなる田口。
ようやく病院に到着した白鳥は、スーツ姿のままで手術室に入ろうとするが警備員に止められてしまう…。


オペは終了するが、蔵田さんの心臓は、再鼓動せず術死を迎えてしまう。
白鳥は、遺族に解剖の許可を頼み、心臓を再び開けるが
異常は見当たらない。
これ以上遺体を傷つけることはできず
思いついた方法は遺体をMRIにかけ
画像診断するAi(オートプシーイメージング)だった。

オートプシー・イメージング(Ai)

白鳥は、その映像から心臓に不審な点を発見する。
その点の曲線から、心臓にスワンガンツカテーテルで電極を流し
心臓の心筋を焼ききっていたことが判明する。
そのことができるのは、麻酔科医の氷室だけだった。

スワンガンツカテーテル

今まで子供の死亡例がなかったのは、
子供には、スワンガンツカテーテルを使うことがなかったからという氷室。
田口は、どうして5人も殺さなきゃいけなかったのか
問い詰めるが、
氷室は、「全員僕がやったなんていつ言いました?
術死は続く。これからも
犯人は、他にもいる。この中にね」と氷室はみんなを指差す。
「オペ室の殺人者は僕だけじゃない」と告げ
オペ室は凍りつく。

田口は自分は誰の力にもなれなかったと
自分をせめているころ、氷室は失踪してしまい・・。

※※
犯人が氷室先生というのは原作どおりでしたね。
遺族を説得して解剖したり、Aiを使って診断するところなど
鬼気迫っていてとてもよかったと思います。
しかし、厳密にいえば、術死5例とも氷室先生がやったというのを証言するのは、不可能。
なぜなら遺体は、解剖されておらず、すでに焼かれて存在してないから調べようがないんですよね。
このあたりのあいまいさをどうするのか。
また、他にも犯人は、いるといった氷室ですが
一体誰が・・。


引用元…チームバチスタの栄光 公式HP

視聴率
15.2→11.7→12.5→12.2→11.8→13.2

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

主題歌です。
B001GM7GUI守りたいもの
青山テルマ
UNIVERSAL J(P)(M) 2008-11-12

by G-Tools


原作です。
4796650792チーム・バチスタの栄光
海堂 尊
宝島社 2006-01

by G-Tools


チームバチスタの栄光 レビュー(ネタバレあり)

映画化もされました。
こちらは、田口先生が女性になっています。
B001960LH6チーム・バチスタの栄光
竹内結子, 阿部寛, 吉川晃司, 池内博之, 中村義洋
TCエンタテインメント 2008-08-08

by G-Tools


関連記事
チームバチスタの栄光 第一話
チームバチスタの栄光 第二話
チームバチスタの栄光 第三話
チームバチスタの栄光 第四話
チームバチスタの栄光 第五話

キャスト
東城大学医学部付属病院

田口公平(心療内科医) - 伊藤淳史
藤原真琴(特別愁訴外来看護師) - 名取裕子
高階権太(病院長) - 林隆三
厚生労働省

白鳥圭輔(大臣官房秘書課付技官) - 仲村トオル
チーム・バチスタ

桐生恭一(執刀医) - 伊原剛志
鳴海 涼(病理医) - 宮川大輔
大友直美(器械出し) - 釈由美子
氷室貢一郎(麻酔科医) - 城田優
垣谷雄次(第一助手) - 鶴見辰吾
酒井利樹(第二助手) - 鈴木裕樹
羽場貴之(臨床工学技士) - 戸田昌宏
田口家

田口周蔵(祖父) - 横山あきお
田口翠(田口公平の妹/長女) - 彩木里紗
田口茜(田口公平の妹/次女) - 石井美絵子
喫茶店「BEANS FARM」

岸川保(マスター) - 木下ほうか
岸川マリ(ママ) - 奥貫薫
その他

宮原加奈子 - ちすん
星野響子 - うえむらちか
橋本由紀子 - 朝加真由美(第一話)
鈴田 - 遠山俊也(第一話)
木村(特別愁訴外来患者) - 田中要次(第一話)

楽曲
主題歌 - 青山テルマ「守りたいもの」
挿入歌 - 永崎翔「答えはそこだ」

スタッフ
脚本 - 後藤法子
音楽 - 羽岡佳・妹尾武
プロデューサー - 豊福陽子・遠田孝一・八巻かおる
演出 - 植田尚・今井和久
技術協力 - フォーチュン、Kカンパニー、バウムレーベン、SPOT
美術協力 - フジアール
スタジオ - レモンスタジオ
制作 - 関西テレビ・MMJ






posted by まりこ(^▽^) at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(10月〜12月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


チーム・バチスタの栄光 第6回 感想
Excerpt: 『オペ室の完全犯罪…犯人はお前だ』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2008-11-21 19:50
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。