Top 2008年(10月〜12月) >チームバチスタの栄光 第一話「医療ミスか?殺人か?」
2008年10月16日

チームバチスタの栄光 第一話「医療ミスか?殺人か?」

その日、東城大学医学部付属病院の心臓血管外科では、バチスタ手術―拡張型心筋症を心臓移植ではなく、肥大した心臓を切り取り小さく作り直すことで治療する極めて難度の高い手術−が行われていた。
執刀医の桐生(伊原剛志)を中心とする7人の"チーム・バチスタ"は、その手術で成功率100%を誇っていたが、ある時から3例立て続けに患者がオペ中に死亡する"術中死"が起きてしまう。



同じ頃、心療内科特別愁訴(とくべつしゅうそ)外来の診察医・田口(伊藤淳史)は、患者の訴えに辛抱強く耳を傾けていた。
そんな田口に、ベテラン看護師で病院の情報通・藤原(名取裕子)が、病院長が呼んでいると告げる。
病院長の高階(林隆三)は田口に意外なことを申し出た。
チーム・バチスタ一連の術中死の原因を探ってほしいというのだ。

理由もわからず調査に乗り出し、次のバチスタ手術のミーティングに出席した田口は案の定、桐生に邪魔者扱いされる。
チーム・バチスタのメンバーは桐生の他に麻酔科医の氷室(城田優)、第一助手の垣谷(鶴見辰吾)、第二助手で田口と同期の酒井(鈴木裕樹)、臨床工学技士の羽場(戸田昌宏)、病理医の鳴海(宮川大輔)、器械出しの直美(釈由美子)。
以前、器械出しは星野という看護師が務めていたが、結婚退職して直美に替わったという。また病理医の鳴海は桐生の義理の弟で、密接な関係らしい。そんな中、直美は隙を見てそっと田口に「患者を殺したのは私」と謎の言葉を残す。

一方、東城医大には橋から川に転落し運ばれてきた白鳥(仲村トオル)という男が、症状を勝手に自己診断したり、食事にケチをつけたりして看護師たちの手を焼かせていた。
チーム・バチスタの次の手術対象は由紀子(朝加真由美)というやり手の社長。特別愁訴外来に送られて来た白鳥は、田口をなれなれしく"グッチー"と呼び、なぜか田口がチーム・バチスタを調査することも知っている。そして「生半可に関わると痛い目に遭う」と忠告する。

由紀子のオペ前日、過去の資料に目を通した田口は、最初の失敗例と2番目との間に子供の成功例があることを知る。
そんな時、由紀子が病室から姿を消した。
慌てて探しに出た田口は、駐車場付近で偶然出くわした由紀子と桐生を発見。
「今日中に行きたいところがある」と言う由紀子を、田口は桐生に強引に頼み込み、桐生の車で連れ出す。
15年前に捨てた息子の写真を手に入れ、手術のお守りにしたいと言う由紀子だが、すれ違う息子の顔すら見ることができなかった。
田口は、由紀子を息子に会わせようとするが
汗のにおいがしているのを感じられることが
できただけでよかったと納得する。

そんな由紀子に田口は、自分と桐生、そして由紀子のスリーショット写真を撮り、お守りとして渡す。

そしてオペ当日。
手術室に運ばれる由紀子は、田口にある頼みごとをする。桐生に手術室への入室を許可されなかった田口は観覧室に移動しオペを見守るが、なぜかそこに白鳥が、病院長の高階とともに来ていた。

田口の祈りも虚しく、またしても手術は失敗し、由紀子は還らぬ人となってしまう。落ち込んで自分を責める直美に、垣谷は直美を疑うような発言をする。
涙が止まらない田口に、次の患者を救う方法を考えるのが医者で、泣くのは医者ではないと冷たく突き放す桐生。
しかし桐生は準備していた辞表に手をかけ、ミスもなく原因がわからないままに患者を死なせ続けることは、これ以上耐えられないと初めて感情を露わにする。

そんな桐生に田口は、次の手術には立会うから辞めるなら原因を見つけてからにしてほしいと頼む。
そしてオペ前に由紀子から託されたものを桐生に渡す。それは昨晩3人で撮った写真で、裏には"ありがとう、桐生先生"の文字が書かれていた。桐生は1週間後に次の手術を行なうことを告げ、田口の立会いを許可する

その頃、病院長室では白鳥が、チーム・バチスタの失敗は医療事故ではなく、殺人の可能性もあると話していた。そして次のオペに入室を許可されたことを告げに来た田口に、高階は白鳥も調査を手伝うと告げる。白鳥が差し出した名刺には「厚生労働省大臣官房秘書課付技官」の肩書きが…。

※※
原作読みました。
一番印象が違うと思ったのが
桐生先生ですね。
原作だと、わりと最初からもっと田口先生ともフレンドリーな
関係なのですが、彼のキャラは、もっとクールで
ドラマ用に変更されたのかもしれません。

白鳥さんの登場もやはり早かったですね。
原作では、前半は、ほとんど田口先生が他の医師からの聞き込みで
半分ほどきたところでようやく登場なのですが
この方、医師免許もあるほんとにすごい人物なんです。
ただ、ちょっと口が悪い?ところがたまに傷ですが
そのズバズバした性格を生かしてもっとチームバチスタを切り込んでほしいです。

ミスのないオペの中の術死。
原作どおりであれば、実は作為的に起こっているものです。
また、ある医師の体調不良というのも重なっているのですが
原作を変えてくると宣言してるので、
どこをどう改変してくるかとても楽しみです。


引用元…チームバチスタの栄光 公式HP

視聴率
15.2

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

主題歌です。
B001GM7GUI守りたいもの
青山テルマ
UNIVERSAL J(P)(M) 2008-11-12

by G-Tools


原作です。
4796650792チーム・バチスタの栄光
海堂 尊
宝島社 2006-01

by G-Tools


映画化もされました。
こちらは、田口先生が女性になっています。
B001960LH6チーム・バチスタの栄光
竹内結子, 阿部寛, 吉川晃司, 池内博之, 中村義洋
TCエンタテインメント 2008-08-08

by G-Tools


キャスト
東城大学医学部付属病院

田口公平(心療内科医) - 伊藤淳史
藤原真琴(特別愁訴外来看護師) - 名取裕子
高階権太(病院長) - 林隆三
厚生労働省

白鳥圭輔(大臣官房秘書課付技官) - 仲村トオル
チーム・バチスタ

桐生恭一(執刀医) - 伊原剛志
鳴海 涼(病理医) - 宮川大輔
大友直美(器械出し) - 釈由美子
氷室貢一郎(麻酔科医) - 城田優
垣谷雄次(第一助手) - 鶴見辰吾
酒井利樹(第二助手) - 鈴木裕樹
羽場貴之(臨床工学技士) - 戸田昌宏
田口家

田口周蔵(祖父) - 横山あきお
田口翠(田口公平の妹/長女) - 彩木里紗
田口茜(田口公平の妹/次女) - 石井美絵子
喫茶店「BEANS FARM」

岸川保(マスター) - 木下ほうか
岸川マリ(ママ) - 奥貫薫
その他

宮原加奈子 - ちすん
星野響子 - うえむらちか
橋本由紀子 - 朝加真由美(第一話)
鈴田 - 遠山俊也(第一話)
木村(特別愁訴外来患者) - 田中要次(第一話)

楽曲
主題歌 - 青山テルマ「守りたいもの」
挿入歌 - 永崎翔「答えはそこだ」

スタッフ
脚本 - 後藤法子
音楽 - 羽岡佳・妹尾武
プロデューサー - 豊福陽子・遠田孝一・八巻かおる
演出 - 植田尚・今井和久
技術協力 - フォーチュン、Kカンパニー、バウムレーベン、SPOT
美術協力 - フジアール
スタジオ - レモンスタジオ
制作 - 関西テレビ・MMJ







posted by まりこ(^▽^) at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(10月〜12月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


チーム・バチスタの栄光 第1回 感想
Excerpt: 『謎』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2008-10-18 00:29
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。