Top 野ブタ。をプロデュース >野ブタ。をプロデュース 第9話 「別れても友達」
2005年12月13日

野ブタ。をプロデュース 第9話 「別れても友達」

修二は、母が買ってきたブタのお土産を2人に渡していた。
何のお守り?と聞く二人に
「友情とか・・」という修二

「ありがとう大事にする」と信子
「これで永遠の友達だな」と彰
「オレが買ったわけじゃないから」と言い訳をする
修二だった。

修二は、仲間たちにあいさつするが
無視され続けていた。

カスミは、信子が持っていたブタに興味を持ち
買ったの?と聞く。

『あいつを見ていると嫌な予感で胸がいっぱいになる
息苦しくなる』

家に帰ると浩二が、兄ちゃんの友達来てるぞという。

カスミが、桐谷家にいた。

「何してるの?」
「あたしの作るハンバーグおいしいよ」とハンバーグを作るカスミ。
カスミは、1個あまっているからとブタの置物を悟志からもらう。

「桐谷くん約束の写真ね」と渡すと
塾があるからと帰っていった。

修二は、カスミの作ったハンバーグをすべてゴミ箱に入れ
なんか買ってくるよと飛び出す

『嫌いとかそういレベルじゃない
オレは、こいつが・・』

修二は、カスミを追いかける
「おまえなにがしたいんだ?」
カスミは、プロデュース作戦に参加させて欲しいと言い出し
そしたら桐谷君の言うとおり小谷さんになにもいわずに消えてあげるという
条件を出してきた。

『何を考えているかわからないこいつが怖い・・』

カスミは、信子に声をかける。
「桐谷君と仲直りしたんだ
桐谷くんが私もプロデュースに参加しないかって
あたしも仲間にいれてくれないかな」

修二は、今までの嫌がらせは全部蒼井のしわざだと彰にうちあける。
彰は、「ぶっとばしてきます」というが
「女に手出さないんだろ」と修二に止められる。

修二は、カスミを友達に入れて欲しいということを伝える
以前殻にこもっていた信子は、
『信じて心開いても惨めな思いするだけ』と言っていた。
今度殻に閉じこもったら二度と出てこれない気がすると修二は心配していた。

信子とカスミは、屋上にやってくる
「よろしくね」とカスミが挨拶する。

『オレは、怖くて仕方なかった
多分道を間違えたのはそのせいだ』

「やっぱりさ決め台詞きめたほうがいい」という修二。
彰の部屋で盛り上がっていた。

「もっとまじめに考えようよ」とカスミ
「みんなが言うの生ぬるいんだよ
だからまだ垢抜けてないんじゃない?
人気者になるならもっとやらなきゃいけないこといっぱいある」と言うカスミ。

「なんでもできる野ブタっておもしろいか?
何もできない野ブタが頑張ってのがおもしろいんじゃないか?
正統派じゃない」と修二が言うが
「小谷さんには、誰にもみとめられる人になって欲しい」というカスミ
「えらそうなこといって」と彰
「私が努力すればいい話だから」と信子は、了承した。

カスミとの帰り道
「なんかごめんね。勝手なことばかりしゃべって
スカートの丈変えてみない?
髪の毛結んだほうがかわいいと思うんだよね。やってみない?」と
信子をプロデュースしていく。

彰が下宿している豆腐屋では一平が2.3日休業にして
旅館の女将に会いに行くという。
女将が早くに旦那を亡くしてオレに聞いて欲しいことがあると聞き
女で一つで旅館を続けるのが大変になったのではと想像する一平
オレが、もし帰ってこなかったら結婚ということになったと
思ってくれと言い残す。

信子は、カスミの言うとおりにスカートの丈を短くして
紙も結んできていた。
カスミは、信子のしゃべり方がおどどおしてると指摘
背筋伸ばして女の子らしくしゃべるように指導する。
「できる。。かな」
「大丈夫」

ランチタイム放送
「なんか普通しゃべり方のせいかな
キャラ変わったよね」
「スカートの丈短くなったからかな」と信子の変化にクラスメートたちの
反応は、いまいちだった。

屋上
「元に戻したい」と信子は、カスミに伝える。
「どういうこと?」」
「こういうの自分じゃないみたいだし
プロデュースってそういうことでしょ?
自分じゃない自分演出することでしょ?という。

「あのさ、本人がヤダっていってるんだから」と修二
「どうしてすぐあまやかすの?
小谷さんのためじゃないでしょ」
「我慢したり辛抱がいいわけ?」
「人間はそうじゃなきゃ進歩しないでしょ」
「我慢したり辛抱してるから人に優しくできる
優しくされたいし人にもしていきたい」と修二

「優しくされたいなんて子供じゃない」とカスミ
「オレは、ただのガキです」と言い返す修二

彰の下駄箱にまた手紙が入ってた。
カスミが「今度は、キスした写真かもね」と彰に近づく
「写真みたんでしょ?なんで桐谷くんたちとつきあえるわけ?
苦しくないの?」

「オレん中では修二と野ブタが一番なの
オレ自身が二番なの」
「嘘つき。誰だって自分が一番に決まってるじゃない」というカスミに
「嘘じゃないよ。毎日楽しいのが大事でしょ?
だから俺はそっちを取ったの」と彰

「そういえばさ、根本的にやり方間違ってない?
人は試すものじゃない。育てるもんだよ 
愛を持って」とカスミに告げる。

信子の机には、カスミのポーチが置かれていた。
ポーチの角に黄色い塗料がついていたのを見て
信子は、今までの嫌がらせが思い浮かんだ。
制服の落書きの黄色、キーホルダーにかけられたペンキも黄色・・

カスミが教室に戻ってきた。
「これ、机の上に忘れてあったけど」
「ありがと」
無理やり奪い取るようにして、野ブタがあげたキーホルダーが
取れた。

「蒼井さんのおじいさんにどうしても聞きたいことがあるんだけど」
「うん、会えないよ。
あれ、あたしが作った嘘だから」

「蒼井さんがやったの?
お化け屋敷壊したのも制服も全部そうなの?」
「うんそう。」
「なんで?」
「嫌いだから うっとうしいいから
三人で仲良しですってそんなの嘘臭いから」
「親切にしてくれたり友達だって言ってくれたのも?全部嘘なの?」
「うん嘘。
もっともっと親切にして一番効果的なところで叩き落してあげようとしたんだけど
残念だな」

廊下を通りすがったまり子が、カスミと信子の異変に気づく。
「ちょっともういいでしょ
泣いてるでしょ」
「桐谷くんに振られた女?
いいこと教えてあげようか
桐谷くんほんとはこの子とできているんだよ」
「だからどうしたっていうの?」
「むりしちゃって」

信子は、泣き崩れる。

「あの子友達だったの?
まり子は、信子の頬に焼き栗を当てる。
「あったかいでしょ」

屋上
「ずっと嘘つかれたま
仲良くしてた方がよかった?
あたしも本当のこと知ってよかった
嘘つかれるの寂しいもんね」とまり子

「でも、ずっと嘘ついてるのも寂しいから」と信子

まり子は、修二の言葉を思い出す

「そうかもね・・」
信子の口に栗を入れてあげる。

その頃、カスミは、一人歩いていた。

学校では、横山先生が、忘年会の酔った勢いで
校長に辞表を叩きつけてしまった。
もちろん横山先生は、記憶になかったのだが
校長は、おでこに傷を作り辞表を受理してしまっていた。

ランチタイム放送はカスミがやっていた。
「小谷がやってないと笑えない」とクラスでは、不評だった
まり子は、彰を誘う。

「小谷さんは?」
「休みだっちゃ」
「昨日友達にひどいこと言われてたから」
「友達ってあれ?」とテレビに写ってるカスミを指差す彰
修二もその話を聞く

屋上
まり子が、昨日カスミが信子に言っていたことを修二に伝えていた。
「かなりきついこと言われてたから」
それだけ伝えたかったの」とまり子

「まり子!」と呼び止める修二
「・・ありがとな」
「小谷さん大丈夫だよ
時間かかるかもしれないけど大丈夫
本当のこと受け入れるのってすごく辛いけど
でも、できないことじゃないから」
うなづく修二

信子は、部屋で
野ブタキーホルダーをみつめていた。
カスミにあげた、友達だからとタダにしたキーホルダーだった。
信子は、泣いていた。

彰と修二が信子の家にきた
「避けて通れないこともあるでしょ」と彰
しかし、信子は、奥に引っ込んで出てこない。

修二は野ブタの席をみつめる
まだ来てなかった。
ランチタイム放送は、カスミが出続けていたが
クラスのみんなは、野ブタがよかったという。

修二は、クラスのみんなが野ブタのことを話しているところを撮ろうと言い出す。
「みんなに頼みごとがあるんだけど」と
修二は、黒板の前に立つ。
小谷は、このまま学校に出てこなくなる。
けれども、みんなの声が届けば学校に来る。
あいつは、そういうやつだと思う。
だからみんなの声をカメラに写して小谷に届けないんだけどいいかな
みんながオレの言ってること聞きたくないことはわかってる。
今回だけでいいから
聞いてほしいんだ
お願いします。
修二は、みんなの前で頭を下げる

こうしてオレが言ってる言葉が
みんなに届いてるかどうか
考えると怖いです。
死ぬほど怖いです・・。

「届いてるよ
大丈夫届いてるよ。
な、なにがあったかしらねーけど
協力する?な?
小谷復活のためだもんな」
「カメラスタンバーイ」

修二はビデオ構える。
「小谷突撃飯記念すべきビデオです」
と彰が持ってくる。

信子は、家にいた。
ポストに『ノブタへ」と書かれた封筒が入っていた。
中は、ビデオだった。
信子は、ビデオをデッキに入れる。

「小谷だよな」
「まずい、でたー」
「いいな 小谷の“まずい”いいな
「勉強の息抜きは“まずい”できまりでしょ」
「蒼井よりも小谷だよな」
「チェンジチェンジ」とバンドー
「小谷さんカムバーック」
「野ブタカムバックー」とみんなでのエール
信子は、ビデオをみながら泣いていた。

翌日
信子は、いつものようにうつむきがちに学校に向う
カスミは、その様子を見ていた。

信子が、教室にはいる
「よ、小谷レポーターまってました!」と
迎えられる
カスミも笑って拍手していた。

このカスミは、許せません・・。

彰の部屋
「あいつまたなんかしでかすのかな・・」と
3人が集まる。
「オレたちに本当のこと言われるんじゃないかなっておびえてると思う」と修二
追い詰められて逆上しなきゃいいけどねと修二は心配していた。
カスミは、ブタの置物をを持ち教室にいた。

彰の部屋で修二と彰が寝てしまう
信子は、目を覚ますと「小谷さん学校の屋上にきて」と蒼井からの手紙をみつける。

信子は、屋上に向う。

「来てくれたんだ」
「なに・・?」
「ここから飛び降りたら死ねるのかな
怒ってる?
そりゃ怒るよね・・あんなひどいことしたんだもんあたし
あたしのこと、許してれないかな
許してくれないなら
あたしここから飛び降りる。
どう?許してくれる?くれない?」
「許せない・・」
「わかった。じゃ飛び降りる」
カスミは、いすに乗る。

「こないで
最後のチャンスです
あたしのこと、許してくれますか?
小谷さんどうする?」

「なにしてるんだよ」と修二と彰がくる

「許してくれなかったら飛び降りるって」と信子が説明する。
「どうする?
許してくれる?くれない?」

「人を試すような言い方やめろよ」と彰
こいつはこういう方法しかできないだ」と修二
「桐谷くんは、なんでもわかってるんだね」とカスミ

「飛び降りないで」
「許してくれるんだ」
「許せない」
「それはだめ。どっちかひとつだもん」

「おまえさ、許してほしいなんて思ってないんだろ」と修二
「そうだよ。許してほしくなんかない」
「じゃあさ、おまえ何がしたいんだよ」

「覚えててほしい
嫌な思い出でもあたしがいたこと
覚えててほしい。それだけ
じゃあね」
「蒼井さん!」と信子はさけぶ
落ちるカスミ・・・

・・変な夢をみた
飛び降りる夢。。
修二も彰も同じ夢を見たという。

3人は、学校に向うと、カスミは、教室で寝ていた。
「蒼井さん屋上から飛び降りる夢みたの」

4人で屋上に向うと確かにいすが置かれていた。
4人は、下を見下ろす
人が落ちた形跡が残されていた。

信子は、カスミの手をにぎる
「よかった・・
生きててほんとによかった」

学校
ゴーヨク堂は、階段にいた
キャサリンが聞くと
待ち合わせだという

「だれからですか?」
「いきなり携帯にかかってきて友達になろうって」
「で、待ち合わせしたんですか」とキャサリン
「でも、来ませんな」
「だまされたんじゃないですか?」
「そうですね
さびしそうな声だったのにな」
そこに黒い猫が通りかかる。
「あなたなの?」

「見事な月だこと」とキャサリンは、首を伸ばして月をみる
ゴーヨク堂の店主も首を伸ばす。

『なぜ4人が同じ夢をみたのか
いまだにわからない』

カスミは、
「仲間にいれてもらったけど
思ったよりおもしろくなかった。解放してあげる」と
ブタの置物を投げた。

『蒼井は、おれたちから去っていった。』

クラスでオレは話しかけられるようになり
辞めなくてはいけなくなった横山のために
嘆願書を偽造した。

100人分集まったとキャサリンが報告し
横山は校長にもっていく。
この嘆願書に免じて辞表は、却下された。

一平も豆腐屋に戻ってきた。
女将の話というは、健康食品を買ってくれという話しだった。

カスミは、窓から外を見ていた。
キャサリンが声をかける
「何見てるの?」
「先生は、取り返しのつかない場所にいったことありますか?」
「うん。あるわね。
「一人で戻ってきたんですか?」
「ううん 友達だね」
「そうですか」
「友達がつれもどしてくれた」

『人を助けられるのは人だけなのかもしれない』

「オレもう一回やりなおそうかな」と修二
「なにを?」
「あのクラスでもう一度桐谷修二をつくりあげる」
「オレがプロデュースしてやるよ」と彰
「そんなのおこっとわり」とおどける修二

『誰かがいれば取り返しのつかない場所にいても
戻ってこられる」

その頃、桐谷家では、悟の転勤が決まったという話しが
浩二に伝えられていた。
「引っ越すの?」と浩二

『ここにいる限りオレは、道に迷うことはないだろう』


修二の転校は、悟の転勤という形で
実現するようですね。
修二自身が自分をもう一回やり直そうかなという形も
うまく原作に繋げるのかな?

今回の人型の謎
同時に見た夢。
すごく不思議でしたね。
カスミが、自殺せずに(戻って)これたのは、
友達のおかげ・・一時的でも信子や、修二、彰がいたからなのかなと思いました。

横山先生が辞めないで済んだのも生徒たちの嘆願書のおかげでした。

『誰かがいれば取り返しのつかない場所にいても
戻ってこられる」んですね。

あんなに辛い目にあった信子ですが
生きていてよかった・・とカスミの手を握るところは
彼女は、本当に優しい子なんだなと思いました。
修二がまり子に嘘をついていたことも
「嘘をついているのも辛い」と言ってましたよね。

そして、まり子も優しいですね。
信子を励ますところは、まるで自分にも言い聞かせているように
思えました。

せっかく居場所を見つけた修二なのに転校することになってしまんでしょうか。
3人が離れ離れになるのは、寂しいですね・・・。


■ドラマで出てきたブタの置物は、実在するもののようです。
「ボブ吉」デビューへの道。様から教えていただきました→三本足のブタの置物


【キャスト】
桐谷修二 : 亀梨和也
草野 彰 : 山下智久 (特別出演)

小谷信子 : 堀北真希
上原まり子: 戸田恵梨香

桐谷 悟 : 宇梶剛士 ・・修二の父
桐谷伸子 : 深浦加奈子 ・・修二の母
桐谷浩二 : 中島裕翔 ・・修二の弟

横山武士 : 岡田義徳 ・・担任
ゴーヨク堂店主 : 忌野清志郎

平山一平 : 高橋克実 ・・彰の下宿先の豆腐屋の店主
佐田杳子(キャサリン): 夏木マリ
蒼井かすみ (カスミ) : 柊 瑠美・・信子の友達

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆


野ブタ。をプロデュース
4309016839白岩 玄

河出書房新社 2004-11-20
売り上げランキング : 4,507

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
人のセックスを笑うな 漢方小説 グランド・フィナーレ 対岸の彼女 となり町戦争


大ヒットです!
青春アミーゴ (初回限定生産盤)
B000BK6Y18修二と彰

ジャニーズ・エンタテイメント 2005-11-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


野ブタ。をプロデュース
B000BKJFQOTVサントラ

バップ 2005-11-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools










posted by まりこ(^▽^) at 18:34 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(13) | 野ブタ。をプロデュース | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
こんばんは。信子とまり子、性格は違う二人ですが、本当に優しくて強いですよね。修二も彰と二人のおかげで変わったような気がします。最終回は感動できる展開にしてくれるといいですね。
Posted by いわぴい at 2005年12月13日 20:41
ブタの贅肉   焼いて食うよwEOS
ぱぱのはいらないw
つか、このクソ寒い時期に2人乗りってのはあまりないような気がするけど
Posted by 酢鶏@人工無能 at 2005年12月14日 04:39
きのう、言い訳した?
Posted by BlogPetのあやの at 2005年12月14日 09:44
いわぴいさんへ
信子と、まり子は、ほんとに強くて優しいと思いましたね。
最終回、どんな風に見せてくれるか楽しみです^^
Posted by まりこ(^▽^) at 2005年12月15日 10:07
TB&コメント有難うございました!
まり子のことが気になっていたので、今回のように活躍してくれると嬉しくなってしまいます。
彼女の前向きな姿勢は、信子といい友達になれる気がします。
三人の絆もしっかりとしてきたところに、修二の転校は全く予想していませんでした。
高校生なので残ることも出来る気がしますが、どういう展開も見せるのか楽しみです。
Posted by lavish at 2005年12月15日 14:12
lavishさんへ
まり子がうまく活躍してくれてよかったですね。
修二と気まずくなってしまうかな・・と心配してたので、よかったです。
信子ともいい友達になれそうですよね。
修二の転校は、こちらに残るという選択肢もありますね!
どんな最終回になるか楽しみです^^
Posted by まりこ(^▽^) at 2005年12月15日 19:12
助かりました☆
最初から欠かさず見ていたのに、この回に限って録画に失敗してしまっていて。。。
しかも、昨日の放送見たらあまりに原作とかけ離れていて????
はぁ〜、すっきりしたぁ♪でも、先週チェックできてらばよかったな。。。
とにかく、ありがとうございました。
Posted by ruka at 2005年12月19日 04:45
rukaさんへ
お役に立ててよかったです。
私も原作を読んでたんですが、かなり違ってましたよね(笑)
でも、いい意味で裏切ってくれたラストだと思いました。
よかったらまた遊びにきてくださいね!
Posted by まりこ(^▽^) at 2005年12月20日 17:12
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10621733

日本テレビ「野ブタ。をプロデュース」第9話:別れても友達
Excerpt: 嫌がらせの犯人が蒼井であることが明らかになったものの、蒼井は信子にとっての唯一の友だち。修二は、信子を傷つけまいと、真実を伝えることをためらいます。
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2005-12-13 19:01

野ブタ。をプロデュース 〜第9回〜
Excerpt:  今回もいろいろと考えさせられるいい話でしたね。蒼井がプロデュースチームに入ったときはどうなることかと思いましたが、思ったよりも早く信子に真実がばれてくれたおかげで傷が浅くて済んだのが救いでした。アク..
Weblog: いわぴいのドラマ日記
Tracked: 2005-12-13 20:41

『野ブタ。をプロデュース』第9回感想
Excerpt: ごめんなさい。自分が馬鹿だから理解できないだけなのかも。
Weblog: つれづれなる・・・日記?
Tracked: 2005-12-13 23:20

野ブタ。をプロデュース☆第9話
Excerpt: もう物語も大詰め☆☆ 少し寂しく思った野ブタ。をプロデュース第9話(=゚ω゚)ノ 今回のタイトルは【別れても友達】 タイトルもちょっぴり寂しめですね(´・ω・`) いつも通り箇条書き+αで感想..
Weblog: ぽいぽいぽぽいぽい・⌒ ヾ(*´ー`)
Tracked: 2005-12-14 00:12

【ドラマ雑感】 野ブタ。をプロデュース (第9話) 「別れても友達」
Excerpt:  野ブタ。をプロデュース◆信子(堀北真希)を陰で虐めていた蒼井(柊瑠美)は修二(亀梨和也)に頼んで信子のプロデュース作戦に参加。蒼井はスカートの丈や髪形、しゃべり方、姿勢などを"普通っぽく"するようア..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2005-12-14 01:02

野ブタ。をプロデュース 第9話
Excerpt: 『別れても友達』 修二(亀梨和也)は学校の屋上に信子(堀北真希)と彰(山下智久)を引っ張り、 母親から送られてきたチリのお土産、ブタの置物を少し照れくさそうに渡す。 「足3本しかないじゃん。」と彰。..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-12-14 01:29

野ブタ。をプロデュース2−B名簿
Excerpt: 『野ブタ。をプロデュース』,盛り上がっていますね。 主演の魅力はもちろんのこと,クラスのメンバーにも かなりの逸材が隠れて?いるもんで, 公式ページの名簿が閉じられてしまう前に ここに残してお..
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2005-12-14 05:26

『野ブタ。をプロデュース』 第9話 「別れても友達」
Excerpt: 朝、屋上で彰(山下智久)と野ブタ(堀北真希)に例の”3本足のブタ”のお守りを 渡す修二(亀梨和也) 「何これ!?足が3本しかないじゃん!」 「そっ!”3本足のブタ”!」 「お守り、チリのお土産..
Weblog: 老舗ワタクシ本舗
Tracked: 2005-12-14 11:47

野ブタ。をプロデュース 第9話
Excerpt: 母がおくってくれたブタのおまもりを彰と野ブタにわたす修二。
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2005-12-15 11:40

●野ブタ。をプロデュース#9
Excerpt: -それぞれの人格を描いてくれるのは、いいのだが、騙す側(いじめる側)の心理が少し美化し過ぎなんじゃないのか。そんな綺麗事じゃないと思うのだが。 夢オチ(幽体離脱)にした事で、それがさらに増長されなか..
Weblog: ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中)
Tracked: 2005-12-15 12:07

初めて涙がポロリ/[野ブタ。をプロデュース]'05.12.10SAT
Excerpt: ■日本テレビドラマ[野ブタ。をプロデュース]第9話 先週渡さなかった3つ足のブタさんを、いつ渡すのだろう?と言うのが今回の楽しみだった。
Weblog: TV姉さんの『アレコレ言っちゃうよ!』
Tracked: 2005-12-15 13:06

野ブタを。プロデュースPRIDUCE9「別れても友達」
Excerpt: 修二(亀梨和也)は彰(山下智久)と信子(堀北真希)を屋上に連れ出し、 「何?」彰が言う。 修二はぶたの人形を信子と彰に渡す。 「チリのお見上げ。」 「足、三本しかないよ。??
Weblog: 私でもいいですか?新館
Tracked: 2005-12-15 13:10

野ブタ。をプロデュース 9
Excerpt: 『別れても友達』 伝わることの強さを感じる話。 前回渡せないと思っていたブタのお守りを照れながらも信子と彰に渡す修二。 これまでの彰や信子のように、自分から二人を大切に想う気持ちを表現しようとして..
Weblog: 思い立ったが吉日
Tracked: 2005-12-15 14:08
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。