Top あいのうた >あいのうた 第9話 「僕が奇跡を起こすんだ!!」
2005年12月09日

あいのうた 第9話 「僕が奇跡を起こすんだ!!」

洋子は、房子に優二にプロポーズしたことを話す。
へぇ〜と房子は、驚く。

優二からの返事は、断られてしまっていた。

「そりゃだめだよ愛ちゃん
そう思ってくれるのはものすごくうれしいけどさ
でもさ、だってオレはさもうすぐ・・」

洋子は、優二に結婚できないよといわれても
私のこと嫌いになったとは思わなかった。

「愛されてるからって思えるからだよね」と房子
こっそりピースサインする洋子。

「大丈夫だよ
ずっと続くよその幸せ
そうじゃないとだめだよ
絶対だめ
そうじゃないと・・」
房子は、上をみる
「神様許さないからね!
わかった?
返事がないぞー」と房子は、空に向かってしゃべる

「あたしって怖い?
守ってあげたくなるタイプだと思ってたんだけど」
逃げる洋子だった。

優二は、警務課で「やっぱ無理だよ・・」と
つぶやいていた
その独り言を聞き、同僚の婦警たちが
「だめですよあきらめちゃ!」と仕事について言われる。

柳沼には、ももこが
「その後どうですか?」と聞いていた
ももこは、きっぱり忘れるためには新しい恋がいいというが
当分そんな気になれないという柳沼だった。

片岡家では、大が野球がうまくいかず
落ち込んでいた。
今度のレビュラーもはずされ、やめようかなと言い出す。

優二は、「結果なんてどうでもいい
諦めるな
決めたことは最後までやれ。
これから嫌なことはたくさんある
そのたびにやめちゃうのか?」と大に伝える。
「よし!食おう!
飯くったらでかけるぞ」

優二は、バッティングセンターへみんなをつれていく。

「大、しっかり目あけて!」
しかし、まったくボールにかすらない

『この時、優二さんが子供たちに自分たちの思い出を残したいと思ってたに違いない
少しでも・・』

優二もバットを振る。
一度目は、当たるが、2度目は空振りだった。
笑う優二

『胸がはりさけそうになるってこういうことなんだ
この笑顔が、見れなくなるなんて考えたくもなかった。』

子供たちが、眠る。
優二は、明日子供たちに言おうと
決めていた。

「勇気が出せなくてさ・・だめだなオレ・・
参ったな」
そんな優二に洋子は、自分は母親に話してもらった記憶がないことを
話す。

子供は、親の言葉が欲しいんだと思う
子供は親が自分に言ってくれた言葉は忘れないんだという
洋子

その言葉に優二は、明日の夜話すことを決意する。
うなづく洋子

「自信ないな・・
一緒にいてくれないかな・・そばに・・頼むよ」
「うれしいけどあたしは、その話をする家族に
いちゃいけないと思う・・そう思う・・」
「そっか・・」
「うん・・」

警察署の屋上では、優二が、子供たちに病気のことを言うと
飯塚、柳沼に話していた。

優二は、今度の日曜大の試合だという。
飯塚は、投げるフォームをまねていると
体をねじってしまい悲鳴をあげる。
大丈夫 そういうキャラだからという飯塚だった。

洋子は、今夜房子の家に泊まらせてもらいたいと
頼む。
房子は、あたしのドラマコレクションとか見る?と
洋子を歓迎する。

片岡家では、子供たちとゲームをしていた。
洋子が、房子の家に行っていると聞くと
いいなー女同士・・という亜希
大も調子を聞くと諦めず練習をしていた。

優二は、なかなか言い出せず、飯にするかと
子供たちに声をかける。

今ごろ話してるんですかね・・と竈には
飯塚と柳沼が来ていた。

「子供たちどうなっちゃんだろ」と柳沼
飯塚は、変な風にねじっちゃってと顔をゆがませる。
「今はいいんですよ笑わせなくて」という柳沼
飯塚は、また痛みに顔をゆがませる。

洋子は、房子の部屋へ
房子の両親は、高校の時に事故で亡くなっていると
聞かされる。

「だからかな・・人が死ぬのが嫌
警察ね、それでやめたの
自己現場で目のまえで私の手にぎりながら死んだ人がいたという。
次の日から怖くて行けなくなった。
かおり死んだ時も
もうだめだった
なんで私の好きな人はみんないなくなっちゃうんだろうって
わたしのせいかなって・・
ごめん暗くした?」
「すごいなーって思って」と洋子

「なにが?」
「私はさ、自分のこと可哀想だって思いたかっただけなのかも
そっから抜けだそうともしないで誰かのせいにして
私は、可哀想そうってそれしか考えてなかったかも
あんたはすごいよ」

「あたしのことほめてる?うれしいー」と房子は、喜ぶ

あんたってやめてよ
ふうさんとかふさぽんとか呼び方あるじゃないという房子
バカじゃないの?と怪訝な顔をする洋子だった。

房子が、どうして婦警を辞めたのか気になってましたが
そういう理由だったんですね。
普段明るい房子には、考えられませんでした。


片岡家では、エビフライとクリームコロッケを
子供たちがおいしいーと食べていた。

洋子と房子は、ドラマを見るためにビデオをつける。
洋子は、ご飯終わった頃だし、そろそろかな・・とつぶやく

今日優二が病気のことを話すのだというと
なんでここにいるの?と聞く房子。

「あたしは、家族じゃないわけだし
その場にいないほうがいいかなって
一緒にいてくれないかなって言ってくれたんだけど」と事情を話す。

片岡家
夕食を終え、亜希、隼は絵を描き、大は、グローブを磨いていた。
「な、おまえたち・・

・・アイス食べない?」
「食べるー」
「だよなー」
またしても、言い出すことに失敗する優二。

「愛ちゃんの言うこと間違ってると思わないけど
違うと思うな
だって、そもそも、もともとめちゃくちゃじゃん
あの家にいる理由とか
なにいい子ぶってるの
片岡さんは、一緒にいてくれっていったんでしょ?」
「そうだけど・・」
「一緒にいて欲しいんでしょ?あんたも
理屈なんてどうでもいいよ
愛ちゃんが、あなたがいて欲しいと思った時に
片岡さんは、いてくれたでしょ?
今の片岡さんは、プロポーズは受けられないかもしれないけど
一緒にいて欲しいっていうのは、プロポースの返事と同じじゃないの?
なんでわかってあげないのよ」
「だって・・・」

洋子は、今まで優二にかけてもらった言葉を思い出す。

洋子は、立ち上がる
「ありがとう。」
「うん・・」と房子
「走れー!」と房子は、洋子を送り出す。

「一緒にいて欲しい」という言葉は
プロポーズの返事なんですよね。
さすが房子です。


片岡家は、アイスを食べていた。
まだ優二は言えない。

洋子は、走りながら転び
手を怪我してしまう

「お父さん顔あげて」と亜希
優二の顔を描いていた

そこに洋子がたどりつく。

「あ、愛ゃん・・」と優二
「ごめんなさい」
首を振る優二
「ありがとう」と優二は笑顔で洋子を迎える。

「愛ちゃん」と子供たち
合図をするようにうなづく2人

「おまえたち、お父さんちょっと話あるんだ
・・な、お父さん、ほんと悲しいし、くやしいし
おまえたちに ほんとにほんとに申し訳ないと思うんだけどな
お父さんな、もうすぐ死んじゃうんだ
いなくなっちゃうんだ」

「嘘だ・・」と大
「嘘じゃないんだ」
「なんで?」と亜希
「病気なんだ
もう治らないんだよ」
「嘘だ!」と大
「嘘じゃないんだ」

「どうして・・どうして?」と亜希
「死んじゃうの?お父さん」と隼

「隼・・おまえまだよくわからないかもしれないけど、聞いてるだけでいいからな
お兄ちゃんとお姉ちゃんがいつか、ちゃんと教えてくれるから」

大と亜希は、泣きはじめる

「いいか、お父さんな、おまえたちが大好きだ
大好きで大好きで
大好きで 大好きだ
おまえたちお父さんのこと好きか?」
うなづく子供たち

「ありがとうな
おまえたちにな
たくさん たくさんさ 教えたいことがあるんだ
大、亜希、隼
おまえたちは、お母んやお父さんにとって
大切な大切な宝物なんだ

だから、だからな
自分のこと大切にしてほしい
生きるんだって
なにがあってもな
命より大切なものなんてこの世界にはないんだ

頑張らなくてもいいから
生きてればいい
それと大切な人作れ
大切な人をな
その人がいれば、自分以外の人を大切に思う人ができたら
強くなれる
優しくなれるから

安心しろ
ほんとに困った時はな
お父さんが絶対おまえたち助けるから
絶対だ

約束する
ずっとみてるからな
ずっとお父さんおまえたちの味方だからな」

「やだお父さんがいなくなくなったらいや!」と亜希
「父さん!」と大と隼がだきつく

「ごめんな・・ごめんな・・」

洋子は、ただ涙を流しそばで聞いていた。

翌朝。部屋が明るくなる。
洋子は、一睡もできなかった。

リビングに行くと
3人で、眠る親子の姿があった
優二は隼と亜希を抱いて
大が背中にぴたりとくっついていた

優二が洋子に気づく
優二は幸せそうにわらっていた

その優二の頭を両手で包み込むようになでる洋子
「よく頑張った。えらい」

どういうわけかこのシーンでだーっと涙が・・
子供たちは、事実を聞いて父に寄り添って眠ったんですね。
すごくあったかくて、でもちょっぴり切なかったです。

大の試合当日

亜希は、優二の腕にしがみつき離れなかった。
「お兄ちゃんでないの?」と隼
大は、ベンチにいた

「最初はな」と優二
「きっとでるよという」洋子
「大丈夫」

「飯塚さんは?
腰悪くして病院に」と柳沼がいう

飯塚は、牧野中央医院にきていた
「飯塚さんでしたよね?」
「腰を痛めて、きたんですけど
それは終わったんですけど」
「どうぞ」と牧野は、いすを勧める

「片岡さんのこと
なんとかならないのかなって
先生に会ってもしょうがないのはわかってるんですけど
なんかね・・」
あいつ死んじゃだめですよ
あいつ」

「3人め
あなたで3人め
2人同じこといってきた」という牧野

「そうか・・
先越されちゃたか
またびりか・・」と悔しそうにつぶやく飯塚がいた。

みんな優二のことが心配で、こっそり聞きにきてたんですね。
優二の周りには、温かい人ばかりです。


試合は、ツーアウトになり
代打に大が立つ。

大は、優二のそばに近寄る。

「どうした大」
「僕がホームラン打ったら奇跡だって
ふうちゃんがいってた
だからぼく、奇跡をおこすんだ
だから、僕がホームランを打ったら
お父さんは死なないんだ
奇跡を起こすんだ」

「大・・」
「いってきます。」

「どうしたの?」と隼が聞く
「お兄ちゃんがホームラン打ったらお父さんがいなくならないんだって」と
亜希が説明する

ストライク・ツー
空振りしかできない大

がんばれーと房子も柳沼も
みんなで応援する

3球目
球は、バットに当たるが
ホームランではならなかった。
しかし外野がエラーし
大がホームを回る。

「飛ぶんだ大!」と優二が叫ぶ

「セーフ!」

大は、優二に近づく
「父さん・・」
優二に抱きつく

「やったよ 父さんもう大丈夫だよ」
「ありがとうありがとうな大・・」
やったーお兄ちゃんすごいー」と亜希と隼も喜ぶ

『この時、みんな信じたんだ
みんな 私だけじゃなく みんな
奇跡が起こることを信じたんだ』

帰り道
みんなで帰る
房子も柳沼も一緒だった

優二が腹を抑え
苦痛にゆがむ
優二は、一瞬笑顔になり
ばたりとたおれた

次回最終回・・。

子供たちに事実が伝えられました。
洋子もそばにいられてよかったですね。
奇跡は、大の野球で叶えられたけど
優二はどうでしょう?
クリスマスに懸けて、とびきり素敵なラストを期待したいです。


12月14日(水)最終話 22:30〜放送
※ トヨタカップジャパン2005の試合延長により開始時間が変更になる場合あるそうです。


【キャスト】
松田洋子(菅野美穂)・・愛ちゃんという名で居候中
片岡優二(玉置浩二)・・警務課勤務の元刑事 
柳沼祐介(成宮寛貴)・・新米刑事
飯塚英樹(小日向文世)・・刑事
 
片岡大(佐藤和也)・・優二の息子
片岡亜希(山内菜々)・・優二の娘
片岡隼(渡邉奏人)・・優二の息子
溝口 (阿南健治)・・ライスバー「竃」店長

松田葵(芳本美代子 )・・洋子の母
榎本房子(和久井映見)・・カフェ店員 元警官
牧野秀子(岸田今日子)・・牧野病院院長
片岡かおり(中田有紀)・・優二の亡き妻

浜中ももこ(佐藤寛子)・・警務課婦警

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆

 
玉置さんが歌う、ドラマ同様優しい曲です。
B000B7MC9Eプレゼント
玉置浩二
ソニーミュージックエンタテインメント 2005-11-02

by G-Tools

 





















posted by まりこ(^▽^) at 00:33 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(12) | あいのうた | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
優二の子供たちへの告知は、泣かされました。
洋子が戻ったから、しっかり告知ができた優二。
来週は、洋子を追い出す?
Posted by mari at 2005年12月10日 00:46
mariさんへ
洋子がいたからこそできた告知でしたね。
私も予告で、洋子を追い出していてびっくり。
なにか考えがありそうですね・・。
Posted by まりこ(^▽^) at 2005年12月10日 12:35
こんばんわ♪
優二が子供たちに話すシーン、
洋子が一緒にあの空間に居て良かったなと。
もし、居なかったら
ひょっとしたら優二は言えないままだったかも知れませんね。
Posted by 青いパン at 2005年12月11日 00:12
青いパンさんへ
洋子が戻ってきてよかったですね。
私も洋子がいなかったらきっと優二は
言えなかったと思います。
好きな人の力って偉大ですね。
Posted by まりこ(^-^)ノ at 2005年12月11日 11:27
今回は子どもや房子、飯塚などの周りの人たちが大活躍でしたね。
笑わせてくれるし、泣かせてくれるし、本当にメリハリのあるいいドラマです。
次回はとうとう最終回。
>クリスマスに懸けて、とびきり素敵なラストを期待したいです。
全っくですっ!!奇跡を最後まで信じたいと思います。
Posted by lavish at 2005年12月13日 15:11
lavishさんへ
泣けて笑えるドラマってそんなにないですよね。
このドラマは、本当にみんなあったかいです。
奇跡を信じたいですね!
Posted by まりこ(^▽^) at 2005年12月14日 00:48
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


あいのうた 〜第9回〜
Excerpt:  片岡さんの病気を聞いた後の房子さんの呆然とした姿にはちゃんと理由があったんですね・・・。両親が高校生のときに亡くなってしまったことが彼女の心の奥にトラウマとして残っていたと言うのは素直に大きな驚きで..
Weblog: いわぴいのドラマ日記
Tracked: 2005-12-09 07:10

『あいのうた』第9話「僕が、奇跡を起こすんだ!!」の感想。
Excerpt: ♪TBさせていただきます♪ドラマ『あいのうた』第9話、「僕が、奇跡を起こすんだ!!」の感想です! 新聞のラテ欄でサブタイトルを見た段階から、もう泣きそうになりました(笑)。
Weblog: まぜこぜてみよ〜う。by青いパン
Tracked: 2005-12-09 12:23

『あいのうた』 #9
Excerpt: 『あいのうた』 第9話「僕が、奇跡を起こすんだ!!」 本当に奇跡が起こってほしいですね〜 愛ちゃんは、片岡に愛されてるって思えるようになったのですね。 もう、洋子ではなく
Weblog: あみのドラマROOM
Tracked: 2005-12-09 13:35

【テレビ】あいのうた(弟9話)
Excerpt: 洋子(菅野美穂)は片岡(玉置浩二)にプロポーズして断られたものの、彼に愛されている実感があり、その気持ちが彼女を支えていた
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2005-12-10 00:48

●あいのうた#9
Excerpt: -やはりーーー子供の話は、反則です(苦笑) 予定通りに泣けてくるポイントを、うまくつかまされた感じです。してやられた、、、と思っても、このドラマでは小気味いい。穏やかな感情の中で、しっとりと涙を誘う..
Weblog: ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中)
Tracked: 2005-12-10 16:05

あいのうた 第9話
Excerpt: 『僕が、奇跡を起こすんだ!!』 「あの・・・お願いがあるんだけど・・・。 私と・・・私と結婚して下さい。」 優二(玉置浩二)に突然プロポーズする洋子(菅野美穂)・・・。 「えーーー!?結婚ーーー..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-12-10 18:54

あいのうた 第9話
Excerpt: 「あいのうた」もいよいよ来週最終回を迎えることになってしまいました。  私は「あいのうた」が一番最初に最終回を迎えるものとばかり思っていたのですが、「熟年離婚」が明日、一番最初に最終回を迎えるら..
Weblog: あいりぶろぐ
Tracked: 2005-12-10 23:00

『あいのうた』第9回 「僕が奇跡を起こすんだ!!」 感想
Excerpt: 全体として、ちょっと・・・って思えるところが。 でも、このドラマなら許せる。
Weblog: つれづれなる・・・日記?
Tracked: 2005-12-11 00:57

あいのうた 第9話
Excerpt: #9 僕が、奇跡を起こすんだ!! えええええええ!? やっぱり? そうだよねぇ・・・多分、そうだとは思ったけど、思いたくなかったよ・・・。
Weblog: *82beans @drama
Tracked: 2005-12-11 18:39

日本テレビ「あいのうた」第9話:僕が、奇跡を起こすんだ!!
Excerpt: 最終回まで、あと1話を残すのみ。洋子という心の支えを受けて、ついに片岡は、自分の死について、子供たちに打ち明けます。それを聞いた長男・大は、ある決心をします。
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2005-12-12 20:54

『あいのうた』 第9話 「僕が、奇跡を起こすんだ!!」
Excerpt: 思わず優二(玉置浩二)にプロポーズしてしまった洋子(管野美穂)。 「えっーー!?けっ結婚!?」掃除をしながら房子(和久井映見)が叫んだ。 「大きな声、出すなっつうの。」シッー!のポーズで掛けて来て..
Weblog: 老舗ワタクシ本舗
Tracked: 2005-12-13 13:04

あいのうた 9
Excerpt: 『僕が、奇跡を起こすんだ!!』 奇跡を願わずにいられない話。 前回の洋子のプロポーズで盛り上がる房子に惹き付けられる始まり。 このドラマの魅力の一つは、やはりこういうテンポの良さであろう。房子が肝..
Weblog: 思い立ったが吉日
Tracked: 2005-12-13 15:08
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。