Top 2008年(7月〜9月) >魔王 第三話「暴かれる素顔 愛とひきかえの復讐」
2008年07月23日

魔王 第三話「暴かれる素顔 愛とひきかえの復讐」

医師による必死の処置も虚しく、石本は息を引き取る。
「雨野真実」の仕業に違いないと思う直人は、持病の発作による病死という病院の診断に納得いかない。

一方、領としおりは空を自宅のアパートまで送り届けることに。空がドアを開けようとするが、鍵がかかっていた。
今にも泣き出しそうな空を見ながら領が表を振り返ると、そこには憔悴しきった多恵(奥貫薫)の姿が。
空が石本に誘拐されたと思い込んでいた多恵は、目の前に立つ我が子を抱きしめ安堵する。
が、自らの過ちに気付き、青ざめた顔で震えている。そして目の前の弁護士・領にすがるような目で訴えかけ・・。

直人は捜査の末、石本を殺した犯人は父・栄作(石坂浩二)が経営するホテルの従業員・多恵に違いないが黒幕は他にいると睨む。
そして栄作と兄・典良(劇団ひとり)に十分気をつけるよう、注意を促す。そんな中、しおりの元に「雨野真実」から宅急便が届いた。

直人が箱を開けると赤い封筒と女帝のカードが出てくる。
しおりがそのカードにそっと手を置くと、11年前に直人が起こしたあの事件につながっていた。
中西(三宅裕司)は、予告殺人の黒幕が、彼女の能力に気づいているのではないかと疑う。その後、ついに多恵の居場所を突き止めた直人だったが、彼女の弁護人には既に領がついていて・・・。

領は、多恵の弁護につき、多恵は、正当防衛が立証される。
しかし、多恵は、
「許せない…私を人殺しにさせた人間が憎い!」と自分を操り、空を人殺しの娘にした人間に怒りを露にする。
また、しおりも自分の力が
悪魔に利用されているような気がして…私の中に悪魔がいるのかも…」と涙を流す。
領は、「あなたが悪魔なら世界中悪魔であふれてますよ。
ぼくにはわかります。
悪魔は、別のところにいるんです」と慰めた。

直人は、空を連れまわした人物を探すため
多恵のアパートで待っていた。
空に「一緒に遊園地に行ったお兄さんはどんな人だったかな?」と聞いても「覚えてない」という空。
多恵も、いい加減にしてくださいと部屋に入ろうとする。

多恵は、空をかかえ家にはいる途中、空はピースサインをする。
ピースサインの先の人物はアパートの影から見つめていた山野だった。

しおりは、女帝のカードの意味に思いを巡らせる。
“死者の声”を意味するカードが自分に送ってきたことの目的・・・送り主は自分に死者の代弁者になってほしいのではないか…?と察し、
更に残像で見えた建物に見覚えがあることを直人に告げ、2人は急いで車を走らせた。
しおりが指示するままに向かうと、見えてきたのは、残像で見た風見鶏・・・そこは直人が卒業した中学校の建物だった。
吸い込まれるように歩き出す直人。
しおりはその後を追うと・・・たどり着いたのは、11年前に悲劇の現場となったスクラップ置き場だった。すべてを察し、青ざめた顔で呆然と佇む直人…。

その時領は、高台にある母と弟の墓で、彼らの声に耳を傾けるかのように手を合わせていた。
そして立ち上がった領の目は、直人の動揺を見下ろすように鋭く見つめ・・・。

※※
しおりもまた、11年前の事件と
かかわりがあるのでしょうか。
(偶然何かを見たようなシーンがありましたが)

領が空ちゃんを連れまわしたと思ってましたが
なんと山野という人物が浮上してきました。
彼も直人と同級生で、いじめられっこだったようです
どこかで領とつながっているのでしょうか。

領のすごいところは、実際は、あまり手を汚さず
他の人物を操っているところですよね。

ようやく直人が自分の罪を思い出したところで
どうなっていくでしょうか。


引用元…魔王 公式HP 

ありがとうございます。これからも頑張ります!よかったらプチっとお願いします☆
TV DramaRanking

視聴率
14.0→12.6→9.2

主題歌
嵐「truth」(ジェイ・ストーム)2008年8月20日(水)発売
B001CGHQVCtruth/風の向こうへ(初回限定盤1)(DVD付)

ジェイ・ストーム(SME) 2008-08-20

by G-Tools


韓国版です。
B000W6H1ZY魔王 DVD-BOX 1
シン・ミナ, オム・テウン, チュ・ジフン
ジェネオン エンタテインメント 2007-12-05

by G-Tools


関連記事
魔王 第一話
魔王 第二話

キャスト
成瀬領:大野智
主人公。「成瀬弁護士事務所」に勤務する弁護士。
芹沢直人:生田斗真
咲田しおり:小林涼子
葛西均:田中圭
石本陽介:脇知弘
高塚薫:上原美佐
仁科江里:篠原真衣
山野真:清水優
倉田隆:東根作寿英
中西弘道:三宅裕司
芹沢典良:劇団ひとり
芹沢麻里:古瀬美智子
芦沢栄作:石坂浩二

スタッフ
脚本:前川洋一、西田征史
音楽:澤野弘之
プロデューサー:高橋正尚、渡辺良介
演出:加藤新、坪井敏雄
制作:TBS




posted by まりこ(^▽^) at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(7月〜9月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

コメントありがとうございます。
コメントはこちらからお願いします。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

どらまにあ ストア


この記事へのTrackBack URL


魔王 第3回 感想
Excerpt: 『暴かれる素顔 愛とひきかえの復讐』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2008-07-24 19:49
トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

アクセス解析 アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。