2010年05月31日

素直になれなくて 第七話「いけない夜」

ナカジ(瑛太)は、桐子(井川遥)から一方的に別れを告げられたことにショックを受け、リンダ(玉山鉄二)が持ってきてくれた有名カメラマンのアシスタントの仕事にも乗り気になれないでいた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月29日

Mother 第七話「あの子を返して!」

継美(=怜南、芦田愛菜)を追ってきた仁美(尾野真千子)から奈緒(松雪泰子)たちを助けるため、葉菜(田中裕子)は「二人を必ず守る」と決意し、二人を自宅にかくまう。
いっぽう仁美は継美が奈緒と一緒にいることを確信し、駿輔(山本耕史)に「怜南の居場所を教えて」と詰め寄る。
しかし駿輔に「警察に行けば(虐待の事実がばれ)あなたが困るはず」と言われて考え込む。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 06:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月28日

ジェネラルルージュの凱旋 第八話「宣告」

田口(伊藤淳史)の提案で倫理委員会が招集され、ついに速水(西島秀俊)の収賄疑惑が追及されることに。
和泉(加藤あい)は告発文を書いたのは自分だったことを田口に告白する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月26日

絶対零度 第七話「光と闇〜IT社長殺人事」件」

4年前に起きた殺人事件の公判へ来ていた桜木泉(上戸彩)、倉田工(杉本哲太)、白石晋太郎(中原丈雄)は、被告の木戸聡史(野中隆光)が犯行を否定する発言に驚愕する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit

月の恋人 第三話「復讐のプロポーズ」

葉月蓮介(木村拓哉)は、外資系ホテルのインテリア・コンペを勝ち取り、二宮真絵美(篠原涼子)と専属デザイナー契約を結ぶ。
さらに、蓮介はリュウ・シュウメイ(リン・チーリン)をイメージキャラクターとする『レゴリス』の新プロジェクトの責任者としても真絵美を抜擢。
これには真絵美自身も、これまで新プロジェクトを企画してきた社員たちも反対するのだが、蓮介は聞く耳を持たなかった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月25日

新参者 第六話「疑惑の友」

加賀恭一郎(安部寛)と松宮脩平(溝端淳平)は、手土産を持って三井峯子(原田美枝子)の親友であり、この事件の第一発見者である翻訳家・吉岡多美子(草刈民代)を訪ねた。
事件当日を振り返って、多美子は答えた。
「6時半に峯子の家に行く約束をしていたが、急な予定が出来たので、7時半に変えてほしい、という連絡を6時にした」。
変更させたのは恋人のコウジ・タチバナ(谷原章介)。
「今日の6時30分に、銀座の宝石店で会おう」と急な約束を入れたからだ。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月23日

ヤンキー君とメガネちゃん 第五話「恋の予感〜ラブラブ大作戦!!」

生徒会長に 花 (仲里依紗)、副会長に 大地 (成宮寛貴) と 和泉 (本郷奏多)、会計に 千葉 (小柳友)、書記に 凛風 (川口春奈) が就任し、始動した紋白高校の新生生徒会。
だが、学年一成績の悪い生徒会長・花とヤンキーの大地&凛風がいる生徒会では当然、生徒たちからの期待は薄く、支持率は早くもナント3%。
花は生徒会の初仕事として紋白高校の紹介 VTR を作ろうと思い立つ。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月22日

素直になれなくて 第六話「二人の秘密」

ナカジ(瑛太)は、リンダ(玉山鉄二)のおかげで奥田(渡辺えり)が編集長を務める雑誌『IT』の連載ページの仕事を得る。
それを受け、ナカジは、桐子(井川遥)にプレゼントを贈ろうと決める。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit

Mother 第六話「さよならお母さん」

仁美(尾野真千子)からの電話に出てしまった継美(芦田愛菜)を目撃した籐子(高畑淳子)は、
奈緒(松雪泰子)に継美の素性を問いただす。
奈緒はついに籐子と妹の芽衣(酒井若菜)、果歩(倉科カナ)に打ち明けた。

「継美は私が誘拐してきた教え子です」――凍り付く籐子たち。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月20日

絶対零度 第六話「未解決事件が遺す心の痛み」

桜木泉(上戸彩)と塚本圭吾(宮迫博之)が駆けつけるも、中学校のウサギはすべて殺されていた。
現場から逃げた沢井春菜(福田麻由子)を調べると、母親から動物殺傷事件の新聞や雑誌の記事を切り抜いていたことやナイフを持っていたことがわかる。捜査の結果、今回の犯行も前回までの犯行と同一犯である可能性が高く、竹林匠(木村了)が解析した裏サイトに書かれた数字の羅列は日付けや番地を示した犯行予告であった。
そして春菜のパソコンにはそれらの裏サイトが登録されていた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月19日

ジェネラル・ルージュの凱旋 第七話「中毒」

勅使河原聖也という源氏名でホストクラブに勤める鈴木浩(八神蓮)が接客中に意識を失った。
血中アルコール濃度が高かったことから、和泉(加藤あい)らは急性アルコール中毒と診断。
だが、聖也に付き添ってきた客の下村理沙子(末永遥)は、酔い潰れるほど酒は飲んでいなかったはずだと不審がる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月18日

月の恋人〜Moon Lovers〜 第二話「ありえないキス」

葉月蓮介(木村拓哉)は、中国側の反発を押さえ込み、無事『レゴリス』上海一号店を開店させた。
『レゴリス』のイメージキャラクターとなったリュウ・シュウメイ(リン・チーリン)は来日するが、ホテルでの寂しい1人暮らしが続く。
上海での開店以来、蓮介ともほとんど会っていなかった。
シュウメイは、日本で暮らしているはずの父親を探しに行く事を決意する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月17日

新参者 第五話「重要参考人は息子の恋人」

寺田時計店の主人・寺田玄一(原田芳雄)の一件から、安産祈願のために水天宮にお参りをしていたことが分かった三井峯子(原田美枝子)。峯子の部屋からは育児雑誌などが発見されており、捜査本部は峯子の周囲に妊婦がおり、その妊婦に峯子が特に気をかけていたのでは、と推理する。その妊婦の女性を探そうとする捜査本部だった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit

ヤンキー君とメガネちゃん 第四話「嵐を呼ぶ! 生徒会選挙」

大地(成宮寛貴)の通う紋白高校ではいよいよ生徒会役員選挙に突入。生徒会長に立候補している花(仲里依紗)は大地を強引に推薦人とした。
大地は花から、"候補者を推薦した者は選挙運動員となり、候補者の支援活動に努める事"という紋白高校の選挙規約を突きつけられ、花の選挙運動に参加するよう強要される。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月16日

素直になれなくて 第五話「君を守る!!」

ナカジ(瑛太)やハル(上野樹里)たちは、エモーションで飲んでいた。
その席で、ドクター(ジェジュン)は、案内状作りに協力してくれたみんなに感謝の気持ちを伝えると、いきなりハルに向かって自分の思いを告白する。
突然のことに困惑するハル。
ドクターから、どう思うかと問われたナカジは、ハルはドクターのような人に守ってもらったほうがいい、と答えた。
だが次の瞬間、ピーち(関めぐみ)は、そんなナカジの顔にドリンクを浴びせる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月14日

Mother 第五話「二人の“母親”」

校庭に飛んできた折り紙の飛行機をみて
愕然とする奈緒。
「すごいよね!うっかりさんが折ったんだよ」という継美に
奈緒は、「帰るよ」と無理やり帰ろうとする。
奈緒は、羽菜が、自分を捨てた実の母親だったことに
気づいてしまう。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月13日

絶対零度 第五話「未解決事件という名の地獄」

桜木泉(上戸彩)の所轄時代の上司・村山武実(モロ師岡)が、4係に「学校飼育動物連続殺傷事件」の再捜査依頼にきた。
2008年5月30日に千山地区にある中学校で飼育されていたウサギが8羽殺されたのが最初に、現在まで14件も続いている事件だ。
最初は、2005年5月30日に千山地区で行われたイベントで児童を含めた8人が殺された「千山こども交流会殺傷事件」と日にちや地区や被害者数が一致していたため模倣犯かと騒がれたものの、以降は被害が動物であることや犯行地域がバラバラであることから捜査が手薄になっていた。長嶋秀夫(北大路欣也)は再捜査を引き受け、泉に担当にした。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月12日

ジェネラル・ルージュの凱旋 第六話「後遺症」

メディカル・アソート社が大規模な医療施設“MAH”の建設を計画していると知った白鳥(仲村トオル)と田口(伊藤淳史)。
計画書にはセンター長として速水(西島秀俊)が名を連ねていた。
田口は、速水が心血を注ぐ東城医大の救命救急センターを捨ててほかに移るはずがないと信じられない様子。
そこで白鳥は、本人に真相を確かめようと田口を連れて速水の部屋に乗り込む。



 続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月11日

月の恋人〜Moon Lovers〜第一話「おまえが欲しい」

葉月蓮介(木村拓哉)は「多くの人にいい家具を提供したい」という思いを強く抱き家具店を始め、一代で業界NO.1に躍り出ようかという勢いのインテリア専門店『レゴリス』を築き上げた。
蓮介が次なるターゲットとしたのが中国、上海。
『レゴリス』上海第一号店開店を目前に控え、蓮介は上海に向かう。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit
2010年05月10日

新参者 第四話「時間トリック…恋人の嘘」

三井峯子(原田美枝子)が、殺害される直前まで書いていたメールに、「いつもの広場で子犬の頭をなでていたら、今日も小舟町の時計屋さんと会いました。お互いマメですね、と笑い合いました」というものが。加賀恭一郎(阿部寛)は峯子の行動をたどるべく、「浜町公園で峯子に会った」と証言している、小舟町の寺田時計店主・寺田玄一(原田芳雄)に話を聞きに行く。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(4月〜6月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。