2010年02月28日

ブラッディ・マンデイSeason2 第六話「最愛の友の死!? 現れた宿敵の顔は!!最凶テロが遂に終幕!?」

藤丸(三浦春馬)の罠に掛かったスパイの正体―。
それは、サード・アイの情報分析官である澤北(阿南敦子)だった。
霧島(吉沢悠)らに取り押さえられた澤北は、息子・陵太(安藤健悟)が魔弾の射手によって人質に捕らわれていると明かす。
衝撃の事実に、その場にいた全員が唖然とする中、藤丸はパソコンを操作してある“動画サイト”を見つける。
そのサイトには、無邪気に遊ぶ陵太が映し出されていた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit
2010年02月27日

ヤマトナデシコ七変化 第七話「ウラギリの同窓会」

恭平(亀梨和也)や雪之丞(手越祐也)、武長(内博貴)、蘭丸(宮尾俊太郎)たちの友情を心配するようになったスナコ(大政絢)は少しずつ変わり始めているかのように見えた。
そんなある日、スナコに高校の同窓会のお知らせが届く。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit
2010年02月26日

不毛地帯 第十七話「暗号と密約」

石油開発に乗り出した壹岐正(唐沢寿明)と兵頭信一良(竹野内豊)は、イラン・サルベスタン鉱区の国際入札に際し、ライバルとなる他社の入札価格に関する情報を入手するために、イラン国王の側近である医師ドクター・フォルジ(アルフレド・ベナベント)に接触する。
壹岐たちは、イラン前王妃と親交が深い黄紅子(天海祐希)の協力でフォルジと面会の約束を取り付けた。
だが、フォルジが面会の場所に指定してきたのは、ソ連の首都モスクワだった。
シベリアで11年館も過酷な抑留生活を送った壹岐にとっては、二度と足を踏み入れたくない国だった。
が、覚悟を決めた壹岐は、娘の直子(多部未華子)の反対を押し切ってモスクワへと向かった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit

曲げられない彼女 第七話「友情決裂! 孤独な決断、なぜ?」

弁護士・中島(平泉成)のもとで働き始め、再び司法試験に向けての勉強に集中しようとしたそのとき、早紀は健康診断で妊娠していると知らされる。
思ってもいなかった妊娠、しかも別れた正登(塚本高史)の子ども――。
しかも予定日は司法試験の時期と重なっていた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 08:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit
2010年02月25日

まっすぐな男 第七話「産みたい」

妊娠のことをもう一度調べた方がいいとゆきえ(佐々木希)から忠告された鳴海(深田恭子)は病院へ。
人間ドックのためたまたま院内にいた健一郎(佐藤隆太)に出くわし、診察も受けないまま逃げ帰ってしまう。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit
2010年02月24日

泣かないと決めた日 第五話「ついに反撃開始」

飛び降りようとした美樹の腕をつかんだのは
桐野だった。
「自分から人生を降りるな!」
美樹は
「坂東さんだって死んじゃったじゃないですか!
私には何もないんです。
何も・・・」
そういいながら美樹は意識を失って倒れてしまう。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit

コード・ブルー2ndseason 第七話「 あやまち」

藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)は久しぶりに集まって酒を飲む。
しかし、白石は父親のガンを知っての絡み酒。
母の手紙を読んで動揺する藍沢にも絡んで、緋山と藤川もあきれるほど大盛り上がり。
藤川は、冴島はるか(比嘉愛未)も誘ったのだが現れなかった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit

特上カバチ!! 第六話「この仕事で生き抜く 覚悟!!」

ある日の昼休み。
大野行政書士事務所では、田村 (櫻井翔) がせっせと 「 キッチン・ミヤシタ 」 のチラシを配っていた。
親子丼が名物のこの店、開業してまだ三ケ月というのに、既にお客が減りヤバイ状態らしい。
実は、田村が行政書士補助者として初めて1人で開業申請した店で、依頼が終わってからも店主の 宮下大作 (石原良純) と親しくし、足繁く店に通っているのだった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit
2010年02月21日

ブラッディ・マンデイSeason2 第五話「今夜、日本沈没!? 最悪の核が遂に!?」

折原マヤ(吉瀬美智子)が自らの命と引き換えに、藤丸(三浦春馬)と音弥(佐藤健)に託したこと…それは、「第三の皇帝」と呼ばれる、最悪の水素爆弾「ツァーリーボンバー」による日本再起動計画の阻止だった。
死に際のマヤから、「教授」と呼ばれる男が「ツァーリーボンバー」そして、「魔弾の射手」に辿り着く鍵を握っていることを告げられた藤丸と音弥は、ある男の下を訪れ、その男から教授の在り処を突き止める。
教授の居場所に辿り着いた藤丸と音弥だったが、そこに教授の姿はなかった。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit

ヤマトナデシコ七変化 第六話「涙の告白! 裸の誓い」

ギクシャクしてしまった恭平(亀梨和也)と雪之丞(手越祐也)はそのまま喧嘩に突入してしまう。
結局雪之丞は下宿を飛び出し、呆れた蘭丸(宮尾俊太郎)も人妻と温泉へ、武長(内博貴)もタケル(加藤清史郎)を美音(高島礼子)の元に送り届けると実家に帰ってしまう。
広い下宿に残されたのは恭平とスナコ(大政絢)だけ。恭平はヤケ酒を飲みながら、自分がこの下宿にやってきた頃のことを思い出す…。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit
2010年02月20日

不毛地帯 第十六話「地獄からの招待状」

近畿商事がオリオン・オイル社と組んで国際入札に参加すること批判する記事が新聞各紙に掲載される。
日本石油公社グループからの離脱は国益を無視した行為だというのだ。それを受け、貝塚は、近畿商事の行動は利益を独占しようというものであり極めて遺憾だとのコメントを発表する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit
2010年02月18日

曲げられない女 第六話「リスクだらけの女の幸せ探し」

"曲げられない女"=早紀(菅野美穂)は、恋人と別れ、仕事を辞め、母にも先立たれてしまったが、璃子(永作博美)と光輝(谷原章介)というかけがえのない友人を得て、自分を取り戻すことができた。
弁護士・中島(平泉成)のもとで働くことになり、ようやく司法試験に向けての勉強に集中しようとした矢先、早紀はいきなり倒れてしまう。
病院に担ぎ込まれた早紀を璃子と光輝は心配するが、原因はただの過労だった。
そんな早紀に光輝は、最近若い女性が襲われる事件が発生しているため気をつけるよう注意を促す。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit
2010年02月17日

泣かないと決めた日 第四話「仁義なき社恋」

角田美樹(榮倉奈々)は、佐野有希子(木村佳乃)、藤田千秋(片瀬那奈)らから退職を迫られ、完全に居場所を無くしていた。
そしてついに退職願を書くが、自分が経済的にも支えなくてはならない母親や妹・愛(川口春奈)がいることを考え提出を思いとどまる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit

まっすぐな男 第六話「妊娠っ!?」

度々吐き気に襲われる鳴海(深田恭子)は妊娠を疑い、検査薬で調べるが結果は陰性。もし妊娠していたら誰の子なのかとゆきえ(佐々木希)に聞かれるが、返事をはぐらかす。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit
2010年02月16日

コード・ブルー2nd season 第六話「秘密」

藍沢耕作(山下智久)は、父、誠次(リリー・フランキー)に自ら会いに行く。藍沢が知りたいのは、亡き母の死の真相だった。
藍沢は、母親が自殺をしたのではないかと疑っていたのだが、誠次はそれを否定。絹江(島かおり)同様に事故だったと答えた。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit

特上カバチ!! 第五話「娘へ!! 亡き母からの贈り物」

ある晩、合コン帰りにばったり出くわした 田村 (櫻井翔) と 美寿々 (堀北真希) は、大野 (中村雅俊) が 女子高校生 (菊里ひかり) にお金を手渡しする場面に遭遇。
美寿々は大野に抗議しようとするが、以前にも同じような光景を見たことのある田村はそれを阻止。
触れない問題だと言い、美寿々に呆れられる。
そんな中、大野は娘の誕生日にレストランを予約していたが 「 約束があるから 」 とあっさりと振られてしまったことを 検備沢 (浅野ゆう子) に相談。「 彼氏が出来たんじゃない? 」 と言われた大野は不安でたまらない。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit
2010年02月15日

ブラッディ・マンデイSeason2 第四話「ヒロイン死す!!裏切り者の正体分かる舞い降りる死の灰!?」

ホーネットとの壮絶な戦いを制し、魔弾の射手によるサイバーテロを食い止めた藤丸(三浦春馬)。
しかし、そんな藤丸に襲い掛かる新たなる敵…その人物とはなんと藤丸のバイト先の同僚である響(黒川智花)だった―。
呆然と立ち尽くす藤丸に響は、銃を突きつけ、藤丸を連れ出そうとする。
しかしその瞬間、響の背後から飛び掛かる一人の影―。
それは、マヤ(吉瀬美智子)に連れ去られ、行方不明になっていた音弥(佐藤健)であった。
不意を突かれた響だったが慣れた格闘術で二人を制圧し、「第三の皇帝」、「日本再起動」という意味深な言葉を残してその場を立ち去ってしまう。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit
2010年02月13日

ヤマトナデシコ七変化 第五話「対決! 恭平vs雪之丞」

恭平(亀梨和也)たちに魔の季節・バレンタインデーがやってきた。
家の外には1000人もの女子たちがチョコレートを渡そうと押し寄せるため、外出もままならず、一日家にこもって過ごす恭平、雪之丞(手越祐也)、武長(内博貴)、蘭丸(宮尾俊太郎)。
しかし蘭丸は人妻を家に呼び楽しく過ごし、雪之丞と蘭丸は誰かからの「特別な」チョコレートを待っている様子。
特に雪之丞は、アメリカにいるガールフレンド・まちこ(本仮屋ユイカ)からチョコレートが届くのを心待ちにしていた。
そんな雪之丞を恭平がからかい、二人は喧嘩になりかける。
 
続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit

不毛地帯 第十五話「邪魔者は消えろ!」

貝塚の決定に激怒した壹岐は、日本石油公社とは手を組まずに今回の入札に挑むことを決意。
技術力と資本力を持つ海外の石油開発会社を探した壹岐たちが目を付けたのは、米の独立系石油会社・オリオン・オイル社だった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit
2010年02月12日

曲げられない女 第五話「殴り返す女! 夫と子供は大切に」

酔っ払ってきた光輝に突然告白される早紀。
しかし、早紀は、光輝をひっぱたいてしまう。
光輝は、そのまま帰っていく。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2010年(1月〜3月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。