2009年11月30日

サムライ・ハイスクール 第七話「悪代官と一騎討」

望月小太郎(三浦春馬)に "サムライ小太郎"が乗り移るようになって1ヶ月。
剛(城田優)やあい(杏)は小太郎に別の人格が乗り移っていることにうすうす気づき始めていた。
すべてを話してしまいたい衝動にかられる小太郎だが、ひみこ(ミムラ)に「しゃべったら、死ぬよ」と脅されてしまう。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit

アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜 第七話「真犯人は愛した男!! 秘密クラブ殺人接待」

衆議院議員補欠選挙に・与党・政民党から
元東京都知事の武士沢が、野党・希望党から
元金メダリストの瀬名が出馬。
一方、相次ぐスキャンダルに揺れる
与野党を尻目に、日本福祉募金振興会などが旗揚げした
新党・地球党から代表の永倉が立候補を表明する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年11月29日

おひとりさま 第七話「泣いて! 抱きしめて! そして突然の告白!」

同居生活を続ける里美(観月ありさ)と真一(小池徹平)。
全く正反対のタイプの二人だったが、一緒に暮らしているうちに不思議と居心地の良い感覚を覚え始め、いつしか里美は真一のことが好きになっていた。
学校が三者面談に入ったある日、里美の母・文代(高林由紀子)が上京してくるという一本の電話が…。
家を借りるお金が貯まるまでの居候とはいえ、真一も一人の男。
文代に同棲していると勘違いされてはいけないと慌てるものの、時は遅く、文代は何も言わずに上京してきてしまい、文代と真一はタイミング悪く鉢合わせてしまう。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年11月28日

マイガール 第八話「大嫌いな2人」

正宗(相葉雅紀)はコハル(石井萌々果)を引き取ったことに関して言い争って以来、母・光代(室井滋)との連絡を絶っていた。
どこかでずっと光代と向き合うことを避けていたのだ。
そんな折、陽子(優香)の母・志織(朝加真由美)から電話がかかってきた。
志織は正宗の両親に一度挨拶をしたいというが、正宗が頼んだところで光代が了解するとは思えない。
そこで、正宗は父・清助(山崎一)から光代に話してもらうことに。
しかし、光代は志織と顔を合わせはしたものの、正宗が置かれている現状に納得できず、「親が子の幸せを願うのは当然のことですよね?」と本音をぶつける。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit

不毛地帯 第七話「妻との誓い」

第三次中東戦争の勃発に端を発した商社間の争いは、壹岐正(唐沢寿明)率いる近畿商事業務本部の迅速な情報収集と的確な分析により、同社のひとり勝ちで終わった。
だがその結果、近畿商事内では、壹岐の活躍に危機感を募らせた副社長・里井達也(岸部一徳)の一派と業務本部との間の対立を生みだしてしまう。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 13:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年11月26日

ギネ 産婦人科の女たち 第七話「逆転の法廷」

美和子(西田尚美)の死をめぐって慎一(八嶋智人)が提起した医療訴訟の裁判がはじまり、多くの報道陣がつめかける。
証人席に立った君島(松下由樹)は、瀬川(内田有紀)の尋問に、美和子の手術は必要な判断だったと答える。
しかし、慎一の弁護士・岸本(半海一晃)は、奈智(藤原紀香)が手術の数時間前に立ちくらみで倒れたことを持ち出して、病院の体制不備を印象付ける作戦に出た。その事実を知らなかった君島は愕然とする。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年11月25日

LIAR GAME Season2 第三話「華麗なる逆転劇」

神崎直(戸田恵梨香)の提案により、先鋒戦の福永ユウジ(鈴木浩介)と西田勇一(荒川良々)が引き分けに終わり、中堅戦が始まった。
中堅戦は太陽ノ国チームからは秋山深一(松田翔太)、月ノ国チームから菊地翔(眞島秀和)が登場し、トランプの絵札とジョーカーのみを使う“17ポーカー”を行うことに。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2009年(10月〜12月) | Edit

リアル・クローズ 第七話「女のバトルと生きる道」

美姫(黒木瞳)がヤングカジュアル売り場にアンテナコーナー『シンデレラタウン』を新設するプロジェクトを始動。
そのチームマネージャーに任命された絹恵(香里奈)は、契約社員ながらチーフとして売り場をまとめる小西まみ(中別府葵)に出会う。
明るさとセンスのよさで客にもファンが多いまみはヤングカジュアルのカリスマ販売員だった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit

東京DOGS 第六話「潜入捜査で絶体絶命!?」

高倉奏(小栗旬)と工藤マルオ(水嶋ヒロ)は、松永由岐(吉高由里子)と西岡ゆり(ともさかりえ)の診察室へ。
由岐はかなり記憶を蘇らせていたのだが、神野との関係を尋ねる奏に答えることが出来ない。
焦る奏をマルオが引きとめ、後はゆりに任せようと部屋を出た。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年11月23日

JIN-仁- 第七話「生きる遺言…」

『平成22年ってことは・・』
JINは空を見上げる。
ぼーっと10円を見つめる仁に
「それは未来のものですか」と
咲が興味をもつ。
地面に落ちていたと答えると
「どなたがか、いらしたということですか?」
「どなたか来たか、これだけが落ちてきたか
わからない」という仁。
「戻れる道をお探しになってるんですか?」
「ここでずっと生きていく覚悟があるのかというと・・」と
仁は口ごもる。
「ご判断を急ぐ必要はないのではないですか
人には、天命を授かる時がくるのですから」と話す咲。
『それがもし、この時代で生きていくことだとしたら
俺は、あきらめきれるんだろうか・・・
この手の中の生を・・』

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年11月22日

サムライ・ハイスクール 第六話「父子対決かかってこいや」

望月小太郎(三浦春馬)に戦国時代の先祖"サムライ小太郎"が乗り移るようになって1ヶ月。
小太郎の家族に最大のピンチが訪れていた。
父・信二(岸谷五朗)が会社をリストラされてしまったのだ。
母・圭子(キムラ緑子)と、大学進学を目指して努力してきた妹の優奈(大後寿々花)は大きなショックを受ける。
翌日、小太郎は勉強のできる優奈を大学に行かせるべく、自分は大学進学をあきらめ就職することを決心する。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(10月〜12月) | Edit

アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜 第六話「真犯人ついに!!セレブ姉妹の殺人演奏会」

美貌のクラシック音楽ユニット「一条姉妹」が栄えある音楽賞を受賞。
しかし、その直後、名なしの権兵衛からマスコミに向け、「美人姉妹の受賞の裏にスキャンダルがある」とのFAXが流される。
真相を確かめるため、姉妹ノコンサートを訪れた遼子と鷹藤だったが、二人の演奏のどこがいいのかさっぱりわからなかった。
ところが、観客の多くは、演奏に陶酔している様子で、会場は宗教儀式のように異様な雰囲気に包まれていた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年11月21日

おひとりさま 第六話「わたし、好きな人ができたみたいなの!」

以前、お見合いをした後援会副会長の息子・二階堂(中村俊介)から、「迷っている理由は他にある。
新人教師の彼がほっとけないんじゃないか…」と言われたことをきっかけに、真一(小池徹平)のことが気になり出した里美(観月ありさ)。真一は、そんな里美の気持ちを知る由もない。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit

マイガール 第七話「またいつか恋をする…」

コハル(石井萌々果)と暮らすようになって、正宗(相葉雅紀)の世界は少しずつ広がり始めていた。
そんな折、正宗は陽子(優香)の母・志織(朝加真由美)から「いずれは自分の幸せも考えて下さい」と言われる。
しかし、陽子への想いが色あせることのない正宗には、陽子とコハル以外の人との幸せなど考えられない。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年11月20日

不毛地帯 第六話「決戦」

壹岐正(唐沢寿明)、兵頭信一良(竹野内豊)ら近畿商事業務本部の面々は、イスラエルとアラブ諸国の関係が緊迫しているとの情報をつかみ、第三次中東戦争の勃発を予測する。
もし中東戦争が起き、地中海と紅海を結ぶ重要な航路になっているスエズ運河が封鎖されれば、ヨーロッパ航路はケープタウン回りとなり、運賃の高騰や船の需要が高まることが予想された。
この戦争はイスラエルが1週間から10日以内に勝利し、スエズ運河が長期に渡って封鎖されると分析した業務本部は、船舶部にタンカーを確保するよう指示する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit

ギネ 産婦人科の女たち 第六話「奈智の転機」

榎原(中村橋之助)は、奈智(藤原紀香)の代わりに、末期の卵巣がんで入院中の三井さやか(永井杏)にがん告知を行う。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年11月18日

LIAR GAME Season2 第ニ話「ついに秋山登場」

先鋒戦“24連装ロシアンルーレット”を見ていた神崎直(戸田恵梨香)が、事務局がゲームに仕掛けた罠に気付いた。
3連続で弾が込められていることを知っている福永ユウジ(鈴木浩介)と西田勇一(荒川良々)がパスを連続することで大量のチップがディーラーに流れてしまい、結果、事務局の儲けになってしまうのだ。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(10月〜12月) | Edit

リアル・クローズ 第六話「恋の修羅場と新しい服」

達也(高岡蒼甫)と別れた絹恵(香里奈)は、そのショックを抱えたまま職場へ。
元気のない絹恵を心配する優作(西島秀俊)や凌(加藤夏希)らに結婚を取りやめたことを打ち明け、「これからは仕事に生きる」と強がってはみるが、ひとりになると頭に浮かぶのは達也のことばかりだ。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年11月17日

東京DOGS 第五話「家出少女の口説き方」

高倉奏(小栗旬)は、宮田淳二(高杉亘)の遺体から濡れた手帳を発見。
その時、奏の携帯に工藤マルオ(水嶋ヒロ)から、松永由岐(吉高由里子)がいなくなったと連絡が。アルバイトを終えた由岐は、吉村=甲斐崎ヒロト(水上剣星)と店を出た後、消息不明になってしまう。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年11月16日

JIN-仁- 第六話「生きてこそ…」

江戸時代にはなかった「ペニシリン」を作り上げ、梅毒治療に一石を投じた仁(大沢たかお)。
その神懸り的な医術は、江戸の町に次々と広まり、南方大名神という護符まで出回るほどの大評判となっていた。
そんな噂を聞き入れてか、仁は医学館の奥医師との対面を申し込まれる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。