2009年10月31日

おひとりさま 第三話「一人じゃないんだ! 私の部屋に男がいる」

お金もない、住む場所もない・・・そんな真一(小池徹平)と、仕方なく同居する羽目になった里美(観月ありさ)。悠々自適な"おひとりさま"生活とは違う、新たな一日が始まった。
同居早々「キッチンは使ってないんですか?」と指摘される里美。
それもそのはず、文房具と調味料の置く場所が一緒。
鍋つかみすらない始末。
「やろうと思えば出来るのよ。でも、時間がないからしないだけ」とは全くの言い訳。
何でも一人でこなしている里美にも苦手なものがある。それは料理だ。



 続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit

マイガール 第四話「親子…最後の一日」

正宗(相葉雅紀)とコハル(石井萌々果)が一緒に暮らし始めて1カ月が過ぎた。
しかし、いまだに正宗は子育てで試行錯誤。
相変わらず仕事の都合上、保育園にコハルを迎えに行く時間も遅くなることが多く、保育士・友哉(村上信五)から注意される日々だ。
僕はちゃんとした父親になれるのだろうか――正宗はそんな不安を抱えながらも、コハルのために一生懸命頑張ろうとする。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年10月30日

不毛地帯 第三話「妻と娘の涙」

防衛庁の第2次防FX(=次期主力戦闘機)受注をめぐり、激しい戦いを繰り広げていた壹岐正(唐沢寿明)は、東京商事航空機部の鮫島辰三(遠藤憲一)が総理に流していた賄賂『G資金』のルートを解明するとともに、防衛庁から極秘文書であるグラント社のスーパードラゴンF11の価格見積表を入手する。これによって、ラッキード社のラッキードF104を推す壹岐たち近畿商事が勝利するものと思われた。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年10月29日

ギネ 産婦人科の女たち 第三話「狂乱出産!」

産婦人科病棟で、須佐見教授(國村隼)の回診が行われ、君島(松下由樹)をはじめ、奈智(藤原紀香)ほか、医局員、学生たちが勢ぞろい。そんな中、君島と藤木(近藤芳正)は須佐見教授の誕生日が翌日だと気づき、大慌てになる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 14:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年10月28日

オトメン(乙男)〜秋〜 第十一話「贈るほどでもない言葉・前編」

剣道の全国大会が近づき二連覇を狙う正宗飛鳥(岡田将生)には、雑誌の取材がくるなど騒がしくなっていた。
橘充太(佐野和真)は進展をみせない飛鳥と都塚りょう(夏帆)がもどかしく、飛鳥に発破をかける。
そんな中、飛鳥がオトメンではないかと疑いを持つ正宗浄美(山本未來)は、お見合いの話を勝手に進めていた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit

リアル・クローズ 第三話「悪魔部長に弟子入志願」

『ペシェ・ミニョン』に配属され、美姫(黒木瞳)のアシスタントを務めることになった絹恵(香里奈)は、初めて美姫のそばで直々に指示を受けながら仕事をすることに。
美姫の右腕と呼ばれる木村瑞穂(能世あんな)、多村アヤ(えれな)以外のアシスタントが美姫の厳しさについていけず、次々とクビになったと聞いて戦々恐々となる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年10月27日

東京DOGS 第二話「親子を守る戦闘術」

高倉奏(小栗旬)と工藤マルオ(水嶋ヒロ)は、とあるデートクラブを摘発。奏が追う組織が関与するとの情報もあり、拳銃も押収される。
だが、組織の人間が使用する“蜂のバッジ”は見つからず、どうやら情報はガセだった。その夜、組織に追われる松永由岐(吉高由里子)を警護する奏たちは、彼女をかくまうマンションを移す。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年10月26日

JIN-仁- 第三話「未来との決別…」

ついに「コロリ」が江戸で猛威を振るい始めた。
目の前で感染し苦しむ喜市(伊澤柾樹)や、山田純庵(田口浩正)を見て、コロリと戦う決意をした仁は、緒方洪庵(武田鉄矢)や佐分利祐輔(桐谷健太)らにコロリの治療法を細かく説明する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年10月25日

サムイライ・ハイスクール 第二話「対決! 騎馬の乱」

平凡な"草食系男子"だった望月小太郎(三浦春馬)の体に、なぜか戦国時代の先祖"サムライ小太郎"が乗り移ってしまった。
強くワイルドなサムライ小太郎のおかげでピンチを切り抜けた小太郎だが、まったく自分の意志とは無関係に行動するサムライ小太郎に大弱り。
さらに翌日も元に戻らず、言葉遣いも行動も武士のままで、しまいには家族に「ふざけてる」と怒られてしまう。
しかし小太郎に助けられた剛(城田優)は、すっかり小太郎に心酔し家来になると宣言する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年(10月〜12月) | Edit

おひとりさま 第二話「私だって守られたい 不安な夜だってある」

仕事も完璧。女一人の外食もお手の物。
「男なんて頼りないわ」と、今日も"おひとりさま"を満喫する里美(観月ありさ)。
一方、臨時職員の真一(小池徹平)は生徒にも軽く見られ、慣れない教師の仕事に疲れ始めていた。
そんな中、二人の勤める聖華女子学院高等学校で事件が起きる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年10月24日

アンタッチャブル 第ニ話「W盗作!? 密室の女」

人気流行作家、芥川春彦(京本政樹)と夏目龍堂(相島一之)が、タイトルや内容までそっくりな小説を同日発売した。
マスコミは盗作問題として大きく報道するが、芥川のファンである遼子(仲間由紀恵)と夏目ファンの美鈴(芦名星)は、彼らの疑惑を晴らすため各々取材を開始する。
そんな中、編集部に盗作疑惑小説の手書きコピーが送られてきた。手紙には、女子大生・太宰瞳が書いたこの小説こそオリジナルだと書いてあって…!?

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit

マイガール第三話「許されない二人」

コハル(石井萌々果)の口から「オムライスを食べたい」と聞いた正宗(相葉雅紀)は、自分が母・光代(室井滋)の作ったオムライスが大好きだったことを思い出す。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit

不毛地帯 第二話「黒い頭脳戦」

防衛庁の第2次防FX(=次期主力戦闘機)の受注が、国のためではなく、政治家の利権のために利用されていることを知った壹岐正(唐沢寿明)は、軍人時代の人脈を利用しないという自らの申し出を撤回して、社長の大門一三(原田芳雄)に東京支社航空機部への異動を申し出る。
昭和34年7月のことだった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年10月23日

ギネ 産婦人科の女たち 第ニ話「緊急帝切」

双子の妊婦、長谷部美緒(三倉茉奈)、江川理緒(三倉佳奈)の陣痛が同じ時間に始まる中、外来に、前期破水の徳本美和子(西田尚美)がやってくる。
夫の慎一(八嶋智人)と、娘の優美(吉田里琴)に付き添われ、奈智(藤原紀香)の診察を受けた美和子は、そのまま入院することになった。
病室の521号室は、にぎやかな美和子が入ったことで、一気に明るくなった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年10月22日

オトメン(乙男)〜秋〜 第十話「花より乙男」

有名パティシエのケーキ屋へやって来た正宗飛鳥(岡田将生)、都塚りょう(夏帆)、橘充太(佐野和真)。美味しそうなケーキを前にはしゃぐ飛鳥だが、同じ頃、銀百合学園では正宗浄美(山本未來)がアメリカにある姉妹校の理事・スティーブと交換留学制度導入の契約を交わしていた。
スティーブからアメリカの雑誌で日本の“オトメン”が取り上げられていると聞いた浄美は、教師を集めてオトメンを厳しく取り締まるように指導する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年10月21日

リアル・クローズ 第二話「あなたダサいんです!」

婦人服売り場のリニューアルで1億円を超える売り上げ増を達成した美姫(黒木瞳)が、VIP専用のフィッテングルーム『ペシェ・ミニョン』を新設するという新たな戦略を打ち出した。
経営戦略部の尾崎(田中哲司)は売り上げアップは期待できないと反対するが、美姫は自らのプランを断行する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年10月20日

東京DOGS 第一話「最悪で最高のバディ誕生!!」最悪で最高のバディ誕生!!

ニューヨーク市警のエリート刑事、高倉奏(小栗旬)。
警視庁特殊捜査課刑事、工藤マルオ(水嶋ヒロ)。
この2人が、出会ったのは日本とアメリカにまたがる国際麻薬シンジケートのニューヨークでの摘発現場だった。
そして謎の女、松永由岐(吉高由里子)とも…。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年10月19日

JIN-仁- 第二話「命を救う事の悲劇」

仁(大沢たかお)が追っていた男(内野聖陽)の正体は、なんと坂本龍馬だった。
その頃、江戸では「コロリ」という死の伝染病が再び猛威を振るおうとしていた。
咲(綾瀬はるか)は、兄・恭太郎(小出恵介)を救い出した仁の医術に興味を持ち、何とかその医術を学ぼうと消毒についての知識など
仁から熱心に聞こうとしていた。


 続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit
2009年10月18日

サムライ・ハイスクール 第一話「学園秋の陣イジメ万引き不届き千万」

主人公・望月小太郎(三浦春馬)は、とりたてて取り柄のないどこにでもいる、いまどきの"草食系男子高校生"。
そんな小太郎の通う私立千国学院高校は伝統はないが成績優秀な生徒やスポーツ特待生を広告塔として入学させているため知名度は高い。
しかしそのために優遇される一部の生徒と一般の生徒の間の格差が露骨にある高校でもある。
勿論ごく普通の一般生徒である小太郎は高3の秋だというのに志望校すら決まっておらず、同級生で幼なじみのあい(杏)には半ばあきれられている。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit

アンタッチャブル 第一話「大惨事を予言する女 3つの謎」

ジャーナリスト・有栖川スミレ(浅野ゆう子)が糾弾していた建設会社が橋の欄干崩落事故を起こし、死者2名の大惨事となった。
三流週刊誌「アンタッチャブル」の記者・鳴海遼子(仲間)は、スミレの密会写真をもとに彼女の取材をする事に。
そんな中、スミレと密会していた男・西園寺が、欄干崩落事故の犯人として逮捕された。
改めてその事でスミレを追求した遼子は、その不自然な反応にスミレの指示で西園寺が事故を引き起こしていた可能性があるという記事を
「アンタッチャブル」誌上で発表する。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年(10月〜12月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。