2008年11月30日

流星の絆 第七話「妹は仇の息子に惚れてるよ」

功一 (二宮和也) は、両親を殺した犯人が 戸神政行 (柄本明) に違いないと確信するが、逮捕につながる決定的な証拠はない。
そこで、証拠を偽装することを計画する。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(10月〜12月) | Edit
2008年11月29日

風のガーデン 第八話「フロックス」

貞美(中井貴一)は、森でエゾエンゴサクの球根を掘っていた岳(神木隆之介)の前に姿を現す。
貞美を怒らせてしまったのではないかと心を痛めていた岳は再会を喜ぶ。
岳と並んで球根堀りの作業をする貞美は、エゾエンゴサクがルイ(黒木メイサ)の好きな花だと聞いて、育て方を教わる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(10月〜12月) | Edit

OLにっぽん 第八話「無駄な人間なんか、いない!」

仕事人間の弥生は、今日もハッパを掛けまくって、朝から全開モード。
その弥生が突然喀血し病院に担ぎ込まれる。
検査の結果、自分が単なる胃潰瘍だと知った弥生は、さっそく病室にパソコンを持って来るよう指示。
大阪にいる夫に連絡してはどうか、との島子の言葉にも耳を貸さない。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(10月〜12月) | Edit
2008年11月27日

チームバチスタの栄光 第七話「間違っていた推理...真犯人登場!」

ついに氷室(城田優)がバチスタ手術で患者を殺害したことを認めるが、東城医大から逃走してしまった。
白鳥(仲村トオル)は氷室が言い残した「犯人は他にもいる」という言葉に注目するが、他にも患者を殺すような医師がいると信じたくない田口(伊藤淳史)は氷室の携帯に必死で電話をかけ続ける。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(10月〜12月) | Edit

セレブと貧乏太郎 第七話「大ゲンカのふたり」

美田園アリス(上戸彩)の下に編集者(トータルテンボス)が訪ねて来た。
郡司康夫(風間杜夫)は、アリスが1年前に自伝の出版を契約したと説明。
面倒くさがるアリスだが、原稿はすでに用意してあると言う編集者に、サインだけならと承諾。だが、原稿を読んだアリスは、真紀子(若村麻由美)との関係が美化されていることに怒って、自分が書くと言い出すが筆は全く進まない。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(10月〜12月) | Edit
2008年11月25日

イノセント・ラヴ 第六話「深まる絆」

聖花(内田有紀)の心肺機能が著しく低下し、人工呼吸器からアラーム音がなり始める。
佳音たちは、救急車を呼んで聖花を病院へと運んだ。
医師から、聖花が生命の危険にさらされていることを告げられた殉也は酷く動揺する。




続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(10月〜12月) | Edit

SCANDAL 第六話「新展開!!女たちの逆襲」

ニューヨークから戻った久木田(加藤虎ノ介)と会った貴子(鈴木京香)は、結婚式の夜、理佐子(戸田菜穂)が別の男性といるところを見たと告白する。
理佐子を庇おうとする貴子に、久木田は一緒にいた男がどんな人だったか教える義務があると責め、出て行く。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 02:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(10月〜12月) | Edit

ブラッディ・マンデイ 第七話「テロ全貌が今夜明らかに!! 非情な計画が日本を襲う!!」

マヤ(吉瀬美智子)に殺された敷村教授(神保悟志)のパソコンには、抗ウイルス剤の在処を導くある手掛かりが残されていた。
藤丸(三浦春馬)はTHIRD-i(サードアイ)の加納(松重豊)、南海(芦名星)らとともにその手掛かりから山奥のコテージへとたどり着く。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2008年(10月〜12月) | Edit
2008年11月22日

流星の絆 第六話「本当の兄妹じゃない」

功一 (二宮和也) が働くカレー店 「ジョージクルーニー」 に、ひとりの女性がやって来た。
その女性は、静奈 (戸田恵梨香) の実の父親、矢崎信郎 (国広富之) の妻・秀子 (麻生祐未) で、14年前に功一たちの両親を殺したのは夫だと告げに来たのだ。
そして、静奈に会って夫の代わりに詫びたいと言うが、功一はそれを拒否する。功一と 泰輔 (錦戸亮) は、まだ静奈に本当の父親のことを話していなかった。




続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 07:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(10月〜12月) | Edit
2008年11月21日

風のガーデン 第七話「サポナリア」

貞美(中井貴一)を“大天使ガブリエル”だと思いこんでいる岳(神木隆之介)は、貞美の姿を見て逃げ出したルイ(黒木メイサ)を責める。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 02:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(10月〜12月) | Edit
2008年11月20日

OLにっぽん 第七話「人は宝だ! 私たちは決してお荷物なんかじゃない」

島子と朝比奈の婚約の解消がみんなに知れわたる中、弥生が総務課5人の異動の内示を伝える。

野呂は北京、都留は富山、紅葉は大分、桜は徳島、そして、朝比奈は稚内の各支店へと飛ばされることになったのだ。
抗議する朝比奈に対し、弥生は、支社で働くか、辞表を書くかの二つにひとつの道しかない、と冷たく突き放す。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(10月〜12月) | Edit

チームバチスタの栄光 第六話「オペ室の完全犯罪…犯人はお前だ」

田口(伊藤淳史)は必死に手術の中止を桐生(伊原剛志)に訴えるも、容体が急変した蔵田(田村元治)はオペ室へと運ばれてしまう。田口から電話を受けた白鳥(仲村トオル)も東城医大へとタクシーを飛ばすが、蔵田へのバチスタ手術は始まってしまった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(10月〜12月) | Edit
2008年11月19日

セレブと貧乏太郎 第六話「ニセアリス大爆発」

アリスの父は、バスルームで転んだだけで
すでにロシアに旅立っていた。
父は、引退したので委任状を真紀子が受け取っており
アリスの会社もあなたの好きにはならないという真紀子だった。
そんな時、『ラブ・アリス』のファッションリーダー、美田園アリス(上戸彩)の前に強力なライバル、ジェシカ(村川絵梨)が出現する。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2008年(10月〜12月) | Edit
2008年11月18日

イノセント・ラヴ 第五話「救いの手」

佳音(堀北真希)は、殉也(北川悠仁)の前から姿を消す。
佳音の過去を調べた美月(香椎由宇)から、黙って殉也の前から去るよう警告されたからだった。
殉也は、突然、佳音と連絡が取れなくなったことに困惑していた。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2008年(10月〜12月) | Edit
2008年11月17日

SCANDAL 第五話「真相!!全てがつながる」

貴子(鈴木京香)たちの目の前で、勝沼(小日向文世)から任意同行を求められた河合雄一(光石研)。
驚くひとみ(長谷川京子)は、弁護士の哲夫(石原良純)や秀典(沢村一樹)と共に警察に行ったが状況が分からず心配を募らせていた。
勝沼は、以前久木田(加藤虎ノ介)が起こした事件調書の中に雄一の名前が出てきたと言うのだ。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(10月〜12月) | Edit
2008年11月16日

ブラッディ・マンデイ 第六話「日本最後の日!? 破壊と滅亡、 そして父の真相が明らかに」

藤丸の置かれている状況を知り、力を貸すというクラスメートの音弥(佐藤健)、あおい(藤井美菜)と共にやってきた研究所には、既にテロリスト・出門(TET)が侵入していた。
追い込まれ逃げ惑う3人だったが、藤丸がハッキングに成功した建物内の監視カメラの映像に、抗ウイルス剤の研究者である敷村教授(神保悟志)の姿を見付ける。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:52 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2008年(10月〜12月) | Edit
2008年11月15日

流星の絆 第五話「仇の息子と盗まれた味」

「とがみ亭」 の前で 静奈 (戸田恵梨香) を待っていた 泰輔 (錦戸亮) は、タクシーから降りてきた男の顔に釘付けになる。
その人物こそ14年前、「アリアケ」の裏口から出て来た不審な男だったのだ。一緒にいた 功一 (二宮和也) も、泰輔の言葉に衝撃を受ける。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(10月〜12月) | Edit
2008年11月14日

風のガーデン 第六話「デルフィニウム」

富良野に来ていた貞美(中井貴一)が早朝のガーデンを歩いていると、蜂場で手伝いを終えて戻ってきた岳(神木隆之介)と遭遇。
父親は死んだと聞かされている岳は貞美を“大天使ガブリエル”と勘違いし、貞美もとっさにそれを肯定する。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(10月〜12月) | Edit

OLにっぽん 第六話「NOと言えない恋の終わり」

マリッジブルーの朝比奈が、社内で行われた防犯訓練で大ミスし、弥生に大目玉を食らってしまう。
結婚を考え直すよう勧める洋(ローラ・チャン)に対し、島子はしょんぼりしている朝比奈を見ながら、破談は絶対にないと言い切る。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(10月〜12月) | Edit

チームバチスタの栄光 第五話「恋」

次のバチスタ手術の患者は蔵田(田村元治)という76歳の男性。
白鳥(仲村トオル)はそのオペまでに、あと4日で必ず犯人を見つけると公言。
これまでに術死した患者の血液を科学警察研究所に調べてもらうことにする。
そしてチームの誰しも犯行の可能性があり、犯人はだいぶ絞り込めてきている、次のオペでまた殺人をするとしたらよほどの自信家か単なる愚か者だと挑発する。


 続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:18 | Comment(2) | TrackBack(1) | 2008年(10月〜12月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。