2008年07月31日

シバトラ 第四話「完結編 君が鬼神なんだね」

柴田竹虎(小池徹平)は、宝生美月(大後寿々花)と鬼神からのメールを読み返していた。
鬼神は、2年B組全員に千手峠まで来るよう指示、そこで自分の正体を明かすという。それを見た藤木小次郎(藤木直人)と白豚(塚地武雅)は、鬼神の正体について推測するが、竹虎は千手峠に来ないようにと念を押すと白豚が作ったケーキを何気なく口に入れる。




続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 05:08 | Comment(0) | TrackBack(3) | 2008年(7月〜9月) | Edit
2008年07月30日

太陽と海の教室 第二話「地球一熱い教師VS恋を金で売る女生徒! 本気で好きなら胸を張って馬鹿になれ!!」

櫻井朔太郎(織田裕二)が担任する生徒、屋嶋灯里(吉高由里子)に淫行疑惑が持ち上がる。
淫行を糾弾する怪文書が見つかったのだ。
その事実はないものの、灯里は高額のプレゼントをもらって7人の男と交際していた。
灯里に想いを寄せる田幡八朗(濱田岳)や、根岸洋貴(岡田将生)、白崎凛久(北乃きい)、楠木大和(冨浦智嗣)、日垣茂市(鍵本輝)らは、怪文書を教師の目から伏せ、かばおうとする。だが、そんなことはものともせず、櫻井が首を突っ込んでいく。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(3) | 2008年(7月〜9月) | Edit

Tomorrow 第四話「加害者と被害者」

病院では新たな問題が起こる。
紗綾が金にならない長期入院患者を全員退院させると言い出したのだ。
病院内は、騒然とし、長期入院患者の一人に、夫を亡くし他に介護してくれる家族のいない 河原のぶ子 (佐々木すみ江) は絶対に退院しないと言ってきかない。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(7月〜9月) | Edit

魔王 第四話「狙われた魔王 地獄の門は開かれた」

ある日、領(大野智)の前に雑誌記者の池畑(六平直政)が現れる。
領の素性を知っているかのような口ぶりの池畑は、芹沢栄作(石坂浩二)から依頼された顧問弁護士の話を断ってくれと言う。
彼が栄作に恨みを持っていることを察した領は「決断は自分で下す」と言い切りながらも、栄作の息子の直人が刑事だと伝える。
池畑は驚き・・。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(7月〜9月) | Edit
2008年07月25日

コード・ブルー 第四話「母の愛」

藍沢(山下智久)は、黒田(柳葉敏郎)から退院係を命じられる。
退院係は、快方に向っている患者から順に退院や転院をさせていく仕事だった。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 05:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(7月〜9月) | Edit

シバトラ 第三話「裏切り僕は貴方を許さない」

柴田竹虎(小池徹平)は、停学から復帰したばかりで孤立する武良広海(鈴木亮平)を見る。
そんなとき、パソコンで「鬼神」の掲示板を見ていた生徒たちが、元担任で武良と懇意だった溝口の話題を口にする。
すると突然、武良が生徒たちに殴りかかる。竹虎は、生徒から武良の停学の理由が、学年主任と体育教師を殴ったからだと聞き……。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:48 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2008年(7月〜9月) | Edit
2008年07月24日

太陽と海の教室 第一話「初回90分拡大スペシャル 地球一熱い教師が海からやってキターッ!!」

夏を目の前にした3年1組の仲間、根岸洋貴(岡田将生)、白崎凛久(北乃きい)、田幡八朗(濱田岳)、屋嶋灯里(吉高由里子)、楠木大和(冨浦智嗣)、日垣茂市(鍵本輝)、澤水羽菜(谷村美月)たちは、夜の浜辺に集い、自分たちだけの卒業式をしようと花火を楽しんでいた。

帰り道、凛久と洋貴は他校の生徒に呼び止められた。
中心人物の末吉春臣(中村倫也)は、次々と洋貴に用事を命令。さらには、翌日の水泳部対抗戦でわざと負けろと言う。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2008年(7月〜9月) | Edit

Tomorrow 第三話「暴かれる医療ミス」

医師として市民病院の再建を手伝う決意をした 航平 (竹野内 豊)。しかし、蓮見 (陣内孝則))は森山の過去を調べるうちに、航平には医療ミスを犯した過去があることがわかる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(7月〜9月) | Edit
2008年07月23日

魔王 第三話「暴かれる素顔 愛とひきかえの復讐」

医師による必死の処置も虚しく、石本は息を引き取る。
「雨野真実」の仕業に違いないと思う直人は、持病の発作による病死という病院の診断に納得いかない。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(7月〜9月) | Edit

コード・ブルー 第三話「急変」

藍沢(山下智久)は、黒田(柳葉敏郎)、冴島(比嘉愛未)とともにドクターヘリで出動し、男性患者を搬送する。
薬物を使用して前後不覚になり、マンションのベランダから飛び降りたというその患者・小倉友基(三浦アキフミ)は、奇跡的に命を取りとめ、意識もしっかりしていた。
その日、救命救急センターは患者でごった返していた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(7月〜9月) | Edit
2008年07月22日

シバトラ 第二話「約束・・・君のために僕は飛ぶ」

最近このあたりでおきているのは、
『鬼神』という名からメールがきて
自分の隠したいことを脅され
見知らぬ仲間たちと犯罪を起こすという
事件だった。
その『鬼神メール』のサーバーが
ある学校を経由していたことから
竹虎は、高校に潜入する。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(7月〜9月) | Edit
2008年07月21日

CHANGE 最終話「最終回拡大90分SP さようなら、朝倉総理涙のラストメッセージ 22分間の全国生中継」

総理が倒れ、官邸常駐医師の月岡が
記者会見に応じる。
啓太は、極度の過労だった。

理香も啓太の病室に付き添っていたが
ようやく目を覚まし、お腹が減ったと
たらふくの病院食を食べ、みんなはほっと安堵する。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(4月〜6月) | Edit
2008年07月20日

Tomorrow 第二話「命を金で買うとき」

帰省で戻っていた愛子の妹・七海 (黒川智花) の脳に破裂する危険性のある動静脈奇形があることがわかる。
「死にたくない」と不安になる七海を絶対に助けようと決意する愛子は、脳外科医のエキスパートである紗綾に専門病院を紹介して欲しいと願う。しかし、紹介された病院は愛子が嫌うセレブ病院であった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(7月〜9月) | Edit
2008年07月19日

ヤスコとケンジ 第一話「アニキは元暴走族! 妹を守る…これが俺の正義だ!!」

高校に通う沖ヤスコ(多部未華子)の最大の悩みは、12歳年上の兄・ケンジ(松岡昌宏)のこと。
小遣いの額から生活のタイムテーブルまで、ヤスコに関することすべてに口やかましく干渉するが、17歳になったヤスコは、ケンジの過干渉が煩わしくて仕方なかった。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(7月〜9月) | Edit
2008年07月17日

魔王 第二話「裏切りの罠…引き裂かれた親子!」

11年前の、直人が起こした事件の担当弁護士であり、直人の父・栄作(石坂浩二)が経営する会社の顧問でもあった熊田(森下哲夫)が殺された翌日。
熊田の通夜に、芹沢家の面々が出席する中、加害者・林(きたろう)の弁護人である領も出席していた。
領と初めて顔を合わせた栄作は強い関心を示し、なんと領を顧問弁護士として迎えたいと言い出す。直人の兄・典良(劇団ひとり)や直人が困惑する中、領の顔には、意味深な冷たい笑みが浮かんでいた。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(7月〜9月) | Edit
2008年07月13日

コード・ブルー 第二話「責務」

藍沢(山下智久)は、森本(勝村政信)とともにドクターヘリに乗り、落下物で外傷を負った中年男性を搬送する。
翔陽大学付属北部病院の初療室では、緋山(戸田恵梨香)や冴島(比嘉愛未)が受け入れ準備を進めていた。
一方、黒田(柳葉敏郎)は、白石(新垣結衣)と藤川(浅利陽介)に業務の指示をしていた。
すると、館内スピーカーから、救命の非常コードである「コード翔北」が流される。歯科の女子トイレで、西口八重(二宮弘子)という老婆が心停止状態で倒れていたのだ。

ほどなく、ヘリが搬送してきた患者も初療室に運ばれてくる。
だが、その小村(國本鍾建)という男は、突然激しく暴れ、診察を拒否した。

そのころ白石は、階段から転落したという横田英子(黒瀬友美)を診察していた。
英子が、鼻骨骨折以外ケガしていないことを知った白石は、付き添ってきた恋人・大野正(福井博章)によるDVではないかと疑う。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 04:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(7月〜9月) | Edit
2008年07月12日

シバトラ 第一話「童顔刑事(秘)潜入捜査せよ」

ある雨の日の横浜・繁華街。
その路地裏で、柴田竹虎(小池徹平)は、ヤンキーに金をせびられていた。
「お金を返してもらえれば・・」と
竹虎が答えていると
頭上からスクーターが投げ込まれる。
驚いたヤンキーが見ると、金髪の男・藤木小次郎(藤木直人)が立っていた。
小次郎はヤンキーにお前らを救ってやったんだと、竹虎のレインコートを脱がす。
あらわになったのは、童顔の警察官の竹虎だった。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(7月〜9月) | Edit
2008年07月10日

CHANGE 第九話「衝撃!! 総理倒れる」

神林は記者を集め「朝倉総理より罷免された」と発表したことから
啓太の人気は急降下、内閣支持率は12%も下がってしまう。
ともかく啓太は、不在の官房長官として韮沢勝利(阿部寛)を任命した。
啓太を中心に対策を練る中、美山理香(深津絵里)は神林が“大堂商事疑惑”とラベルがはられたCD-ROMを手にしていたことを思い出し、気が気ではない。
反対に啓太は「その時はその時」と落ち着いていた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(4月〜6月) | Edit
2008年07月08日

Tomorrow 第一話「医療は人か金か!?」

森山航平 (竹野内 豊) は、8年前に医師を辞め、今は、かつて栄えていた海沿いの地方都市にある市役所の職員。
気さくで親切で、面倒な仕事でも嫌がらずに対処してくれる、今どき珍しいと評判だ。
しかし、彼は心に傷を抱えていた。過去を封印したいあまりに、肝心なところで誰にも心を許せない、心を閉ざしてしまう人間になっていた。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(7月〜9月) | Edit
2008年07月07日

魔王 第一話「愛を捨てた復讐鬼 - 哀しき魔王」

どんな裁判でも依頼者を有利に持ち込む有能な弁護士・成瀬領(大野智)は、弱者には無償で弁護を引き受け、"天使の弁護士"と呼ばれている。
しかしこれは表の顔。彼の真の姿は、11年前、かけがえのない弟を殺した犯人を追い詰めることに人生のすべてをかけた"冷徹な復讐鬼=魔王"だった・・・。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(7月〜9月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。