2008年05月31日

ラスト・フレンズ 第八話「最後の手紙」

瑠可は、美知留たちに内緒で不動産会社を訪れており
ある物件の前に来ていた。
不動産会社の担当者に、半年くらいしかいられない。
半年経ったら海外に行くからと話す瑠可だった。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 02:30 | Comment(4) | TrackBack(2) | 2008年(4月〜6月) | Edit
2008年05月30日

ホカベン 第七話「決意の凶悪犯弁護…大きな試練」

杉崎(北村一輝)に所長の森岡(大杉漣)から、強姦致傷事件の被告の弁護を受けるようにとの指示が出た。
この案件は、戸塚源一(遠藤雄弥)という19歳の浪人生が女性銀行員・松沢明美(片瀬那奈)を暴行して負傷させたというもの。
区議会議員をやっている源一の父親・戸塚健一の協力が、エムザの関わっている公害訴訟に必要だったことから、エムザとしては、源一の弁護をし、最悪でも執行猶予を勝ち取らなくてはならなかった。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(4月〜6月) | Edit

絶対彼氏 第七話「届いた愛」

創志にいきなり抱きしめられた梨衣子。
しかし、梨衣子は、わけがわからず突き放す。
「鉄分少なすぎんじゃねーの」と創志。
「食事にお金かけてなかったので
大切ですよね鉄分・・・」と梨衣子。
じゃ明日と創志は、帰っていく。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(4月〜6月) | Edit

CHANGE 第三話「今夜、総理誕生!!」

政友党の神林正一総務会長(寺尾聰)から総裁選に立候補してほしいという依頼を受ける啓太。
きっと酔ってたんだと理香と話す啓太だが
テレビに映された神林の
「若手を押すつもりです。
さきほど打診しました。
みなさんが驚く方ですよ」との発言から
信憑性がでてくる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(4月〜6月) | Edit

猟奇的な彼女 第六話「未来への贈り物」

野々村(市川染五郎)に再会することが出来なかった凛子(田中麗奈)は部屋に閉じこもってしまう。
すべてを凛子に話したことを後悔する三朗(草g剛)は、凛子にどう声を掛けていいのかわからないでいた。
すると、そんな三朗に気付いた凛子が三朗をデートに誘う。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(4月〜6月) | Edit

ごくせん3 第六話「初恋…大切な人を守りぬけ」

久美子の校医・夏目への想いはつのるばかり。
そんな中、3年D組は神谷(三浦翔平)がセッティングした合コン話で大盛り上がり。
しかし、倉木はうわの空でまったくのってこない。
放課後、気になって尾行した大和( 木雄也)や廉(三浦春馬)らは、夏目総合病院に入る倉木を目撃。
倉木が患者らしき可愛い女のコと笑顔で話しているのを見つける。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(4月〜6月) | Edit
2008年05月29日

Around40 第七話「4人目のアラフォー」

晴れて気持ちを確かめ合う聡子(天海祐希)と恵太朗(藤木直人)だったが、恵太朗の部屋には怪しい女の気配が……。
帰ってきた恵太朗に女が「結婚して」と迫る。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(4月〜6月) | Edit
2008年05月25日

ラスト・フレンズ 第七話「残酷な現実」

「瑠可、俺、君が好きだ
君のことが好きだ」と告白するタケル。
「俺、めったに人を好きにならないし
この気持ちはゆるがない自信がある。
なんでも安心して打ち明けてほしいんだ。
俺は、君の味方だから」

瑠可は、うつむきき
「ごめん。タケルの気持ちにはこたえられない。
あたし、・・」
「他に好きな人がいるから?」
うなづく瑠可。

「そうか。ごめん・・
いいよ。いいんだ。わかってた。」とタケル。
瑠可は、立ち上がりシェアハウスに戻ろうとする。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 11:55 | Comment(1) | TrackBack(2) | 2008年(4月〜6月) | Edit

ホカベン 第六話「いじめ殺人!? 少年の未来を救え」

刃物で切り付けられ糊付けされた辞書を布田武史(桜田通)の机の中で見つけて、愕然となる灯(上戸彩)。だが、その辞書の持ち主が同級生の折本幸広(染谷将太)だと知った灯は、武史がイジメにあっていたのではないと推理。
折本に直接話を聞いた灯は、武史が優等生で真面目という仮面をかぶりながら、裏では同級生たちに執拗で陰湿なイジメを繰り返していた事実をつかむ。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(4月〜6月) | Edit
2008年05月23日

絶対彼氏 第六話「廃棄処分」

ナイト(速水もこみち)が自分の意思を持ち始めたことを察した岳(佐々木蔵之介)は、ナイトに記録装置を取り付け24時間の監視体制をとる。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(4月〜6月) | Edit
2008年05月22日

CHANGE 第二話「国会王子の初体験」

当選した啓太は、早速上京し、東京にある朝倉の家から
国会議事堂に向かった。
啓太を迎えたのは理香と数人の職員のみ。
総選挙ではなく補欠選挙で当選した議員を追いかけるようなマスコミはいないハズだったが、偶然、廊下で記者に追いかけられていた現内閣総理大臣の鵜飼武彦(伊東四朗)が、啓太を巻き込み
「これからは若い人の時代です」などと声をかけ、はからずもニュース番組でとりあげられることになる。
顔もよく、一躍時の人となった啓太は“国会王子”という愛称までつけられ週刊誌などで取り上げられるようになり、啓太は、複雑さを
隠せない。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 23:58 | Comment(1) | TrackBack(1) | 2008年(4月〜6月) | Edit
2008年05月20日

猟奇的な彼女 第五話「命をかけた恋」

凛子(田中麗奈)の元彼・野々村俊介(市川染五郎)が入院している病院を訪れた三朗(草g剛)。
野々村の妹・雪乃(貫地谷しほり)に案内され病室に入るとそこにはベッドに横たわる野々村の姿があった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(4月〜6月) | Edit

ごくせん3 第五話「一人で生きてきたと思うな」

3年生を対象にした、卒業後の進路を決めるための3者面談がスタート。
3Dでも面談が始まるが、久美子は、生徒たちの希望があいまいで、しかも仕事のことをナメていると知り、気が重い。
父親・保が豆腐屋を営んでいる本城もその一人で、「100円や200円で頭を下げる商売などやりたくない」と店を継ぐことを拒んでいた。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 15:48 | Comment(2) | TrackBack(1) | 2008年(4月〜6月) | Edit

Around40 第六話「格差恋愛の建前と本音」

少しずつ距離が近付く聡子(天海祐希)と恵太朗(藤木直人)は、お笑いライブを一緒に見に行ったり、食事をしたり互いの家を行き来するようになる。
しかし聡子は医者と心理士という社会的立場や経済力の違いが気になって気疲れしてしまい、恵太朗とギクシャクし始めてしまう。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 14:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2008年(4月〜6月) | Edit
2008年05月17日

ラスト・フレンズ 第六話「命がけの逃避行」

電話で宗佑から、死ぬことにした、と告げられた美知留は、震える手を押さえながらマンションの鍵を開けた。
宗佑は、いつもと変わりないようすでソファに座っており、部屋の奥から姿を現すと、微笑みを浮かべながら美知留を出迎える。
キッチンには、ナイフの突き刺さったりんごが置かれてた・・・。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 10:36 | Comment(2) | TrackBack(2) | 2008年(4月〜6月) | Edit
2008年05月16日

ホカベン 第五話「私が真相を暴く!! 少年死亡事故」

臨海学校に参加していた私立中学の生徒が海で水死する事故が発生する。
その学校の卒業生だった灯(上戸彩)は、学園の顧問弁護士を担当することになった怜子(りょう)の要請で、工藤率いる訴訟部門チームに加わることになった。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(4月〜6月) | Edit

絶対彼氏 第五話「超嫉妬愛」

再起動したナイト(速水もこみち)は梨衣子(相武紗季)の元に戻ってきたが、ローンの支払いで極貧生活を送ることになる。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年(4月〜6月) | Edit

CHANGE 第一話「小学校教師が日本を変える!? 政治の素人が最年少総理大臣に!!」

内閣支持率はここ10年で最低の数字をたたき出していた。
そんな中、鵜飼総理が、テニスをするというので
他の閣僚も集まっていた。
神林も、誘われたが手に包帯を巻き怪我をしているふりをし
秘書の理香を出させる。
しかし、理香の打った球で総理は、足を怪我してしまい
救急車が来る大騒ぎになってしまう。
総理は、入院するものの、ぴんぴんしていた。
理香は、バーで総理の公務復帰のインタビューを聞きながら
小型機が墜落したニュースを聞く。
その小型機には、朝倉誠、その息子の名前が・・。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2008年(4月〜6月) | Edit
2008年05月13日

猟奇的な彼女 第四話「運命は残酷」

行方がわからなくなってしまった凛子(田中麗奈)の元彼・野々村俊介を凛子と一緒に探すことになった三朗(草なぎ剛)。
全く手掛かりのない二人は、元彼の友達だというバスの運転手を探すが、名前もわからずなかなか探し出せずにいた。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(4月〜6月) | Edit

ごくせん3 第四話「姉と弟涙の絆!!」

赤銅学院高校は、春の非行撲滅週間として生徒たちを厳しく見張る。
そんな中、廉の姉・風間薫子が久美子に挨拶にやって来る。
両親がいないため廉と二人暮らしの薫子は、昼は歯科助手、夜はクラブのホステスをして働いているらしい。
偶然にもそのクラブは、猿渡の行き着けの店でもあった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年(4月〜6月) | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。