2006年10月30日

鉄板少女アカネ!! 第三話 「北海道美味No.1決戦カニvs.イモ」

父・鉄馬から北海道のジャガイモとカニが届いたアカネ(堀北真希)は
心太(塚本高史)と共に送り先の住所を訪ねて北海道にやって来る。



続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(3) | 鉄板少女アカネ!! | Edit
2006年10月29日

たったひとつの恋 第三話 「もう会わない」

菜緒は、弘人から連絡がこないと
裕子に不安をもらしていた。
「連絡してみれば?」という裕子に
「自信がない。女いるかも」という菜緒
菜緒は、あれからも9時になると光るヨーヨーで
信号を送っていたが、連絡はこなかった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 23:50 | Comment(8) | TrackBack(5) | たったひとつの恋 | Edit

セーラー服と機関銃 第三話 「さらば愛しい人よ」

どうしても父(橋爪淳)の死の真相を知りたい泉(長澤まさみ)は、
父の恋人と名乗るホステス・真由美(小泉今日子)を訪ね、
「父のことなら何でも知りたい!」と詰め寄る。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:51 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(2) | セーラー服と機関銃 | Edit
2006年10月27日

Dr.コトー診療所2006 第三話 「秘密の贈り物」

コトー(吉岡秀隆)は、鳴海(堺雅人)に彩佳を頼む。
鳴海は、「彼女に特別な感情があるのか?」と聞くが
「診療所の大切のスタッフです。家族のような人ですから」と答える。
鳴海は、全責任を持って治療に当たらせてもらうと答え、
「家族か・・・」とつぶやいていた。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 16:47 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(3) | Dr.コトー診療所 | Edit
2006年10月26日

14才の母 第三話 「さよなら…私の赤ちゃん」

未希(志田未来)は、智志(三浦春馬)に勇気を出して妊娠したことを打ち明ける。
思いもよらない未希の告白に動揺を隠せない智志。
しかも「産みたい、どうしたらいいと思う?」と聞く未希に
智志は「必ず答えを出すから1日だけ
待って欲しい」と言う。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 23:35 | Comment(4) | TrackBack(6) | 14才の母 | Edit

僕の歩く道 第三話 「約束と裏切り」

輝明(草なぎ剛)は、飼育係として正式採用になった。
その頃、輝明の甥の幸太郎(須賀健太)は、96点という
クラスでもトップの成績を取って来たのにもかかわらず
母・真樹(森口瑤子)に落ち着いてやれば100点取れるはずよといわれ、
約束のゲームを買ってくれる話もおざなりになってしまう。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 02:53 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 僕の歩く道 | Edit
2006年10月25日

のだめカンタービレ 第二話 「落ちこぼれ変態オケ!波乱のスタート!?」

桃ヶ丘音大ピアノ科の“のだめ”こと野田恵(上野樹里)は、特別講師として同大に招かれた世界的な指揮者・シュトレーゼマン(竹中直人)が自ら選出した学生たちで編成される特別オーケストラのマスコットガールに選ばれる。
Sオケと呼ばれるそのオーケストラには、ヴァイオリン科の峰龍太郎(瑛太)や管弦学科でティンパニを担当する真澄(小出恵介)、コントラバス担当の桜(サエコ)も選ばれていた。
しかし、ウィーン留学から帰ってきた清良(きよら=水川あさみ)を始めとする成績優秀な学生たちで編成されたAオケのメンバーでもある真澄以外は、いわゆる落ちこぼればかりだった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:43 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(2) | のだめカンタービレ | Edit
2006年10月24日

天使の梯子

輸入食器ブランドに勤める斉藤夏姫(=なつき ミムラ)は10年前、最愛の姉・春妃(はるひ)を失い、初恋の相手・歩太の人生をも変えてしまった、つらい過去を持っている。
このときから夏姫は、重い十字架を背負って生きるようになった。
自分のせいで姉は死んだのではないか、歩太を壊してしまったのではないかという罪悪感に常にさいなまれていた。




続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 04:10 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スペシャルドラマ・映画 | Edit
2006年10月23日

鉄板少女アカネ!! 第二話 「勝負!!絶品焼きそば」

父・鉄馬から明石の鯛を受け取ったアカネ(堀北真希)は、
早速、父を捜して明石にやって来る。
ところが、一緒にやって来た心太(塚本高史)が町で評判の
大衆割烹「浜田屋」で店の手伝いをしているやよい(柳沢な
な)に一目ぼれしてしまう。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 14:42 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(3) | 鉄板少女アカネ!! | Edit
2006年10月22日

たったひとつの恋 第二話 「手をつないだ」

弘人(亀梨和也)のついた「大学生」というウソが菜緒(綾瀬はるか)にバレてしまった。
ウソをつかれたことを残念に思う菜緒に、謝りもせず悪ぶってしまう弘人。
だが、菜緒の「ウソツキ」の一言が気になり、クリーニング代は返そうと亜裕太(平岡祐太)に聞いた菜緒のマンションへ行く。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 15:12 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(3) | たったひとつの恋 | Edit
2006年10月21日

セーラー服と機関銃 第二話 「女子高生組長の初仕事は涙の大乱闘!!」

泉(長澤まさみ)は、父・貴志(橋爪淳)死の真相を知るため、
目高組八代目組長を襲名した。
しかしその直後、対立する浜口組の組員が目高組の事務
所を襲撃される。
「戦争だ!」と、いきり立つ組員に、
「どうして浜口組さんと仲良くしないのか」と泉は訊ねる。
「浜口組は外道の集まりだから無駄だ」と佐久間(堤真一)は説
明するが、泉は理解できないでいた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:26 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | セーラー服と機関銃 | Edit

Dr.コトー診療所2006 第二話 「最後の言葉」

コトーこと五島健助(吉岡秀隆)は、東京の病院から星野彩
佳(柴咲コウ)の病気に関する資料を取り寄せた。
病気の治療に関しては、彩佳自身にも迷いがあった。
そんな中、診療所で彩佳は仲依ミナ(蒼井優)の指導を続ける。
だが、ミナはあいかわらずそそっかしく、彩佳はつい小言を
言ってしまう。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:51 | Comment(0) | TrackBack(2) | Dr.コトー診療所 | Edit
2006年10月19日

14才の母 第二話 「お前なんかもう娘じゃない」

エレベーターが上がる。
未希は6階にきていた
場所は、川村産婦人科
診療科目、産科、婦人科と書かれている
未希は勇気を出して一人産婦人科を訪れようとしていた。
しかし、受付で保険証が必要だといわれ
戸惑いのあまり「また来ます」と逃げ出してしまう。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 18:18 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(1) | 14才の母 | Edit
2006年10月18日

僕の歩く道 第二話 「教えて本当の気持」 ち」

都古は、輝明にきつく言ってしまったことで輝明に謝る。
「昨日はごめん。ほんとにごめん。
すごく嫌な思いしたでしょ?」
しかし輝明は
いつもどおり「おはよう」という。
「都古ちゃんに手紙だしたから」
「うん。まってる」
「昨日私が怒ったり泣いたりしたのはテルのせいじゃないから
テルは全然悪くないからね」
「はい。」
「悪いのは私。ほんとにごめんなさい」と謝る都古
テルは返事のかわりにベルをならし
「行こう都古ちゃん」という。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 20:40 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(3) | 僕の歩く道 | Edit

のだめカンタービレ 第一話「変態ピアニストVS俺様指揮者のラプソディ」

“のだめ”こと野田恵(上野樹里)は、桃ヶ丘音楽大学ピ
アノ科の3年生。
音楽を一度聴けば弾けてしまうという天才的な一面を持ちながら、楽譜を読むことが大の苦手でもある彼女は、本能の赴くまま、作曲者の意図を無視して暴走する演奏をしてしまうこともしばしば、という一風変わった生徒
だった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:40 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(3) | のだめカンタービレ | Edit
2006年10月17日

鉄板少女アカネ!! 第一話 「料理は焼きが命だ!!父の味を取り戻せ!!」

神楽アカネ(堀北真希)は、東京の下町で鉄板焼き屋「ちゆ
き」を営む父・鉄馬と暮らしていた。
「日本一の鉄板料理人」と名高い父を自慢に、店を手伝いな
がら育ったアカネは天才的な“鉄板焼きの才能”を持っていた。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 鉄板少女アカネ!! | Edit
2006年10月16日

たったひとつの恋 第一話 「上流と下流の恋」

父の遺した船の修理工場を継いだ弘人(亀梨和也)は、病弱
な弟・廉(齋藤隆成)と母・亜紀子(余貴美子)の3人暮ら
し。
生きるのに精一杯で、笑うことも忘れて日々を送っていた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 19:58 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(4) | たったひとつの恋 | Edit
2006年10月15日

セーラー服と機関銃 第一話「女子高生組長誕生!!」

普通の女子高生・星泉(長澤まさみ)は、父・貴志(橋爪淳)と幸せに暮らしていた。
寝坊をしてしまい遅刻すれすれで家を出る泉
貴志は、出張が終わったら浅草に行かないかと
誘っていた。
3歳のときに泉も行ったことがあるという。
泉は、受験があるからと断りつつ家を出る。
そして、そのとき見た父の姿が最後の別れとなった。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 03:34 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(2) | セーラー服と機関銃 | Edit
2006年10月14日

Dr.コトー診療所2006 第一話「二人の約束」

2006年2月。
南海の孤島、志木那島…。
コトーこと五島健助(吉岡秀隆)が、いつものように往診
のため自転車を走らせていると、原剛洋(富岡涼)が、東京
の私立中学に合格したとの報せ。
安藤重雄(泉谷しげる)たちは、西山茉莉子(大塚寧々)の店に集まって、我が事のように喜び合っていた。

続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 01:49 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(2) | Dr.コトー診療所 | Edit
2006年10月12日

14才の母 第一話「中学生の妊娠…ごめんね、お母さん 」

名門といわれる私立の女子中高一貫校に通う中学2年生の
一ノ瀬未希は、
住宅販売会社に勤務する父・忠彦(生瀬勝久)、ファミレス
でパートをしている母・加奈子(田中美佐子)と小学生の弟・健太
(小清水一揮)の4人家族。
建売住宅ながら一国一城の主となった忠彦は、自分たちの
暮らしに満足し、加奈子は未希が名門私立校に入ってくれて
いることを喜ぶ、極々普通な夫婦であり、家族だった。


続きを読む

posted by まりこ(^▽^) at 17:05 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(5) | 14才の母 | Edit

『どらまにあ』トップへ▲

トラックバックありがとうございます。
トラックバック大歓迎です。
重複したものは、こちらで削除しますので、お気になさらないでくださいね。
スパムや宣伝目的のもの、記事に関係ないものは、削除させていただきます。
同様にコメントも削除することがあります。ご了承ください。

『どらまにあ』トップへ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。